2010/5/14  12:25

移転した「うどんの山下」に行きました。  うどん

4月25日に移転した善通寺の山下。
家から至近なんでよく利用するのですが、
GWだったこともあり行けてませんでした。

昨日まで塾の仕事がテスト対策で早く出勤していたのですが
今日から一応元通り。少し余裕があったので
その移転した山下を攻めてみました。

元あった与北の交差点を南に500mくらい走っていると(県道4号:丸亀三好線沿い)道の東側に見えます。

さっそく入ったら、「セルフ」に変わっていました。
大釜しかり山下しかりいわゆる「セルフ」の形態で合理化でしょうか。
前のスタイル、好きだったんだけどなぁ…。

クリックすると元のサイズで表示します

写真のうどんはかけとぶっかけ、奥さんがぶっかけを注文

クリックすると元のサイズで表示します

ついでにたまいわさんは釜揚げを追加
久しぶりで食いすぎた〜(^^;)

尚移転しても、駐車場があまり広くないのはわざとでしょうか?
それを証拠に車がちゃんと待ってます。回転効率いいのであんなもんでOKなんでしょうね。
おいしかったです。
0

2010/5/14  2:40

はい約束どおりLaVie-NX登場  パソコン関係

今日は1998年10月発表のNEC,PC98-NXシリーズ
LaVie-NX(LW23C/52D)にてブログアクセス。

といっても2010年仕様として、
MMX-P233→P2-400に換装
メモリ現在128MB
OSはライブCD併用のパピーリナックス(フルガルインストール)
余剰のCRTモニタで画面サイズを多少向上
windows98はFEのまま(SP1適用)
マスストレージデバイスなどは有効
だからUSBのストレージはWIN98からも認識
という現状。
キーボードの認識が多少甘くなってきているが、長押しと気合で問題なく動いています。調子いいです。ヒンジはやはり割れています(^^;)

クリックすると元のサイズで表示します
この写真はAU携帯(W61CA)にて撮影後メールにてアップ

でusbポートが1つしかないので4ポートハブかませて無線LAN子機をつないでいます。
I/OデータのWN-G54/USBってやつ
有線のころと遜色なく動いてくれています。
puppyもどういうわけかきちんと認識してくれ無線LANの設定も記憶してくれました。電源ON→CDから一旦ブート→フルガル立ち上げ
X-windowが立ち上がる前から裏でピカピカやってます。
当初はOS立ち上げ時に認識せず毎回ネットワークの設定をしていました。

いつ上手くいったのか不明です(^^;)
無線Lanの設定は
「接続」アイコンから「無線Lan」を選び、ネットワーク検出などを一通りやると生きているネットワークを認識してくれます。

問題はセキュリティーのパスの設定
これはWEPでもWPAでも「s:」を暗号キーの前に入力するということです。
詳しくはWEBでお探しください。
保存後「それを使う」でOKです。
クリックすると元のサイズで表示します

まぁ動画は256にしてもだめでしょうがもっさり感をもう少し改善したいかな、なにぶんubuntuやwin7がさくさくなだけにこいつも快適を求めてしまう。128でも実用は可能です。ちなみにバッテリは完全に死んでるのではずしました。
0
タグ: linux puppy windows98

2010/5/14  1:54

北海道新幹線ネタ  鉄道・旅行

速度は在来特急並み? 北海道新幹線新青森―新函館間
河北新報webより抜粋

 2015年度に開業を予定する北海道新幹線新青森―新函館間の半分以上の区間で、開業直後は新幹線が在来線特急並みの速度でしか走行できない可能性が高まっている。時速200キロ以上の新幹線と在来の貨物列車が線路を共用する区間ですれ違う際、風圧などで貨物列車が脱線する恐れがあるからだ。国交省はいくつか対応策を示すが、新幹線の速度を抑える以外に有効策はなく、青森県などからは疑問の声が上がっている。
 最速260キロの新幹線が貨物列車とすれ違った場合、貨物列車が風圧などで脱線したり、横転したりする可能性を否定できないという。
 国交省は検討段階の対策として
(1)別のトンネルの建設や上下線間の隔壁の設置
(2)新幹線と貨物の運行時間の区分
(3)すれ違う時のみ新幹線が減速
(4)貨物車両が乗り込める新幹線用貨物列車(トレイン・オン・トレイン)の導入
(5)新幹線が線路共用区間で在来線特急並み(最速140キロ)で走行 の5案を提示した。

(1)の別トンネルの建設には5000億円超、障壁設置には1600億円超が必要とされ、工期が大幅に延びることも予想される。
(2)は新幹線か貨物のいずれかがほとんど運行できなくなる。
(3)は技術的に困難だという。
(4)のトレイン・オン・トレインは本格的な実用化までに10年以上はかかるとされ、開業には間に合わない見通し。
このため、開業直後は(5)が実施される可能性が高い。
その場合、同区間の所要時間は18分程度増え、約58分となる見込みだ。
 青森県は「開業が迫りつつある中、結論が決まっていないことだけを示されても」と困惑気味。「いつどうやって、新幹線らしく200キロ以上で走行できるのかを具体的に、早期に示してほしい」と求めている。
 国交省は「開業の期日に間に合うよう結論を出したい」としている。

・・・結構初歩的な問題で頓挫してるんやね。
時速320kmのスーパー貨物なんかどうですか
いっそ、はやぶさに併結してまえ。
四国の場合早くに、新幹線はナシよになったので
瀬戸大橋も宝の持ち腐れだし、鳴門には悲しきトンネルが残っているが
折角の併用橋なのでせめて宇多津くらいまでくれば・・・


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ