五木寛之vs香山リカの対談で  北海道と自然

五木寛之と香山リカの対談集「鬱のちから」を読んでいたら
意外な記述に出会いました。

それは彼が北海道の霧のある、うらぶれた、へんぴなマチに行ったら、
地元の人が、「ここは中学生の売春で有名で、土曜日には北海道中
から好き者がやってきて魚市場みたいににぎわうんだ」というのだ、
と語るのです。

その前後に倫理の話は特になく、心の傷や罪人が北を目指すことの
ながれで挟まれたエピソードだったと思います。

これを読んだら、北海○新聞などは「五木氏が描いたそれはどこで
あるか、それをなぜ放置しているのか」というフォローがあるはず
ですが、今のところ、わたしは描かれた事実も知らなかったし、
もちろんフォローも知りません。こんな話が実際あるのでしょうか。

これはなんなんだあ〜、と、JRで読了……
0




AutoPage最新お知らせ