軍国主義へのとまどい、ためいき(青年寄宿舎日誌17)  青年寄宿舎

田端先生の抜き書きシリーズ12

*********************

軍国主義へのとまどい、ためいき 

昭和7年10月23日(日曜日)

朝から天気良好なれど風強し。 予科生、本日日曜だと云ふに午前十一時より中島公園に於いて国防義会大会に武装して引き出され国防行進なるものを行ひし頃より雨降、帰学の時、既に皮膚に達する有様、何の因果か、何とそれ軍国の秋よ。三時既に帰舎す。不平満々。夜、ヂンバリストの提琴大演奏会、大多数の舎生出掛け失我の境を味わって帰る。夜、天気良し。

*********************

【コメント(田端)】

  昭和7年(1932年)は5・15事件の年、前年の満州事変から翌年の国際連盟脱退に至るような軍国主義の風潮が極端になってくる頃で、既に平和運動、左翼運動などは厳しく弾圧される時代になっていました。軍国主義批判の言葉がはっきり日誌に書かれることもあり得なかったようです。しかし、その風潮へのとまどい、嘆息に見える記事はいくつもみられます。ここでは日曜日、雨の中、国防行進に「引き出され」ずぶぬれで帰った予科学生の「不平満々」を紹介して、「軍国の秋」を歎いているようです。偶然か、想いをこめた修辞か、世界に名声の高いバイオリニストの名演奏を聴く「失我の境」を対比させて書いてある所がなかなか味があると思いました。 

第○師団の○○市出発を送る「人の山、旗の渦」の大感激を書いた後に「さあれ、国家の干城よ、一時の感激の後に定めなき運命の神に導かれんとは」と記したり(昭和7年9月26日)、 「本年の演習の余りに多いに驚く」(同年11月4日)と記したりしています。

10月27日には北大でも行われた「大学赤化事件の処分発表」について意見が書いてありました。「何を標準の罰か、彼等の将来を思はばもっと軽くしてやる方が穏当ではないかと思ふ。」というものでした。

 なお、この頃の日誌執筆者=文芸部委員はF.W.君でした。
0

昔のスケッチブックをアップしました  林とこころ

先日、淡彩のスケッチブックをHPにアップしました。
わたしのミニギャラリーです。

http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/sketch01.htm

1970年の後半あたりからだから約30年前のものから、最近の海外モノまで。
懐かしく、楽しい。絵の脇に当時のメモを転載するのがまた悦楽。(笑い

あまりにいい時間なので、途中でやめています。一度覗いてみてください。
クリックすると元のサイズで表示します
0

寄宿舎のカメラ事情  (青年寄宿舎日誌16)  青年寄宿舎

田端先生の抜き書きシリーズ11

「青年寄宿舎カメラ事情」

【昭和7年4月28日】

天辰君パーレット六八の写真機を五番館にて購入、その
スピードモーションに我等一同唖然たり。兄貴株の大岩君の
パーレットの活躍振りは既に其の方面に於て定評あるもの
なれど、これは又素晴しき同志を得たものである。
噫、世は春なるかな。


【田端先生のコメント】

 パーレット六八は、小西六本店が大正14年に売り出した国産のカメラで人気が高く、いろいろな機種が登場したようです。大正14年、売り出し当時のPEARLETTE f 6.8の価格は25円(外国製のものに比べれば安い方だったようです)、当時の新聞1ヶ月の購読料が1円程度、今は4,000円くらいなので、25円は今の10万円くらい、とか・・・「http://blog.so-net.ne.jp/onkochishin/2007-07-24」によりました。

 7,8月分の食費1日77銭(1か月で23円ほど)との決算となり、その高額にびっくりして副舎長の「英断」を以て1日50銭にした−−差額はどうしたのか書いていませんでした−−と言う頃のことですから25円はかなりの出費、にもかかわらず思いついたら忽ちデパートで買ってきたスピードモーションにみんなが「唖然」としたというのでした。

 副舎長の英断は、為替レートの切り下げにくらべてもより重要な英断だと言うような風にも書かれていてこの年代らしさが出ているなあ、と思いました(昭和7年9月22日の記事)。

 自転車で月寒方面にカメラネタを探しに行く人、日曜には円山公園で撮影を試みる人、等々、「写真道に夢中」の人達が何人もいたようでした。名前を拾うと6〜7人。小生の在舎中の昭和30年頃よりずっと多いようです。

 もっとも「写真師の活動に依り、手稲登高の趣は半減せられたりと云ふも敢て過言に非ず」(5月30日の手稲登山の記事)、する感想もありました。



*本シリーズは、現在、青年寄宿舎OB有志が進めている
 明治時代以来の日誌を解読し発刊する事業の一環として、
 田端先生が担当されている比較的古い年代の日記から、
 特に時代差がにおうような日記を先生が紹介しコメント
 を書かれているものです。画像などは、わたしのHP
 http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/
 「ああ、青年寄宿舎」にあります。

0




AutoPage最新お知らせ