清里近くで見た小径  林とこころ

先週、山梨県の清里あたりを訪れた際に、気持ちのいい小径を歩きました。ひとつは柳生博氏の八ヶ岳倶楽部のボードウォーク。緩やかなくだりのループ状フットパスです。雑木林が薄めに整理され、造園的な肌合いにまとめられています。

 もうひとつは、萌え木の村から続いていた滝見の丘コース。これは数百mいくと崖につきあたり、対岸に大きな滝が見えます。ここはイヤシロチ的な場所でした。清里の観光カリスマ船木さんが「あそこに連れて行くと人が帰ろうとしない」と言っていました。

いずれもなかなかいい感じ。苫東の小径も独自の肌合いがだせればと。
今年の山仕事が楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ