薪、1コモン  土地の魂

団地の脇の林70ヘクタールに今年はNPOを核にした手入れを投入したおかげで、たくさんの木材が発生しました。札幌からの応援も甚大でした。

12月から4月半ばまで、なんと延べ100人が、チェンソーを持って集ってくれました。わたしは町内会と林の手入れの成果を分けたいと思案したために、林の中の丸太は自治会などの人の作業分担用に残したのでした。

が、これは裏目に出ました。あまりに重すぎる仕事であり、皆さんもかなり高齢だったのです。今、あとはお任せのスタイルはギブアップの可能性が明白になりました。じゃ、即、路線を変更せねば。

で、3月半ばからボチボチとNPOで藪だしを始めました。
今、連休を中心に、次善の策として

@丸太運搬を手伝った方に薪の切符(のようなもの)をさし上げる
A残った丸太はNPO会員を条件に、手ごろの値段で譲渡

という基本線を作りつつあります。団地は、薪ストーブと、林の散策を
魅力として移住した人が実は多かったのです。

それで、NPOとしては、冬の作業で発生した材を、
1m×1m×1mを「1コモン」と呼ぶことにして、一日働いた人に
無条件で1コモンの入手権をあげ、残は低価格で買取にしようと考えて
みました。地域通貨みたいなものです。

これはとても楽しい発想で、コミュニティの社会実験のようなワクワク感が
あります。でもこれからが大変です。これを今年はじっくり研究して
みましょう。

エネルギーを里山で自まかないできるなんて、理想的なことです。あとは、
人々の知恵。

*写真は手入れする山の500mのところにあるプロの薪ヤード。美的。クリックすると元のサイズで表示します
9

ニシンのオイル漬けを作る  

4月13日の地域SNSのkさんの日記が縁で、カナダ人の旦那さんから

>When you make yours, feel free to experiment to match a taste that you thought was especially good.

とのアドバイスをもらいました。自由に自分の味で行け、世界中で庶民が
みんな各々の食べ方でやっているんだから!

こういうアドバイスは宝です。わたしには神様、仏様のアドバイスのように
(オオゲサカ? 伝わりインスパイヤしました。

で、昨日雑木林からの帰り道、魚市場に寄ると3匹480円、さっそく
3枚におろしてもらって(テヌキデス 、下味をつけてレシピに従い一晩
寝かしました。そして先ほど、わたしは酢漬けではなく、アムステルダムの屋台の味・オイル漬けにしてみました。

昨日は家内が外出していたので、わたしは自分のために、まず
籠ひとつ取ってきたフキノトウでフキ味噌をつくり、網走産のワカサギを
フリッターにしました。大好きな大根菜も出ていたので煮びたしにしたあと、お味噌汁の具にもしました。これでおもむろに白ワインを半分。

カナダ人のDさんには、季節の食べ物はこうやっていただくんだという自由を
改めて示唆してもらったようです。なにも山菜だけではなかった!

クリックすると元のサイズで表示します
13

不思議な落ち枝、再び  林とこころ

わたしが勝手に「結界落ち枝」と呼んでいる不思議な枝。
単に上から落ちてきた枝なのだが、偶然が重なってグサリと地面に
突き刺さっています。

そればかりでなく、異様な迫力をもつ。雑木林のフットパスや
柔らかい林道で見つかります。

わたしは一種の霊力を感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
5

攻めの養生  身体

気功なども取り入れた医療の分野でとても有名な帯津良一医師が
ある雑誌に「攻めの養生」ということを書いています。

攻めの養生とは、体に悪いことはしない、という消極的な養生ではなく、
つまり肝臓に悪いから酒は止めよう、というのではなく、一日充実した
仕事をしたから今日もばっちり飲もう、そして明日も元気に前向きに働こう、というものです。(チョット、脚色アルカモ (^_^;)

先週の土曜日、山仕事は、20〜40kgある薪用の丸太を10時から
3時まで延々と運び続けました。万歩計はついに1万歩を越えました。

還暦に近い、日頃パソコンの前にいるだけのわたしは当然ながら
へとへとで、作業開始時にすでに股関節の痛みを抱えた腰が、
静かに悲鳴をだしていました。しかし、40歳の若い人が手伝いにきたり、
還暦を超えた女性も色々頑張ってくれてるしで、つい、頑張ってしまった
ようです。骨盤が開いたのも実はこの丸太運びがもとだったから、
本来はやめるべきだったでしょう。

帰りの車では遂に眠りそうなくらいでした。

しかし、ところが、あら不思議。翌日になってみたら、痛みが増すどころか
キレイにこれまでの痛みやギスギスが精算されていたのです。

これこそ、帯津先生が言う「攻めの養生」(結果的に)といえるのではないか。

(画像は最近見つけたほだ木の集積現場)クリックすると元のサイズで表示します
7

そばのスプラウト  

山仕事は小さな集落のそばなので、昼ご飯はほとんどそこの
そば屋さんで野菜天ともりそば。

その店の入口にしばしばそばの実がおいてあります。
先日はダッタンそばが。

で、小さなトレイにキッチンペーパーを敷き水をいれて
スプラウトを作ってみました。

蒔いてから2週間、写真のようになりましたので食べてみましたが
ちょっと早かった。そばの殻がついているのです。葉っぱが
完全に開くときに、殻をぱらりと落とすので、それまでおあずけに
した方がよい、、、早朝の発見でした。(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します
5

一足先に愛でる花と葉  北海道と自然

早春の山仕事の楽しみは、
ふくらんだ花芽をつけた枝を切った折など、
それらをわずかだけ持ち帰って居間の花瓶に挿し、
戸外よりも数週間から1ヶ月ほど先に愛でること。

今年はコブシ、昨年はサクラ、還暦を過ぎた
女性のチェンソー使いNさんはミズキの枝。

こうすると、季節の波に乗っかって日常がある、
てな感じになります。どってことないんですが、
楽しみな遊び。
クリックすると元のサイズで表示します

(写真はややこじれて開いた今年のコブシ)
5

大量の丸太に  北海道と自然

日中の気温が零度をこえると、木を切ったり運んだりする山仕事は
途端にうっとおしいくらいな暑さを覚えます。春が匂う4月は、北海道の
山仕事をする人にとってそんな季節。

この冬、約100人が手入れに集まった山仕事もほぼ一段落。
願わくば、手入れした雑木林とそうでないところの差を、しっかり
気づいてもらいたいところ、そうして、あの林が本来こんなに気持ちの
よいものだったんだと喜んでもらえれば大満足です。

困ったことは、仕事がはかどりすぎて、大量の丸太が生まれたこと。
隣り合わせの町内会が尻込みする量です。(^_^;)

やってみればわかりますが、人力ではもてないものもありますし、
ブルで運搬するにしても、ブルに載せるのも大仕事。これらはいつも
連休にしたものですが、地獄です。腰を痛めます。

でも、なんとかしましょう。トラックやブルや、頭数や…。

写真は、運搬が大変な風倒木の丸太の数々。薪にすればこれだけで
一軒の数ヶ月がまかなえそう。 クリックすると元のサイズで表示します
5

ママチャリ通勤始まる  北海道と自然

3月の最終日、万を持してママチャリ通勤開始です。
自宅からJR糸井駅までの10分ほど。
颯爽と出発したのはいいですが、緑道などにはまだ
雪と氷が残っており、緊張する箇所がいくつかありました。
でももう大丈夫。

あんまりどうでもいい日記ですいません。このごろ、
「ソレガ、ドーシタ?」と言われそうで(-_-;)

ただ、JR沿線にはマガンがまだいましたから、例年より春がちょっと
遅いような気がしますね。 クリックすると元のサイズで表示します
3




AutoPage最新お知らせ