日本版コモンズ闘争のドキュメント映画「こつなぎ」  土地の魂

昨夜、ドキュメンタリー映画「こつなぎ」をみました。土門拳の静止画を動画にしたような生活景に目を見張ります。が、何と言っても、共有地の権利を奪われてしまった農民の、4世代にもわたる団結と法廷闘争の迫力。

http://www.youtube.com/watch?v=hfOaPO8N8A4

上映は札幌北区のフェアトレードショップ「みんたる」でだったのですが、映画のあと、北大でコモンズの研究をしている宮内慶介教授が「こつなぎ」とコモンズを解説。東京から制作者の菊地文代さんもいらして、臨場感が増幅されました。

菊地さんは、高邁な製作意図よりもまず、多くの方が撮りためた映像が散逸するのを避けたかったと語る、とてもオーラのある80歳を超えた女性でした。そこに紡がれて描かれたのは、昭和30年頃の東北は岩手の赤貧のコミュニティの素顔でもあります。you tubeで懐かしさをo覚える方もあるいはいらっしゃるかも。こちらの長いほうはもっとかも。

http://www.youtube.com/watch?v=sa5rtVmCFew

土地、所有権、コミュニティ、つながり。現在の大きな問題を凝縮したようなひとときだった。最終電車で帰宅。

*画像はNPOが保育を手がけているコミュニティ・フォレスト大島山林。これをちょっと、現代の「こつなぎ」につなげて考えて見ることもできます。
クリックすると元のサイズで表示します


雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
6




AutoPage最新お知らせ