セントラルパークと公園緑地願望  林とこころ

先週末の金曜日の夕方、コモンズの研究会の打ち合わせでニューヨークのセントラルパークが話題になりました。マンハッタンにある340ha、外周9.7kmのこの人工の公園の管理費は年間25億、その85%はCPC(central park conservancy)という民間のNPOが集めているといわれています。

そしてその資金を提供するのは、セントラルパーク近隣の個人と企業だといいます。参加する市民ボランティアは400人。「公園が繁栄し続ける限りは周囲の不動産の価値は高まり、そこにビジネス機会も生まれ、都市は繁栄する。また豊かな自然環境によって健全な市民生活が保たれ、人々の日々の活力もここから生まれている」(agora
special may 2010から)。CPCとNPOコモンズは全く縁もゆかりもないですが、このキモチはとてもよく通じるような気がします。

この公園のデザインコンペが始まったのが1857年といいますから江戸時代末期。英国のハイドパークやパリのブローニュの森のような、都市住民が憩う公園がないというニューヨークの実情に対応したものと聞きます。わたしは縁あって、個人的にハイドパークもブローニュの森も歩いてきましたが、都市のど真ん中のオアシスという点では、どちらもすごい存在ですが、ブローニュの森のほうが、フットパスだらけの、よく歩かれている感じがしました。そして広葉樹が多くバルビゾン派の描く光景を彷彿とさせます。

北大研究林はこのふたつの都市林よりはるかにワイルドですが、わたしたちの苫東・勇払原野のフィールドは、さらに田園の中の放棄地ですから、原野に戻ろうというプレッシャーが強い野性味いっぱいのところということになります。今回の話題で、人々の憩いの願望、ミドリへの憧れ、というのを久々に思い出し、一稿したためることになりました。

写真はwikipediaから。クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
4




AutoPage最新お知らせ