2011/10/12

鰹節ができるまで(編集後)  枕崎

      鰹節ができるまで・・・

   枕崎の鰹節工場(いでごや)さんで
   働く方は、いったいどのくらい
   いらっしゃるのでしょうね?

   五条の店の前も
   いでごや(鰹節工場)があります。

   早朝5時ごろには、
   もう仕事を始めていて、

   キーキー、ガッタン、ゴットンって
   聴こえてきます。

   実はこの音、
   冷凍のカツオの頭を機械で落とす
   音だったんですね。

   その後、身の部分を3枚におろし、
   またそれを半分に切っていたんですね。

   「身卸し」「合断ち」と言うそうです。

   そんな朝早くから作業が行われている
   いでごやさんが町のあちこちにあるんですよね。

   「枕崎の朝は、早い」
   どこの町でもあり得ることではありません。

   先日の、カツオマイスターで工場の視察は、
   その作業が、終わってからの
   工程を見せて貰うことができました。

   「籠立て」「煮熱」
  クリックすると元のサイズで表示します

   「骨抜き」
  クリックすると元のサイズで表示します

   「焙乾」
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します

   「修繕」(整形)
    熟練のおじさんが、手際良くカツオの形を
    すり身を塗りつけて整えていました。
  クリックすると元のサイズで表示します

   「燻すための薪」
    町のあちこちで見られる光景です。

    枕崎はこういった薪も
    調達しやすい土地柄なんですね。

    また、燻しているこの香り、
    今では感じなくなっていますが、

    よそから来た方々には、
    独特の町の香りに 驚きがあるようです。

    私は、この香り、好きです^^
  クリックすると元のサイズで表示します

   「日乾」
    所狭しと 規則正しく籠に入れられて
    天日されているんです。

    これを、倉庫に入れたり出したり、
    大変な作業だと想像できました。

    私たちが目にすることは
    珍しいことはありませんが、

    初めて見る方は、凄いと思われたようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します

   「カビ付け」
    昔の方が、こうしてカビ付けを
    繰り返したりすることで、

    生のカツオを保存食にしたことを
    歴史をさかのぼって学ばせて貰えました。

    こうすることで、鰹節ができていき
    その栄養化の 高いことなど

    改めて知り、考えることができて
    鰹節への想いが増していきました。
  クリックすると元のサイズで表示します

    そして、このような後半の作業は、  
    何度も何度も繰り返されて

    短くて、4か月、長ければ、
    1年以上も掛かってでき上がるようです。

    暑い夏も、寒い冬も
    こういったとても大変な作業が

    毎日毎日、町のあちこちで
    繰り返されているんです。

    まさにまさに伝統工芸品です。
    そう思われませんか?

    最近は多くの中国からの若い
    女の子たちが働いています。
 
    実際のところ、日本人よりも
    良く働くと言うことなのでしょうか?

    最近の若い人は
   「臭いから、汚いから、大変だから・・・」と

    働き手が少なかったり、
    すぐやめてしまうと言うことも聞きます。

    枕崎のこの伝統を次の時代に繋げる人は
    とても少なくなっているようです。

    とは言うものの、
    いでごやさんの中にも、後をついで
  
    この素晴らしい鰹節を
    もっともっと広めようと、全国に発信しながら

    試行錯誤、日々頑張られている若手も
    たくさんいらっしゃいます。

 ここで改めてですが、

    五条でも、この鰹節の中でも
    高級品にあたる「本枯れ節」を使い
    
    お吸い物を 来て下さるお客さんに
    まず一番最初に味わって頂いています。

    その香りと味をわかって貰い
    地元枕崎の本物の味を
  
    楽しんで貰いたい、覚えて貰いたい
    ご家庭でも 使って貰いたい

    そう思って続けていきたいと思うところです。

    そして、鰹節が
    日本料理の味の決め手であること、
 
    栄養化も高くて 健康増進には
    最高だと言うことなど、

    時間があれば、お伝えしていきたいと
    そう思うところです。

    今回「カツオマイスター検定」に
    のぞませて貰えたお陰様です^^

    こういったこと、一つ一つを
    真剣に考え取り組んでいけば、

    もう一度、枕崎というカツオ、鰹節の町は
    胸を張って全国にPRする価値を
 
    十分備えられているように感じます。

    健康志向が増している世の中です。
    もう一度、足元をみて

    全国にもっともっと発信していければと
    願うところです。   

    では、今、編集しました。
    想いはまだまだありますが、この辺で^^

    今日も一日、
    カツオを食べて、鰹節を使って
    元気に頑張りましょう・・・。
0

2011/10/12

もう一枚〜  


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/12

おはよう(^-^*)/  


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ