自然を謳うこと  林とこころ

俗に花鳥風月と言われる。

作家・松岡正剛(せいごう)によれば、これは自然のパワーを感取する

アンテナだという。わたしはこの説に痛く感動したことがある。「しかり」。

西行は4000の和歌を詠んだが、そのほとんどは自然風景の描写だった。

西行にとって風景を謳うことは、お経を唱えるに等しかったという。

日本の国土そのものが仏土だということに基づいている。

森羅万象のなかで人は生かされているが

いま、人々はアンテナを失い、自然を謳うことの頻度は著しく落ちたのではないか。

でも、わたしを含むごく一部の人々の間では、

花鳥風月から、加齢とともに失せてきた気をもらい、かつ理性ばかりでなく感性で

見ようとしている。

どうもそれが自然体というもののようだ、と割り切った。

そうか、それならばこれから先は流れに任せよう、と自然と相成る。




雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
1
タグ: 花鳥風月 感性 風景




AutoPage最新お知らせ