知床で見えるもの、見えないもの  土地の魂

先週は所用で道東にいきました。

2日目、ウトロでショートの自然探索に出かけて5分、右手の林の斜面にヒグマを見つけた。丸々と太った、推定体重120kgのヒグマが、地面のアリの巣をほじくりユックリ食べてる風。背中に茶色の毛が混じり、もうのんびり集中状態でした。

サシルイ、ルシャ川の沢登りや岬への滞在、カラフトマスの釣りなど、知床の山々を
若い頃にちょっぴり味わってきた身としては、今回、50の半ばに差し掛かっての知床は、全く別の味わいでした。

それは知床のヒグマやエゾシカやオオワシ、鮭といったネーチャーの具体的なものでなく、その先の風土に出会っている、という感覚、そして、それに惹かれているという現実感覚。

最果て、野生、厳しい自然、そして自然遺産…。その先にあって知床が見せている
地霊が、55歳の誕生日を前に、うすぼんやりとわかるようになった。
これは加齢のごほうびのようなものではないか。

なぜなら土地と繋がるのはものすごい安定、安心だから。

クリックすると元のサイズで表示します
0

紅葉始まる  林とこころ

刻々と秋が深まってくるのがわかります。
ウルシ以外の紅葉はまだ見るほどのものは少ないのですが、
たとえば、春、天婦羅にしていただいたコシアブラは、おぼろな紅葉ならぬ「白葉」を始めました。もうすぐ、アルビノのような白い葉になる。

フットパスではカラ類の群飛に出会いました。秋遅く、種(しゅ)を越えて集いあい、仲良くせっせと枝を渡り歩く。遠足のように毎秋いつも楽しげだ。

ミヤマカケスも一時群れますね、渡りの前のヒヨドリも。
それに比べてカラ達は、気軽な遠足。

うれしい発見アリ。
小屋の脇のピザ釜では日向で子連れのカナヘビ家族がブロックに張りついていました。当分、小屋に来る人たちには、ピザ釜
利用は自粛してもらわねば。

先々週新調した薪ストーブは、今のところ小一時間で室温を
20度まで上昇させ、ゆっくり蓄熱するので薪は数本で足り
ている状態。しかし、真冬は作業前の着替えができるのか、
心配。なにせ、厳冬期はマイナス20℃なんだから。

生き物たちとシェアする身近な林、そこでの謙虚な学び。せ
めて週末だけの減速生活。

といいながら、先々週、残り物を片付けて増えた体重1kg
をなかなか減らせない……。
クリックすると元のサイズで表示します
0

山小屋生活と変人  林とこころ

わたしたち、少なくとも男はどうも隠れ家が好き。自分達の比較的仲のよいものだけの、子供時代なら秘密基地。そこでわたしたちは、世界でたった一人のユニークな自分でいられる。

幾分そわそわしながらだが、存分にそうしていられる。居合わせる仲間とは世界を共有する友達のような気分でいられる。

それを大人になって合法的現実化させたのが、山小屋、別荘。山登りに全身全霊をかけていたころは、山小屋の生活を、きどってヒュッテン・レーベンとドイツ語で呼んでいました。先週、ストーブを重たい物に代えた途端、作業小屋がヒュッテン・レーベンの場に代わった…。まっこと不思議なことです。で、その余韻で思い出しました。

若いヒュッテン・レーベンは、まだ自我と真我の区別もわからず、やみくもに憂鬱な日々を雪山や岩や沢にぶつけ、時折小屋番で訪れるこの小屋暮らしでどうにかこころのバランスをとっていた、と今思い起こします。

あれは、迷いと不安だらけの自我と、本当の自分が重なる時間と空間。性格の全く違う岳友らと、互いのわがままをぶつけあいながら、どこか心のかけら部分だけ重なっているのを知る、小さな安心と空虚さ。

思えばみんな、どうしようもない変人だった。丸裸の
わがままだったから、血液型診断がよくあたったのでした。
(笑) そして、あの時間は無駄でなかった。

Happiness(幸せ、と日本語で書くのが少し照れるので)は、家族をはじめとした人間関係に始まり、結局そこに行き着くのだと思います。そのコミュニケーションのこつをつかみきれない不幸は、泥沼のような不幸に繋がっているのではないか。
それが現在のこの国に見え出した姿のもとでないか。

そこがつながっていれば、貧乏なんてそんなにこわくないんだよ……。だれかそんなメッセージを上手に言ってくれる人はいないんでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
0

セラピスト「薪ストーブ」  林とこころ

鋳物の薪ストーブを新調しました。雑木林の管理小屋に。

焚き火はセラピーだと以前から決め込んで、そのためも含め、
雑木林の間伐をしてきたのですが、実は、薪ストーブもセラ
ピストなのでした。

このたびは、めらめら、ゆらゆらと燃える薪の炎を眺める窓
がうんと大きいやつ。昨日、初だき。ううん、ほれこみました。

以前の簡便なストーブは、たきつけると轟音を出して燃え始め、
急速暖房がとれました。が、今回の鋳物はそれに比べるとが
ユックリ、とろとろ燃え始め、薪の命がまっとうするまで、
ずっとお付き合いができ、えらく省エネだとわかりました。

これで、間伐する目的が消えはしないか、そっちが心配に
なっています。(-_-;)クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ