ピップエレキバンの磁力と身体反応  身体

体に影響を及ぼすもろもろのこと、こういう漠然としたことを日常的に考え始めると、脳のある種、別のところが働くような気がする。いや、脳ではない、いやいや脳かもしれないが別の言い方がいいかも知れない。体自体が持ち、脳からちょっと独立した感性…。勘…。

 この前の2,3日、仕事中に異常な睡魔が襲ってきてとても難儀したがこれは恐らくその前の日に左肩にいついた五十肩の痛みに対してピップエレキバンを張った反応だったと思われる。わかるのである、磁気によるけだるさ感覚が。ピップエレキバンはこの点で実はとても喝目してきた。が、科学的な紹介というのはこの辺になると自明なのか怪しげなのか、ちょっと微妙になる。恐らくわかりきったことに入るのだろうか。人間の感性が主として磁気のようなこの波動によってコントロールされているとすれば、ピップの身体への介入は計り知れないかもしれない。

 わたしの発見は、驚くべきことに「居眠り運転」だった。生まれてはじめてのそれ。ガーンである。かねてより、超ヘビーな山登りの後の運転でヘトヘトな時でも、そして山の帰りの温泉でくつろいだ後のものすごく眠い運転の時でも、覚醒と睡眠のコントロールは出来ていた。しかしある日、突如、運転中にセンターラインを超えてはっと目を覚ましたのだ。この間、0.5秒。この0.5秒は恐るべき魔の時間だった。今まであり得なかった居眠りのキッカケはピップだったと断言したい。

 肩こりと腰痛とに耐え切れず、そのときはピップを数箇所に張ったのだった。そしてなんとなくけだるいなあ、という感覚を楽しんでいた。白老の川で小さなヤマメと遊びに行く途中だった。国道を走っていたときも異常に眠いと感じ、途中で午睡を取ろうかと思うほどだったが、町道に入ってからはっと気づくとセンターラインを超えて向こう側に入っていた。

 要はピップは、そこから発せられる磁気が実際に体をリラックスさせるのだ。久しぶりだとは知りつつ、どこか人工的な『いじり方』というのがピップにはつきまとう。少なくともわたしはあの磁力にトロトロと体中の緊張が解けるようなのである。「磁力で人工的に体をいじる」。これはまさに現代の医療なのだが、居眠り以後、わたしは警戒を始めた。が、忘れたようにたまに手を出す。恐るべし。
2




AutoPage最新お知らせ