こころの森  林とこころ

自殺者は減らない、こころは痛みやゆがみを癒やすことなく
負荷に折れ、あるいは破裂する、森や林は、老若。男女の心身の健康に(特にこころに)もっと役立つ機会を秘めている、そのみちは…

そんなテーマを引っさげたフォーラムを終えました。
こころなどというこそばゆいタイトルなのに質疑は共感の交流の場に。
やってみるものです。
(ねらいは↓ちらしに)

http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/201106kokoromor...

北大研究林のご好意・ご協力のもとで。↓
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/mijika02.htm
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/

わたしは、進行役をしながら、午後の小一時間、いつものフィールドを
含む苫小牧の数ある林の画像100枚ほどを、本州・広島の美人の巫女さんに透視してもらった感想を紹介しながら参加者50名の印象メモを
採集させてもらいました。

林には各々持ち味があり、こころに映るその日の喜怒哀楽にあわせて
林や森を使い分けようという提案です。巫女さんはいわばシャーマンとかメディスンマンと呼ばれる人ですが、林の印象を巫女さんに聞くという
無謀な計画は大成功で、昼食後すぐの眠いひと時、「巫女さんの
言葉」という一言で目がかっと開いたようでした。(爆

北大研究林はなんと、かつおぶしむしさんの裏山でした(^J^)
(かつおぶしむしさん、お疲れ様〜 m(__)m

(写真最後は森林セラピスト上原巌さんの手入れのワークショップ) クリックすると元のサイズで表示します
0

焚き付け拾い  土地の魂

昨日は、作業小屋で恒例の冬の準備。こころは心躍る小さな晩冬の祭り。

薪ストーブに使うカラマツの細枝の焚き付けをリヤカー一杯
集めました。大げさに聞こえますが、こんなものはすぐ集まります。
(左写真手前)

そして次に燃え移るやや太目のもの、これはログハウスなどの
端材を割っておきます。(写真奥)

そして煙突掃除。これは外の曲がりに詰まった砂状タールを取り除く
だけでOKでした。

さ、冬、来てもいいぞ…。小さなことながら、こうして些細な節約、循環に
身を任せている、という実感は幸福でもあります。限りない思い込みと
自己満足の世界のようにみえて、そこは、天下国家を論じるより
大事かなあ、などと思わせる手ごたえがあるのが不思議。

ローカリティの極致とでもいうのでしょうか。神が宿る細部あるいは
典型的な瑣末。アウトドアの家事みたいなものです。

と、日の傾いた無風のフットパスに出かけてみると、どうやら、
小径とその風景は、神々が喜び集う庭カムイミンタラのようなものでした。
一年に数回、こういう日に出会うのです。 クリックすると元のサイズで表示します
0

木綿のハンカチーフと地域  土地の魂

南幌町のNPOの設立記念シンポにでました。
http://www.flat-nanporo.com/  

平らな、本当に平らな南幌で、資源をつなぐフットパスを活用し
マチを動かそう、という心意気です。その心意気やヨシ。

基調講演に立ったのがもと副知事の磯田憲一さん。はじめて生のスピーチを聞いたような気がしますが、地域力を語るとき、わたしの大好きな「木綿のハンカチーフ」を引用しちょっと解説しました。

地方に残る女性が、都会のチャラチャラしたムードに満足げな元恋人に
優しく別れの言葉を投げた、…かのような松本隆の歌詞。磯田さんは、
この歌を北海道のような地方から発信するスタンダードの応援歌というか、スピリットを含んだメッセージのように置き換えてみせました。

わたしも、その構図は感じていましたが、この歌を太田裕美が歌うアンバランスが気になっていました。おかげでナンカ、とても落ち着きが悪い。お嬢さんの典型が、「わたし、田舎から離れない」という歌を歌うのですから。(笑い どちらかというと、イルカか誰かに歌ってもらうとリアルだったか…。あ、それはともかく。

そう、それはともかく、磯田さんの話は結構ほろりとさせるいい話でした。ふとわたしのポケットには十数年愛用している唐草模様の木綿のハンカチーフがたまたま入っており、使おうかとおもいましたが…止めました。重たくて野暮ったいけど、水気をよくすって飽きない、そして持つ色あせたハンカチ。

「…木綿のハンカチーフく〜ださい、ハンカチーフく〜ださいいぃ」とメッセージを送った歌の中の娘さんはその後、どうしたのでしょうか。木綿の
ような地域を愛する男性がうまくみつかったのでしょうか?

いや、孤高の女性になったかも知れないなあ?
結構、現実離れした概念的な歌詞だったのいかもなあ?
などと詮索してたら夢も希望もなくなってきました。(爆
0




AutoPage最新お知らせ