2021/6/17

身近なSDGs(エスディージーズ)  地球環境

木曜日、おはようございます

今日は健康体操の日
    ↓
『三井島システム体操』
クリックすると元のサイズで表示します
10時から地場センター2階で
ご見学の皆様をお待ちしています
 
では 昨夜の五条刺身盛り🐟
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ほろ酔い気分で楽しんで貰えたみたいです
ご来店どうもありがとうございました


では、昨日の自宅ご飯

冷蔵庫のキャベツと期限切れの迫っている厚揚げが 
早く使って欲しいみたいだったので

厚揚げ&キャベツカレーカレー
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ドレッシングの代わりに
サラダにじゃこ入り赤しそのふりかけ(自家製)
クリックすると元のサイズで表示します


という事で、今朝は「もったいない」を
考える時間を持ちました。

よく耳にする『SDGs(エスディージーズ)』
いろいろあり過ぎて 少し難しい気もするのですが、

私にできることって何だろうって
最近よく考えることがあります。

先日、お引越しをしたお友達がいて
その方のお話の中に

「新しい所は、ゴミの分別が大変なんです。」
そんなことを話していました。

その町のHPを見てみると ホント事細かく
分別されているのでした。

今、私達はそんな分別をしてはいませんが、
その分別こそが、私の身近にできる「SDGs」

と考えることができました。

スーパーの店先に 肉を入れてあるトレーなどの
回収箱があるのですが、

私はそこに持って行ったことは一度も
ありませんでした。

でも最近は、今更ですが、
トレーなどを洗って 持っていくことにしました。

店のゴミなどの細かな分別は、
まだこれからいろいろ考えていこうと思うところです。

話はもったいないに戻りますが、
今朝ネットを調べていたら、

「もったいないばあさん」という動画や絵本が
日本でも 海外でも注目されているみたいでした。

子供のころからこういう風に
教えることは とてもいいことですね。

そう言えば今放映中の朝ドラ
『おかえりモネ』も まさにSDGsの内容ですよね 
クリックすると元のサイズで表示します

私も今に始まったわけではないのですが
よく「もったいない」と思い

捨ててしまうものを 生まれ変わらせて
自己満足している気がします。

五条の「昆鰹かりんとう」も 出汁をとった後の
出汁ガラを使って作っています。

最近はお茶ガラで美味しい佃煮を作ったりもしています。

また先日は残りのシャリで
シーフードチャーハンも作りました。

暇だからできることかも知れませんが
これも 私にできるSDGsですよね

それと「もったいない」で
過去ログを検索していると

15年前のこのブログにこんなこと
綴っていました。

2006/6/2
なまもの商売  つれづれ日記
 今日はブログに何を書こうかなぁ?
って考えてしまいました。不思議なもので
時間のないときは、あれもこれもって
思いつくものなのですが、時間にゆとりがある時は
なかなか思いつかないものなのです。
 個人経営の商売ってどんな仕事でも結構
大変ですよね!五条も断るぐらい忙しい日もある
のですが、暇な日が二日続くと、なまものたちは
お客様に食べて頂くことはできません。
自分たちのおかずにしたり、もったいないけど
丸ごとゴミ箱行きの物もあります。
この瞬間には悲しいものがあります。
そんなことがあまりないように 私のできる宣伝を
頑張らなければいけないと感じます。
 あつかましいことだと思いますが、
ブログをご覧になって下さる皆様、お近く方に
五条のブログの宣伝をお願いします。
 あるお客さんの受け売りですが、
 「たまに行くなら、こんな店、
  記念日に行くなら、すし匠五条」
そう言って記念日に来て下さるご夫婦が
いらっしゃいます。私たちも嬉しくて、
満足して喜んで貰えるように精一杯の
お料理とおもてなしを心がけています。
 話は変わりますが、私も商売人の子として
生まれました。赤ちゃんの時には
市場の中の片隅に籠の中に入れられて、
育ったそうです。若いころは商売人の所には
絶対嫁に行かないと言っていたのに、
やっぱり商売人の所に来てしまっています。
私の場合、かえるの子はかえるでした。
 本日のご予約には、先日テレビでご紹介
した、かつおのカルパッチョをお出しする
予定です。


たまには過去ログ読み返して
過去の自分自身に力貰うのもいいかもしれないですσ^┰゜^v ゜

それでは、今夜もご来店お待ちしています🍣

6

2015/11/14

小さな宝物^^  地球環境

   おはようございます。

   早朝から、地震の警報
   ビックリポンの朝です波

   津波注意報も出ているとのこと
   でも、今の町中の様子

   何事もないかのように過ぎています
   

   と言うことで、
   昨日のフォーラム&懇親会の様子から

    「未来の水文化フォーラム+写真展」

   写真を切り抜いての立体化
   まるで生きているかのような

   いきいきしているみなさんの笑顔
   素晴らしかったです

   映像の方も、過去の活動の様子が
   心の中に溶け込んできました

   とても感動しました

   そして、フォーラムが始まりました。

   始まりは「池田 一氏」

   このお方の取り組んできた
   そこに、枕崎の数十人の人々が

   関わって作って来たアートの素晴らしさを
   どう言う風に伝えれば

   皆さんに届くのでしょうか?

   私達の知らないところで
   池田一氏は、この取り組みを

   世界に発信し、関心を寄せられている。

   そう言うことを よく知らない私達

   また、興味がなくて
   知ろうともしない方々も

   少なくとも、ここに足を運ばれた人は
   感動を覚え、感激し、

   また、未来への夢や希望に
   胸を熱くしていたに違いないと

   思うところです。

  
   「大都会東京でできないことが、
     枕崎の花渡川や木口屋できた。」

   「それぞれのやれることで、お互い夢に向かって
    共有し合って 一歩でも前に進んでいきたい。」


   参加できたこと、皆さんにお会いできたこと
   お話を聴けた事、交流できたこと

   小さな宝物を貰えたような気分です。


   この小さな宝物は、
   この先なくなってしまうのか?

   それとも 多くの皆さんの元にも届くのか?

   それは、枕崎にとって、私にとっても
   課題の一つなのでしょうねσ^┰゜


   人はそれぞれ、考え方も価値観も違う。

   そんな中、価値観が同じような方々と
   出会い、語り合えると言うことは

   とても幸せ時間だなぁ^^
   とそう感じた一日でした。

   フォーラムの内容はここに綴りきれませんが
   それが、その場限りでなくて消えることなく

   写真や画像で 
   世界各地にまで 広まっている。

   それが、これからも続いていく。
   そう言うことだと思います。

   この繋がっている活動は、
   今、私達がしている活動に

   とても参考になるのではないかと
   そう思えてなりませんでした。

   
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


      原口先生、東川先生のお話も
      最高に 楽しかったです^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


     繋がりのお陰さまで、
     五条での懇親会をして頂きました。

     その日のお誕生日の清水先生もビックリ
     サプライズあり、

     みなさん、美味しい美味しいと言いながら
     とても和やかな雰囲気で

     楽しんで貰えたようでした
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

   「関係者の皆々様、
    本当にどうもありがとうございました。

    未来に向かって、またの関わりを
        どうぞよろしくお願いします。」


   今日と明日は鹿児島でアリーナで
     「S-1グルメグランプリ」開催されます。

   どうぞ、「昆鰹 枕崎鰹大トロ丼〜寿〜」に
   一票よろしくお願いします。

   私は、申し訳ないのですが、
   お昼予約があって

   応援に行けませんが、スタッフの皆様
   頑張って下さいね

 
      では、津波大丈夫そうで良かったですね^▽^

0

2013/12/29

私に何ができるのでしょうか?  地球環境

   おはようございます。

   昨日お友達のFacebook

   「世界で最も貧乏な大統領」と言われている
   ムヒカ大統領(ウルグアイ)が、

   2012年の地球サミットで語った
   衝撃のスピーチが

   リンクされてた内容を
   しみじみ読ませて貰いました。

   私の中にも
   この内容に通じる想いが

   悶々としていることに気付きました。

   今を生きる、今を支える私達にとって
   考えていく必要のある内容ではないか?

   そう思うのですが・・・^^

   とは言え、あまりにも大きな目標を
   掲げても なかなか前に進むことは

   難しいことなのかも知れません。

   私に何ができるのでしょうか?

   来年に向けての私の中で
   夢の国の根本的なお手本に

   このスピーチを心に
   留めておこうと思います。

   長い内容ですが、
   お時間、ご興味ある方は
   ご覧下さい^^


     【ムヒカ大統領のスピーチ】
会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。


私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。

国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。


しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。

午後からずっと話されていたことは" 持続可能な発展と世界の貧困をなくすこと " でした。

私たちの本音は何なのでしょうか?

現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください。

ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。

同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?

可能ですか?

それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。

マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?

あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?


このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?


どこまでが仲間で、どこからがライバルなのですか?


このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。

その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。

逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。


私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。

幸せになるためにこの地球にやってきたのです。


人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。

命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。

消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。

消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けが、みんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。

ということは、


"10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会" にいるのです!

そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。

人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。

悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。

これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。

マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。

私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクレオ、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています


「 貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ 」


これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合をそういう気持ちで参加しています。

私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。

そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。



私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。

私の国には300万人ほどの国民しかいません。

でも、1300万頭の、世界でもっとも美味しい牛が私の国にはあります。

ヤギも800万から1000万頭ほどいます。

私の国は食べ物の輸出国です。

こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。

そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。

しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。

なぜか?

バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。

毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。

私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます。



"これが人類の運命なのか?"



私の言っていることはとてもシンプルなものですよ。

発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。

発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。


愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。


これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。

環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。

------------------------------


人類の発展とは、幸福とは、運命とは...?

一体この世界はどこに向かっているのでしょうか。

物を大切に、資源を大切に、と言いながら、次々と新しいものを作り、売らなければ成り立たない経済社会。

失われていく環境、資源、増える支払い、ローン、労働時間。

根本的な世界のシステムを、考え直す時かもしれません。

是非、このスピーチをシェアしてたくさんの人に広めてください。

世界の問題について、考えるきっかけになれば幸いです





    と言うことで、

    『すし匠五条』
    今日で今年最後の営業となります。
  クリックすると元のサイズで表示します

    明日は、大掃除と
    31日のすしお持ち帰りの仕込みです。

    現実の中で、今年やり残したこと
    全部終わりそうにはないですが^^

    一つ一つ、頑張りますね^^


0

2011/5/10

地球環境への一つの歩み  地球環境

        昨日は、5月だというのに
        とても蒸し暑い一日でしたね

        一昨夜の枕崎は、今までに見たことが
        なかった深い海霧に包まれた、

        少し不気味な、でも幻想的な
        風景でした。

        今回の東日本大震災をはじめ
        異常気象が続いたり、

        地球は見えないところで
        悲鳴をあげているのでしょうか?

        でも、現実、私に私たちに
        その悲鳴を防ぐことの何が
        できるんでしょう?

        突然のこんな話に何事?って
        思ったかも知れないですが、

        先日のブログに綴った
  「ペシャワ―ル現地報告写真展」
  
      いよいよ今日から15日(日)まで
      枕崎の南溟館で開催されます。


       そして、昨日、その準備のお手伝いに行き
       一足早く観せて貰うことができました。

       一人の日本人が、手がけたことが
       27年かかって 
       地球環境への取り組みへと

       コツコツとコツコツと形に
       なっていっているのです。

       そして、これからも続いていくのです。

       私たちは、生きていく中で、
       便利になっていく裏側には

       知らず知らずに 環境破壊を
       しているんですよね。

       その積み重ねが、災害に繋がってきている
       と考えれば、

       できるところで、身近な環境から
       できることで何かしていければいいですよね。

       この写真展を見て 
       「何を伝えたいんだろう・・・?」と

       関係者の人に尋ねたり、教えて頂いた結果
       私が思った答えが

      「今生きる地球のためにも
       私に何をしていけるのか?」と言う
       問題提示でした。

       そう思えたことで
       やはりこういう写真展が身近で
       行われるとてもいい機会なので

       興味がある方もない方も
       お若い方も含めてどんな方々にも

       日々生活で追われる毎日でしょうが、
       是非、是非 

       お時間を作って南溟館へ
       行って貰えたらと思います。

       もしかしたら、思ってもみなかった
       未来の生きがいの糸口が

       見えてくるかも知れませんから・・・^^         
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します

        <昨日の日の出>
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
      この平和な朝の風景をずっと
      見続けて生きていきたいと思うから、

      できることで頑張っていきたい^^
      頑張り続けられたらと思うのでした・・・・・hiromi    
2

2011/1/20

3年かけて出来上がるアートですからね^^  地球環境

    昨日の新聞記事です。

    この記事を見てどれだけの方が
    木口屋に訪れるかはわからないけど

    このアートのキーワード
    分って貰えるといいなぁ?

   「進化する地球の家、村、人、未来」
  クリックすると元のサイズで表示します

    今夜ご注文の「五条のユッケ丼」
  クリックすると元のサイズで表示します
    では、
    おやすみなさい
1

2011/1/17

『未来志向集落』への転換のはじまりはじまり^^  地球環境

      おはようございます。

      先日行われた
     『木口屋集落<地球の家>
       アートプロジェクト』のオープニング
 
    
     雨風の中の午前中は
     体中をずぶ濡れになった想いある仲間達が
     最後の仕上げに必死でした。

     私も重ちゃんも頑張りました。

     それは、きっと
     『未来志向集落』への転換の始まりに

     深い希望と想いが生まれていたからだと
     感じています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

     私にどうしてこんな想いが
     生まれてきたのか?

  『木口屋集落<地球の家>アートプロジェクト』の
   HPから

   私の想いに繋がる内容を少し
   引用して綴らせて貰います。
 

    木口屋集落は、約30戸、平均年齢70歳以上で
    過疎・高齢化が進んだ限界集落です。

    標高約140mの小高い丘の斜面に位置し、
    周りは山々に囲まれ、

    南の方向は。枕崎の市街地、その先に港
    立神岩が見え、そして、天に繋がる東シナ海が

    拡がっている絶景の風景を一望できます。

    池田 一氏が感じられた「天空の村」と名づけるに
    最高にふさわしい場所だと思いました。

    その池田氏と同じように
    心に湧きだ立つものが私にもありました。

   『木口屋集落<地球の家>アートプロジェクト』
    環境アートを通して、

   お年寄りから子供まで集落内外の数多くの人が協働し
   地域住民全員で希望を持てるような

   『未来志向集落』への転換を実践していく。

   私たちは、日本各地の限界集落に対して
   アートを活用した画期的な集落活性化の

   一手法を創造することを目的としています。

   そして、このアートプロジェクトを通して、
   次世代を担う子どもたちに日常の中(足元)から

   地球環境の問題へと目を向けてもらい、

   自分たちの身近な環境問題として
   興味・関心を持ってもらいたい。

   木口屋集落に住まう住民と子どもたちとの
   世代間交流により、

   生きがいづくりと知恵・技術の伝承、
   創造力・表現力の育成といった
   人材の育成を進めていきたい。

   想像の域を超えたアートがここに。

   みんなで作ろう!
           『地球の家』

  
   そんな想いの中で微力ながら
   約1週間、雨、風、寒さの中、協力させて貰って 

   私は、本当に素敵な経験と
   未来に繋がる夢を感じることができました。

   その想いの中の先日のオープニングでした。

   前後は悪天候にも関わらず
   ちょうどそのオープニングの時間だけは、

   天候も回復して無事、素敵に行われたと
   思えました。

   苦労して、製作作業に参加された皆さんも
   きっと感無量の想いだったのではと思います。

   そのオープニングに参加された皆さんと
   今回のアートの3か所を回り、

   それぞれに、きっと素晴らしいものを
   感じていただろうと思います。

   その素晴らしいものが、
   さらに3年に渡って変化していくのです。

   自然が作り上げていくものと
   今後、そこに関わる皆さんと一緒に

   きっときっと、どこに行っても感じられないような
   未来への希望を持ちながら

   成長していくのだと思います。

   創り、育て、発信して

   この枕崎の限界集落木口屋が、
   未来ある輝く集落へと変化していくだろうと

   私の夢と共に歩んで行こうと思っています。

   是非、皆さんにもこの未来への希望を
   共有して貰いたいと思っています。

   どうぞ、この木口屋集落の変化していく日々を
   観察に、何度でも訪れて下さいネ。

   簡単に言うと、私が思うのは
   
   「心疲れた時に、心癒されたい時に
   この場所に来れば、

   何か不思議な力で
   心温まる想いで癒されることだろうと

   そう言うことなのかも知れません。」


               ☆矢形の広場
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
              クリックすると元のサイズで表示します

               ☆天空の間
        クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

             ☆緑の書斎(奥座敷)
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

   最後になりましたが、
   今回のこのプロジェクトにお誘い頂き

   労を惜しまず頑張って下さった
   エコリンク・アソシエイションの皆様

   アーティスト池田 一様

   指揮をとって下さった山崎 己代治様
   
   カメラマンの児玉 龍郎ご夫妻様

   ボランティアの国際大学の学生様

   フラワーアーティストの東様

   そして、最高に頑張って下さっていた
   「自然花」の皆々様

   優しく見守って下さった木口屋の方々始め

   その場で繋がれた皆様

   本当に本当にご苦労様でした。

   とてもいい経験をさせて貰えたうえ
   目に見えない温かい繋がりを
   作って頂いた気がしています。

   心より感謝しています。
   どうもありがとうございました。

   もちろん
   「はじまり、はじまり」と言うことで
   どうぞ、これからも、

   短いお時間しかお手伝いできない私ですが
   重ちゃん共々

   これからも繋げて頂けますよう
   よろしくお願いいたします。

   そして、皆さんと共に
   未来志向の夢実現できる日を
   楽しみにして生きたいと思っています。

   また、お声掛けお願いします。

  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      −hiromi−
2

2011/1/15

 〜アートを通じて、田舎を元気に〜  地球環境

      木口屋アートプロジェクト
      昨日は、追い込み作業が行われた。

      お友達の「雪しずく」のお二人も
      ランチをお休みしてまで来てくれたようで

      少しずつ広まる想いの輪に
      心温まる想いだった。

      その昨日、木口屋で
      私を出迎えてくれたのは、

      おじさま^^
      可愛いでしょう
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

      そして・・・絶景 
 クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

      想いの作業は・・・
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
     この画像を見る限りでは、
     何をしてるんだろう?

     どうなるんだろう?と
     きっと思われるでしょうね^^

     「進化する地球のの家」を
     是非、実物を身に来て、

     不思議な感動を味わって貰えたら・・・
     そう思っています。

     さて、予定では今日のPM2:00から
     オープニングです。

     でも、朝から雨が降っていて
     荒れ模様のお天気です。

     午前中は仕上げの作業もある予定なので
     どうなるのかは?

     決まり次第、
     携帯でブログでお知らせします。

     ご覧下さるか? 
     または、お電話でお尋ねくださいね。
      090−7395−8264(hiromi) 

   『野外アートミュージアム展』 開催!
         2011年1月15日(土)〜1月30(日)


   ☆矢形の水広場

   ☆天空の間

   ☆緑の書斎 

     オープニング会場は『緑の書斎』のところです。
     わかりにくい場所なので、

     迷われたら、お電話してきて下さいネ。

      テーマは
         『村、人、未来』

     このプロジェクトは
     3年間継続される内容です。

     私が、感じるこのプロジェクトの想い
     折々、詳しく綴りたいと思っています。

     では、お天気良くならないかなぁ??? 

     
0

2011/1/10

木口屋にて  地球環境

     『木口屋集落<地球の家>
          アートプロジェクト』に向けて

     今日も20人足らずの方が

     それぞれの持ち場で
     一生懸命頑張ってくれています。

     期限までに間に合うのかなぁ?
     と言う不安を抱えながらですが、

     みなさん、大自然の中での作業に
     想いを託しながら、必死の作業をしてくれています。

     何のため、何が楽しいのか?
     おもしろいのか?

     いろんな問題点を抱えながらの活動ですが、
     少なくとも、

     ここに集まっている人の中には
     目に見えない、言葉ではない

     温かい繋がりが生まれているのかも知れない
     と思うところでした。

     明日も、作業は続きます。
     お手伝いできる方^^ お願いしますね。
  クリックすると元のサイズで表示します
     今日は、二人のおばちゃんが
     私の帰りを見送ってくれた。

     このおばあちゃんたちが、
     私を見て嬉しそうに微笑んでくれるだけでも

     今、私が木口屋に来ていることの
     意味はあるかも知れないと そう思いながら・・・

     「バイバイ・・・」って
     手を振ってくれたのが 心が癒されるようだった。 
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/1/7

子供たちがアーティスト^^  地球環境

         は〜い^^
         前回に綴ったように、

         今日は朝からハリキッて
         木口屋に行ってきました。

         作業場にいってみると・・・
         どうしたことか?

         ほとんど進んでいませんでした。

         年末年始、
         おまけに悪天候のためか

         思うように作業が行われなかったようです。

         素人目の私でも

         15日の開催日までに
         完成するんだろうか?
 
         と不安に駆られました。

         で、今日の私のお手伝いは
         お手伝いに来ていた学童保育のみんなや

         数名のスタッフの皆さんの
         昼食づくりでした。

         木口屋集落のご婦人方が
         小イモを剥いたり

         ハガマに巻で火をおこし
         ご飯を炊いたり・・・

         私もジャガイモを剥いたり
         切ったり、

         畑から今取ってきたハクサイを
         洗ったり切ったり・・・

         と暖かい豚汁を作りました。

         言い忘れましたが、
         今日はとても冷たい日で

         足の先も痛いぐらいでした。

         そんな中、愛情込めて作られた
         この豚汁が

         とっても温かくて美味しかったんです。

         ハガマで炊いたご飯で
         おにぎりもにぎり、

         質素とは言え、
         美味しく美味しくて
         たまりませんでした^^

         もちろん、学童のみんなも
         おかわりおかわりと、

         「6杯も食べたよ。」と言う児童も
         ほっぺを真っ赤にして
         自慢げに話してくれました。

         そして、午後からは、
         子供たちがアーティストになり、

         竹の棒にペンキで
         自由気ままに絵柄をつけてくれました。

         ペンキをひっくり返したり、
         髪の毛にペンキがついたり・・・

         大騒ぎの中の作業でした。

         でも、子供たちは真剣に
         また、とっても嬉しそうにしていて・・・

         子供たちは、完成した作品を
         「これ、僕が書いたんだよ。」って

         きっと家族や友達に自慢げに話すだろうと
         想像できました。

         この大がかりなプロジェクトの意義は
         子供たちの嬉しそうな様子

         そんな小さな事の集まりではないかと
         思うところでした。

         明日からは、本格的に
         急ピッチで作業が行われる予定だそうです。

         お手伝いと思わなくても
         是非、この木口屋へお出かけ下さい。

         「みんなでつくろう!」ですからね^^  
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
    どんな素敵なアートになるのか?
    楽しみだなぁ〜? 
0

2011/1/7

みんなでつくりたい!  地球環境

      おはようございます。

      昨夜綴りたかったこと
      綴らせて貰います。

      実は今、枕崎の木口屋集落で
      世界中に発信されることになる

     〜アートを通じて、田舎を元気に〜
      『木口屋集落<地球の家>アートプロジェクト』
      の製作が行われています。

      御存じでしょうか?

      みんなでつくろう!
      『地峡の家』と書かれています。

      このプロジェクトは
      もうかなり前から動いているのですが、

      広く枕崎の人達も知らない方が
      ほとんどです。

      知っていたとしても、
      何のことか分ってない方も多いだろうし

      分っていたとしても、
      「アート」と言うことに興味がなかったり

      実際、何になるんだと思う方も
      多いのではないかと思えます。


      4年前から3年間行われた
      『花渡川アートプロジェクト』を御存じでしたか?
      
      花渡川に浮かぶいかだのアートは
      目にされたと思いますが、

      あの時も
      実際、とても素晴らしいプロジェクトにも関わらず

      そのプロジェクトに参加された方も
      関心をもたれた方も

      枕崎に住む人の中のごくごくわずかでした。

      その時、私は実にもったいないと思い
      もっと多くの人に伝えたかったと
      悔やんだ事を覚えています。

      でも、実際また同じような状況にあるのでは
      と今、またとてももったいないことだと
      考えます。

      私にできることは、人づてに伝えること、
      こうしてブログで

      多くの方にお知らせすることしかできませんが、
      是非、是非、
 
      今、始まっているこの
      枕崎での大プロジェクトに関心を
      寄せて貰えないでしょうか? 


      まずは、このプロジェクトのHPを 
      ご覧下さい。


      みんなでつくろう!
       <地球の家>
    『木口屋集落アートプロジェクト』
      


      お忙しいとは思いますが、
      HPの隅々まで見て頂ければ、

      今どんな方がどんな想いで、
      何を目的として動かれているか

      多少はお分かりになれると思います。


      見られてもあまり興味関心が
      湧いてこないかも知れませんが、


      私は、少しでも足を運んで頂くことが
      できれば、

      文字や画像からでは感じることのできない
    
      今の私達にとても必要な大切な魅力が
      隠れていると確信しています。

      実際、私も足を運んで
      目で見て、空気を肌で感じて

      まるで夢の理想の空間であると
      感じてきました。

      だからこそ、皆さんにも
      この感動を味わって貰いたくて・・・
      感じて貰いたくて・・・ 

      この枕崎の木口屋から、
      全国発信されて、

      多くの方が訪れるでしょう?
      世界各国からも来られるかも知れません。

      そんな凄い事が動いていることに
      枕崎に住む私達が

      知らな過ぎては、来て下さる方にも
      申し訳ないような

      そうも感じます。

      来て下さる方は、枕崎で盛り上がっていれば、
      十分な経済効果も出てくるとも思えます。

      そんなことなど、
      まだまだ お伝えしたい想いはありますが、

      時間もありません、
      
      そして、最後になりましたが、
      肝心なことは、

      今、このプロジェクトの作業を      
      数名の方が、行っています


      期限に間に合わすのに
      人出が足りていません。

      一日に1時間でもいいので、
      お手伝いをして貰えないでしょうか?

      予定では、12日まで毎日、作業をしています。
      どなたでもできる作業なので

      是非、是非お願いします。

      15日から開催されるアートを見学することもですが、

      もし、一度でも関わって下されば
      それは、それは、

      感動、感激がひとしおになることは
      間違いないと思います。

      私も年末年始、動けなくて
      行けていませんでしたが、

      今日はできるお手伝いに行こうと思っています。
      また、報告させて貰います。

      正直のところ、
      このブログを見て 来て下さる方が
      たくさんいるとは思えませんが、

      もし、来れない方でも
      私のこの想い、どうぞできるだけ多くの方に
      お伝えして貰えないでしょうか?

      どうか、よろしくお願いします。

      枕崎のため、
      人のため
      結局は、自分自身のために

      繋がっていくことだと思っています。
                
      もしよろしかったら、
      私の方にでも、連絡お願いします。

         090−7395−8264(hiromi) 
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/5

『百年の愚行』をきっかけに・・・  地球環境

       改めて、土井一洋君
       多くの人に見て貰いたいと言う本は
        『百年の愚行』です。

       ちょっと調べてみたら
       かなり以前から知られている
       本(写真集でした。)

       彼の持ち歩くその本は
       彼の通って来た苦労がにじみでている
       ようでボロボロでした。

       それだけ何度も何度も手にとって
       人に紹介し続けていると言うことを
       物語っているようでした。

       他にも数冊、あの水車のような本棚に
       入れて、回っているようです。

      <土井君の持ち歩いている本の一部>  
  クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
           


      クリックすると元のサイズで表示します
             『百年の愚行』 

       この一冊の本をきっかけに
       何か感じることができれば、

       その何かを

       自分のできることで
       一つでも
       変わっていくことがあればいいなぁ・・・

       と私も心から願っています。

       どこかでこの「百年の愚行」を探して
       見て貰えたら、 私も嬉しいです。 
                  ―hiromi―     
1

2010/10/5

じてんしゃ図書館土井君です^^  地球環境

         昨夜会合後

         以前のブログに綴った
         土井一洋君の送別会に

         少し顔出ししてきました。

         6年間自転車で
         日本中の図書館を回り

         地球環境の現実の凄さを綴った
        「百年の愚行」と言う本の
         紹介をしているそうです。

         今回旅の途中で
         この土井君に賛同した方から

         頂いたと言うヨットで
         南の島々を回った後

         枕崎につき
         この後、九州を北上していくそうです。

         ほとんど野宿だそうで・・・

         何故、こんなことをしているんだろうと
         興味深々で お話させて貰いました。

         自分の出逢った「百年の愚行」という
         衝撃的な本を

         多くの人に見て貰って
         今の世の中のことを考える
         きっかけのして貰えたら・・・・

         と言うとても純粋な想いだけのように
         感じました。

         私も本を広めたいのなら
         他に方法はあるのでは?と
         思うところも多々ありますが、

         彼は彼なりの方法で頑張ることが
         凄いことだと思えました。

         この旅があとどのくらいかかるかは
         分りませんが、

         いずれはこの旅のことを
         本にしてみたいとも言っていました。

         縁あってこの青年に出逢えたことは

         私にできる枕崎の愛し方(ゴミ拾い)
         をこれからも頑張っていこう
         と思わせてくれました^^        

         土井君のことが、いろいろな所で
         メディアにも取り上げられていることで、

         この旅が、いずれはどこかで
         大きく花咲く時がくるのではないかと

         また旅で出逢った人々との
         今後の繋がりなどを大切に温めて
         繋げていくことができたら

         土井君の努力が報われる時が
         来るだろうとそう思っています。

         また、心からそうある事を祈っています。

         土井君の夢は何でしょう?
         それを聴くのを忘れました^^

         『夢』が叶いますように
         これからもお身体には気をつけて
         頑張って貰いたいです。

       ☆後ほどおすすめの本の紹介編集しますね^^
   
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
  クリックすると元のサイズで表示します 
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

      はい、私も今週も頑張ります。

      皆さん、どうぞ、五条にも
      美味しい秋の旬食べにおいで下さいネ^^

      鹿籠豚料理も・・・ね
  クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/9/28

冒険家  地球環境

        サバニで三島・硫黄島に

        枕崎から再出発の
        中村 力さん、高橋 素晴君を

        お見送りしてきました^^

        詳しくは26日の南日本新聞15Pを
        ご覧下さい・・・。
  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  『自然や海に支えられて生きていることを伝えたい』
                       ―高橋素晴―
   
       硫黄島までは、予定では
       15時間ぐらいかかるようです。

       そして、明後日の朝方枕崎に
       戻ってくるそうです。

       それにしても・・・
       あのサバニで海に出るなんて
       恐くないのかなぁ?

       とにかく冒険家は凄いですね^^
0
タグ: 中村 高橋 再出発

2009/12/23

キャンドルナイト  地球環境

        キャンドルナイトの営業でした。
        全部消すことはできなかったけど、

        ご協力下さった今夜のお客様に
        感謝です。

        ありがとうございました。

        少しずつでも
        地球に優しいこと
        心がけていきたいものです。 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

        <ふぐ鍋>
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/13

繋げることが大事なこと。  地球環境

      先日の日曜日の
      『国際環境アートフォーラム』

      長時間にはなりましたが、
      無事終了することができました。

      お忙しい中、ご参加いただいた皆様、
      本当にありがとうございました。

      私自身、司会進行をさせて頂いたのですが、
      予定時間が大幅に過ぎていたことで

      進行台本道理に進めなくて、正直、
      かなり焦っていました。

      でも、それは・・・?
      コーディネーターやパネリストの方々の
      時間内ではおさまらない情熱の
      表れだった気がしました。

      そして、夜には、その先生方や
      スタッフのみなさんが 五条に
      来て下さいました。

      正装から普段着の私に 「あれ〜〜?」
      って驚いておられました^^

      みなさんの懇親会は、アートなどの
      熱い語り合いとなり、止まるところを
      知らないと言ったご様子でした。

      地球、環境 自然(海、川、水)
      世界、人間、アート      

      最終的には
      今回、このフォーラムを通じて
             
      出会いがあり、繋がりができたことを
      想いをや活動を共有し合えたことを      

      みなさんそれぞれに
      喜んでいらっしゃたようでした。

      大切なことは、
      このフォーラムで学んだことを 

      だれが、どこで どのように
      繋げていくかと言うことを

      私自身も このフォーラムに
      関わった一人として
      
      考えなければいけないと
      強く感じたのでした。

      繋げることが大事なんです。
     
      さて、私に何ができるのでしょうか?    
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します そして、 私です。

 内心はドキドキ、緊張しながら、舞台に立  
 っていました。
 「よく通る声で落ち着いてよかったよ。」
 って、言って貰えてホント嬉しかったです。

 観客席を見る余裕がなくて どこに座られ
 ているのかは 全く分らなかったのですが   
 応援に来て下さったみなさん、ありがとうございました。

  PS・パブリック・エコ・アーティストの池田 一様

     環境アート・リサーチャーの清水 裕子様

     英国から来て下さったティム・コリンズ様
               レイコ・ゴトウ様

     沖縄から来て下さった小林 豊様

     台湾から来て下さったウ・マリ様

     文化芸術支援NPOピーアンドエーの
                  早川 由美子様

     鹿児島水産高校教諭の町頭 芳郎様

     鹿児島水産高校専攻科の豊島 生平様

     枕崎市EMで環境を考える会の栗野 親義様

     立神小学校の今給黎 咲季様

    地球環境を真剣に考え、それぞれに
    いろんな事に取り組まれていている皆様は
    本当に素晴らしい方々だと感じました。

    素敵な出会いに心より感謝しています。
    これからも、頑張って下さい。

    スタッフをはじめお手伝いして下さった方々
    お疲れ様でした。

    と言うことで

    皆々様、本当にどうもありがとうございました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ