山形の簡単料理「だし」  

昨日、刈り払いの仕事の合間に、山形の「だし」の話になりました。
山形のだしは、ミョウガやシソ、ネギ、ナス、キュウリなどの野菜を細かく刻んで和えたシンプル料理。猛暑の夏などは特に欠かせないもの。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A0%E3%81%97%E3%80%80%E5%B1%B1%E5%BD%A2&hl=ja&rlz=1I7GDNA_ja&prmd=imvnse&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=qRndT6b8HaLqmAWg8e2tDA&ved=0CGwQsAQ&biw=1065&bih=789

実家ではこれに「なっとう昆布」という超細かいガゴメ昆布のようなものを入れ粘り気をだして食べていましたが、一緒に作業した女性Tさんが山形の知人に聞いたものは、昆布は入れない、シンプルなものです。

http://cookpad.com/recipe/387861

早速わたしも家で昆布を入れないものを調理して、家人に出しましたら、「おいしい。でも昆布が入ったほうがおいしい」、子供は「なんかわからないけどおいしい」と珍感想。わたしは材料と気分に応じて使い分けるようかな、と思いました。

ミョウガ、シソ、ナス、ネギ。これを1mmを目指して細かく切ってオカカと
醤油をかけるだけ。お試しあれ。ベジタリアンになった気分。
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
4




AutoPage最新お知らせ