こころの森  林とこころ

自殺者は減らない、こころは痛みやゆがみを癒やすことなく
負荷に折れ、あるいは破裂する、森や林は、老若。男女の心身の健康に(特にこころに)もっと役立つ機会を秘めている、そのみちは…

そんなテーマを引っさげたフォーラムを終えました。
こころなどというこそばゆいタイトルなのに質疑は共感の交流の場に。
やってみるものです。
(ねらいは↓ちらしに)

http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/201106kokoromor...

北大研究林のご好意・ご協力のもとで。↓
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/mijika02.htm
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/

わたしは、進行役をしながら、午後の小一時間、いつものフィールドを
含む苫小牧の数ある林の画像100枚ほどを、本州・広島の美人の巫女さんに透視してもらった感想を紹介しながら参加者50名の印象メモを
採集させてもらいました。

林には各々持ち味があり、こころに映るその日の喜怒哀楽にあわせて
林や森を使い分けようという提案です。巫女さんはいわばシャーマンとかメディスンマンと呼ばれる人ですが、林の印象を巫女さんに聞くという
無謀な計画は大成功で、昼食後すぐの眠いひと時、「巫女さんの
言葉」という一言で目がかっと開いたようでした。(爆

北大研究林はなんと、かつおぶしむしさんの裏山でした(^J^)
(かつおぶしむしさん、お疲れ様〜 m(__)m

(写真最後は森林セラピスト上原巌さんの手入れのワークショップ) クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ