2016/12/13

『親の心子知らず』  つれづれ日記

火曜日です^^こんにちは
今日は

五条の休み明け気持ちは
頑張ります

前回の最後に「涙の出来事」と綴りましたが、
実は日曜日の夕方、海岸にいた時、

息子から、「サーモンがいなくなったTдT」と
電話でした。

いつもいなくなっても20分ぐらいしたら
必ず帰ってくるのですが、その日は2時間以上

帰って来ないと´Д`

都合良くと言っていいのかですが、
お店の予約もなく暇だったので、

私は、海岸から自宅に向かいました。

そして、散歩の道や、集落のあちこちを
ゆっくりと車を走らせ探し回りましたが見つかりません>へ<

辺りは、すっかり暗くなって 真っ暗です。

「車に引かれて、何処かに捨てられたのかもT_T
息子も私も 最悪の事を想像してしまいました。

公民館長さんにお願いに行き、
集落内に放送もして貰いました。

犬とは言え、やはり家族の一員です。
もちろん、我が子同然です。

もう一度、歩いて探そう、草むらで泣いていても
車のエンジンで聴こえないだろうから、と

再び、散歩道の林の方向に息子と行きました。
「サーモン、サーちゃん、サーモン」と。

谷間のある辺りの草むらなど、右左と探し続けました。

しばらく歩き続けていたその時・・・・聴こえました。
「ワンワン」と吠えるサーモンの声が耳

暗くて全く見えなかったのですが、

「お母さんだよ、サーモン、おいで」と言うと
私の腕の中にサーモンが寄ってきました。

私も涙、息子も涙でした。
「こんな暗い所で、どうしていたの?」と声掛けますが、

もちろん、いままで何処でどうしていたのかは
話せるわけないですよね´_`

集落の皆さんにもご迷惑かけて
申し訳なかったです。

サーモンは、玄関の引き戸を 自分の鼻先で
開けるようになっていたみたいです。

今後は、しっかり鍵もかけるようにします。

生きた心地がしないとは、
この探し回った時間のことのように思えました。

でもサーモン本人は、何食わぬ様子でシッポをフリフリ
『親の心子知らず』・・・でした`へ´`へ´`へ´

その後、店に戻り、安堵の思いでお仕事
数人のお客様が、来て下さっていました

そして、もう一つ、その前日のこと。
店内は予約満席のてんてこ舞いの最中に

母から蚊の鳴くような声で電話が・・・
体調が悪いとの事

店の状態から、出るに出れない私と重ちゃん。
すぐに息子に連絡して、駆けつけて貰ったのでした

結果、大事には至らなくて一安心。
そう言うことで、ハラハラ続きの出来事でした

一つ、心配事があるとスムーズにいかなくなる事で
平穏無事の毎日が どんなにありがたいのか?

実感する出来事でした

それでは、昨日の朝の開聞岳です
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

では、今夜も通常営業です

今週も、そんなに予約は入っていない状況です
忘年会など、ご予約お待ちしています↓
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ