サクラのつぼみ  北海道と自然

ぷっくらと膨らんだサクラの枝を一本入手したのでいくつかのコップに差し
家のあちこちに置きました。

ホテルの庭木の剪定したものだとか。ぷりぷりしてすごいのです。
昨年、一昨年はそういえば、コブシの枝をさして一足先に見事咲かせて
楽しんだことを思い出します。

外へ一歩も出なかった今日、町内を散歩しようと玄関をでると、おやまあ、
ベランダには最後の名残雪。春からの主役であるベランダの椅子と
草取りの鎌を並べて、カシャ。

町内のスケートリンクは、なんとも間の抜けた施設にみえてきました。
これでもまだ新緑まで二カ月かかります。正直、遠い…(-_-;)クリックすると元のサイズで表示します
0

春祭り  土地の魂

今日の苫小牧の天候は、「早春の不機嫌」。雨、あられ、強風あり。

そんな中、幼児含む20人ほどが雑木林を来訪。
メープル(イタヤカエデ)の樹液を、水代わりに飲んで、
昨年のメープルシロップでホットケーキを食べました。

メモリアルな時間帯は、かならず天候が治まるといういつものラッキー
パターンですが、硬雪がズボズボぬかるという、3月のこの時期は実に
消耗なものです。この変な時期に来る面々はアウトドアの達人級です
ので心配もしませんが、そんなシーンのなか、立ちっぱなしの雪上昼食
は足の裏から冷えます。それでもみなさん格別のいい笑顔でした。

帰途、小鳥を手に乗せる場では童心のように感動した模様。
子供たち、あるいは子供のような大人は、ちょっとその場を去りがたかったようです。

これで2009年のまったく個人的なイベント・春祭りは無事終わった
ような気分になりました。濃厚な季節感をシェアする…、これも実に
いいものです。クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ