ウラヤマニストへの道  林とこころ

このところ、というか年中ずっと、というか、週末は広葉樹林にいて、

先月からはたっぷり時間をかけて道作りをしていましたが、

成果として写真のマップがようやくできました。

GPSという便利なものがありますから、衛星の電波で作った

道をトレースするのです。これで成果の一つはバッチシです。



もう一つの成果は、なんというか、ますますのウラヤマニストに

なってきたこと。これだけ長い付き合いをした森林、とりわけ

雑木林だからなんだから、もういい線きたかなと己惚れていたら、

どっこい小さな気づきはまだまだいっぱいでした。先がある。

これも道が増えて、林がより身近になった結果と言えます。

道。たまげたものです。



国木田独歩が「武蔵野」を書いたのは、意外にも29歳だったと

思いますが、ヘンリー・デービッド・ソローの「森の生活」も

たしかその年齢でした。が、こちらのおじさんは、彼らのように

森や里に興奮もすることなく、実に淡々としたものです。齢60をこえて

みないとわからない世界もやっぱりあるみたい。



どんなに素晴らしいと思ってみたところで、自分で日々通って

見ないとわからない世界は、文字で伝えることのできない、

自ら実践して初めて知ることのできるヨガのように

不立文字だといえそう。

大げさにいえば、生活すべてにつながっていく沙門系の

ような世界なんだと気づきました。

これは結構、深いものだと思います。 クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
1




AutoPage最新お知らせ