自伐型林業の問いかけ  林とこころ

地方再生の論議が盛んになってそれなりに「なんで今更」の感を

持つ人は多いはず。

そんななか、今注目されるのは自伐型林業ではないだろうか。

森林所有者が森林組合などに出していた林業の営みを、自前で

やるという、いわば当たり前の話であります。所有と施業を分け

大規模経営を標榜したのが国の「森林・林業再生プラン」のホネで

あるのに対して、これはその真逆。


当NPOが自然体で提案した「コモンズ林業」とかなりの部分が重なる。

他人(森林組合など)がやるものと決めてきたことを、自らがやる。

林業政策や林業行政ばかり栄えて、林業プロパーがすたれている

光景に気づいて久しくなりました。あの地方創生の石破大臣が、

先日の国会で自伐型林業を高く評価したようだ。地域の雇用の

ベースは、これから食料、エネルギー、介護ケアになるかもしれ

ません。


それに付随して放置された森林の利用だと思う。国土保全と、

木材供給という1次産業がエネルギーに結びつく。そこにちゃんと

したビジネスを興したいのだけれど、今は残念ながら余裕が

ありません。
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
0




AutoPage最新お知らせ