2007/1/11  0:41

パチプロ時代の  

今日某店で実に7年ぶり?に昔ジグマをやっていた店の店員さんと会った。
お互いに客と従業員だが彼は優しい人間性がにじみ出ており、あの時期孤独と戦っていた僕にとっては貴重な人間関係だった。お互いに名前は知らないが、顔や性格は結構知っている。当時の常連さんたちともたまに会う。お互いやっぱり名前も素性も知らない。というか何も肩書きは意味をなさない。しかし妙な連帯意識が育まれるのだ。それにどれだけ救われたか。突っ張ってわがまま言って経験したパチプロ時代。平坦な人生に少しばかり味付けをしてくれた半年間。考えれば一番規則正しい生活だったなぁ。

3回連続でビッキーチャンスに挑む。まさに90年代パチンコの再現だ。ちょっと他の台が打てないね。ちなみにスロはサンダーVに決まっているじゃないか。

それでも回数や時間はめっきり減った。これで充分。本を読んだりギターを弾く自分も戻ってきている。ちょうど25歳くらいの時期に懐古したが残念、齢はもうすぐ35歳のカウントダウン。人生は少なくとも折り返し地点だ。しかしこんなに30代が平静だなんて知らなかった。悶々としていた10代や苦悶の20代がそれでも美しいのは人並みに老いぼれた証拠か(嘲)

ノムにも逢いたいな。メールでもするか。たまには。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ