「神去なあなあ夜話」を読む  林とこころ

林業のお仕事小説というのだそうです。三浦しをんさんはその道の旗手らしい。
結論=抜群におもしろかった。そしてほのぼの。ネット社会の真逆、これこそ
リアル充実の世界かもしれないなあ、と思いながら読みました。。

書評にはこんな風にあります。

「三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐい迫ります。お仕事小説の旗手が贈る、林業エンタテインメント小説の傑作。」

そしてもひとつは、

「100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。 そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過ぎ、20歳になった。 山仕事にも慣れ、憧れの直紀さんとドライブに出かけたりもするようになったけれ ど……。 お仕事小説の名手が描く林業エンタメ第二弾! 秘密がいっぱいの神去村へ、よう こそ!」

お仕事小説といよりも、山の神様を描いた小説とも言える。そして「なあなあで行こう」と
いうメッセージ小説のような。

10年以上、一人で山仕事をしている間にたどり着いた、わたしの小さな
悟り、そして森羅万象とつながる幸せを、三浦しをんはなんとなく描けて
いる気がします。恐らく、山仕事をしているうちに到達するある感覚、
なぜ、それが可能だったのだろう…。

また、山(森)が、あの世とこの世の境目だと語らせる感覚も
わかります。古老に聞いただけではなかなかこうは行かないだろう
このことを、作者はどんな体験をして字にできたのだろう…。

小さな村の、隣近所のコミュニティでおこる日常の悲喜こもごもを
描ききっているこの本、わたしにとっては年末のボーナスだったかも。
今週初め、最後のあたりを朝の満員のJRのなかで涙ポロポロを隠さず読みました。

ついでに、「神去なあなあ日常」の文庫本を読み始めたところ。クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
3
タグ: 山ノ神 里山 林業




AutoPage最新お知らせ