男子小用考  林とこころ

築20年で、ウォシュレットを交換しました。そうしたところ、これまで7リットル出ていた水が節水で4リットル台に、そしてドアを開けると自動で便座が開くやつに代わって、雰囲気ががらりと変わった。

ものの流れは恐ろしい。我が家の女帝に、これからは男子も小水は座ってやるようにというお触れが出されてしまった。(-_-;) 男子に生まれた本懐を遂げられないのではないか、と力んだのだが、なんと、かなり清潔でこれも戻れないかも知れないと思うのだから、トイレの清潔志向というものにはかなり共通の接点が隠されていることに思いをいたした次第。

思い出したのが浴衣での用足しでした。旅館などで浴衣を着て小用をすると、あまり大きな声ではいえないが、便器の朝顔から飛沫が太ももや脛に飛んでくるのであった。これはとりもなおさず洋式トイレの男子小用でも同じ現象が起きているはずで、掃除する人たちは、それをよくご存知である。においも着くからアタリマエといえば当たり前。

だから、男子が立ったまま洋式トイレで小用を済ますのは大なり小なり汚穢のもとだったのは、男女双方とも自明だったのである。いわば時間の問題だったかも。要はいつまで見過ごすかどうか、だった。いつやるのか。今でしょ。今回、それがjust now とあいなった。

しこうして、掃除する側からの一方的な宣告には抗するすべがないのでありました。では、
あの、男子が立ったままでするカタルシス、小用、つまり立ちションはどこですればいいのか。公的なトイレットはよもや男子小用便器が撤去されることはないだろう。そうでなければ女子トイレのように渋滞が起きてしまう。

しかし、この際、本当に気持ちのいい、男子ならではの放尿を求めてみたい。それは、経験的に橋のうえや前が開けた自然であった。とすれば、いつか、男子は、ときどきは自分だけの山や林など、それらしいスペースをもちたい。所有しなくてもいい、植物に迷惑をかけない、浄化能力も十分と思えるそんな場所を創造し、それこそこれからのアジールと位置づけるのである。と、考えると家から追い出されたような気分になるから妙である。だが正直に言えば、小用のカタルシスを感じる歳でもなくなっていたことを思い出してガックリくる。

(今日は休暇をとってちょっと仕事っぽいことをした。その休憩タイムに)


雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
1
タグ: 生活 健康 衛生




AutoPage最新お知らせ