カエデの樹液のぼる  北海道と自然

驚きました。カエデの樹液の上る早さ。

直径15cmほどの細いイタヤカエデに取り付けた2リットルの
ペットボトルが、1週間で一杯になりました。

春の勢い、というものです。昨年、シラカバの風倒木を切ったときも
ゴンゴンと水が出ました。

と、マガンの声も少なくなりました。フキノトウが出始めたようです。
春のサイン、毎年、見え方が違うものです。クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ