歴史の風化と玉音放送  林とこころ

玉音放送の現代語訳というのを実は初めて全文読んだような気がします。
かつて、近現代史を照らしつつ開戦の詔を呼んだとき、自分は何を上滑りな
歴史の勉強をしていたのだと反省し悔やんだのですが、天皇のこのお言葉も
70年を振り返るよすがとして、非常に重たい。かつ、自らの中に歴史の風化の
現場を見る思いがします。しかし、このなかにはすでにこれからの日本の指針を
みた気がします。


======玉音放送全文の現代語訳(江川達也)=======

私は深く世界の大きな流れと大日本帝国が今おかれている状態を考え
普通ではありえない方法でこのありさまを収めようと思い立って
こうして忠義の心を持った良民であるみなさんにお話しします

私は大日本帝国の政府に「アメリカ、イギリス、チャイナ、ソ連の4国に対して
4国が共同して要求してきた条件を受けるように」と言いました

そもそも大日本帝国の臣民のみなさんの健康と安心を守り
世界中の人たちと共に栄え喜びをわかちあうという願いは
天皇家の先祖たちが、昔からのこして来た生き方のおてほんなので
わたしもおろそかにせずいつも心がけてることなんですから

アメリカやイギリスに戦争をいたしますと言って始めました理由も
また実に大日本帝国が自分の力でなんとか生きて行くことと
東アジア地域の平和とを
いろいろと考え工夫してやって行こうとしたところから始まった事で

他の国の持っている権利をないものにしたりその国の土地を奪うなどということは
もともと私の心にはありません

ということで戦ってもう4年見て来まして
私の陸軍、海軍の将官、兵隊が勇気をふるって戦い
私のたくさんの役人や大事な仕事についてる人々が一生懸命働き
私の一億人の国民のみなさんが頑張り
みんなみんな最もいい働きをして尽してきたのに
戦争の状態は努力に応じて良くはなりません
世界の大きな流れもまた私たちに有利にはなってません
(和平交渉の仲介を頼んでいたソ連が条約を破って数日前に敵の仲間に
なって突然攻撃すると言って攻めて来た)

それに加えて敵は新しく作った残虐な爆弾を使って
(原子爆弾:広島・長崎に落とされた)
しきりに何の罪もないものを傷つけ殺し(赤ん坊から年寄りどころか木や
草や鳥や森や豚や牛までも殺戮)
惨憺たる被害が及んでいて、こんな事はほんとうに思ってもみないことで
こうなってしまった今変わらず戦いを続けるか
最終的には我々が地球上から消されてなくなるだけでなく
そこから人類の文明さえも破壊し焼き付くし捨て去ってしまう
このような状況になっていくであろうことは….

私はどの選択をして
一億一兆の赤ちゃんのようにかわいい子供たちを抱えて
天皇家の祖先の神さまの霊魂に謝ればいいんでしょう
と考えて私は大日本帝国政府に敵の要求をのむように言ったのです。

私は大日本帝国と一緒にはじめからおわりまで
東アジアの解放に協力してくれたアジアの国々に対して
申し訳ない気持ちを表さないではいられません

大日本帝国の臣民の中で戦争に参加して死んだり
職業に殉じて命を失くしたり天命をまっとうできず倒れ亡くなった人
そしてその遺族に思いをはせると内蔵が裂けるような苦しみです
しかも戦争で怪我をし戦争のわざわいをこうむり
仕事を失くした人の生活を豊かにすることに関しては
私が天皇として深く心を痛める所です

考えてみるとこれから大日本帝国の受けるであろう苦しみや災難は
いうまでもなく常識をはるかにこえ
みなさんのウソいつわりのない気持ちも私はよく知ってます

そんな状況でも私は時や運の流れに身をまかせ
「こらえること」が困難なことを「こらえ」
「やりすごすこと」が困難なことを「やりすごし」
そうすることでこれから続くこの国のいく万の子孫のために
戦争を終わらせ平和な世界を開きたいのです

私はこうしてわが国のすがたを守りたもっていられますし
忠義と素晴らしい能力に溢れたみなさんの赤ん坊のような誠の心を
信じてそれを助けにしていつもいつもみなさんのそばにいます

もしかして激情にかられみだりに何か事件の発端を
開こうとしきりに動いたりあるいは仲間をおしのけたりおとしいれたり
たがいにこの苦しい時を混乱へと導き
それによって人としての大きな道をそれて
世界からの信用をうしなうようなことになることを
私はいちばんいましめます

ちょうどいいころあいで国のすみずみまで一家子孫お互い伝え
しっかりと神のくにの不滅を信じてまかされたことは重く
道は遠いと心に念じすべての力を将来の建設に傾け
人の道や義の心をあつく育て変わらないこころざしをかためて
かならずわが国とは何か?
ほんとうの 本質の国の華(はな)
精神の神髄をふるい立たせ世界の進歩や運のいい国に
おくれをとらないと心に刻むしかないのです

みなさん
これをよく私のおもいを体現するのです

==========(引用訳、おわり============

(終戦の詔勅−玉音放送−江川達也訳)※読みやすさを考慮して編集部にて改行の調整をいたしました。
→ふたたび草苅が連結、再改行をしました。本文は下記から。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150815-0001000...

さらにさかのぼること4年、「開戦の詔書」は下記。
http://www.geocities.jp/taizoota/Essay/gyokuon/kaisenn.htm

戦後、マッカーサーは、日本の開戦が自衛のためだった、と米国上院の軍事外交
合同委員会証言したことは意外と(そんなことでいいのか)知られていません。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1...

昭和天皇の切々たるお言葉は、日本の近現代史を学べば学ぶほど明治以後の日本の
足取りを彷彿とさせると同時に、もっと歴史を学べ、という教えに
つながっていきます。
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
0
タグ: 終戦 近現代史 天皇

近現代史を学びつつ聞く日本の発信  林とこころ

14日、安倍首相が戦後70年の談話を発表し敗戦記念日の昨日は天皇陛下が「お言葉」を述べられた。簡明な言葉の中に含まれる歴史が重たい。内外に緊張感を増す中の2015年の夏は忘れがたい年になりそうだ。

それだけ国の根幹にかかわる難問を抱える昨今ですが、そんな折に、わかりやすい視点で日本の近現代史にコミットしている一人が、意外にも田原総一朗氏ではないかと思います。

かねてより国内外の大物実力者と接点を持ちジャーナリストとして遠慮のない激論を厭わず切り込むのを常としてきた方だから当然ともいえますが、発言の背後の情報と視点の確かさが光る。この一年だけでも、渦中の人・百田尚樹氏との「愛国論」、猪瀬直樹氏との「戦争・天皇・国家」と対談集が熱かった。特に後者の中で猪瀬氏は戦後日本をディズニーランド」だと表現。警備は米国にまかせて「過激な世界情勢にはなるべく関わらずに、一国だけの夢の国のような平和を享受してきたこと」を指している。昨今の日本の揺れは、夢の国の「夢」からどうさめるのかという自問自答に関わっている。日本の近現代史はこれからのための壁のような土台だ。合掌

クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
0
タグ: 近現代史 談話

地域と積極心  林とこころ

ここにきて地方創生の声が大きい。いつだって地域振興は大変なテーマだったが、
やれ人口減少だ、自治体は消滅する、などの評価が、地方をもう一度活性化せねば
消える、という危機感を国から持たされ、不安があおられる。
しかし「消えやしない」というオピニオンリーダーもいる。

真偽はわからないが、地域は人材で支えられてきたことは確かで、それをうちで賄うのか、
そとからクリエイティブクラスを呼ぶのかは土地の事情で異なってくる。往々にして
外からとなるが、それを国の交付金でやってあげる、というのが「地域おこし協力隊」だ。
しかも、失敗(途中でやめたり、定住できなかったり)してもとがめられない。

平成20年度にスタートしたこの制度、狙いは明確な割には、成否がいろいろと
わかれる。その原因や背景にあるのはなにか。ミスマッチ、期待のギャップ、特に
受け入れ側の期待するところはなにかも聞いてみたい。

8月6日、旭川の北隣の和寒町で、この地域おこし協力隊員等で活動している方4名を囲んで
ちいさな研究会をやった。その内容を委員の東村さんがfacebookに投稿された。↓

ちなみに26年度で協力隊員は全国1500人ほどいてその15%が北海道で活躍している。

====以下、東村さん======

4つの町の地域おこし協力隊の本音のお話@オーガニックコーヒーと雑貨nido/和寒

昨日、開発協会研究所でもう5年続けている地域ケイパビリティ研究会〜これからの地域運営は”地域おこし協力隊”に何を学ぶべきか〜が和寒で開催された。

下川、和寒、美深、士別の4町の地域おこし協力隊経験者や現役の方を招いての本音で語りあう小さな勉強会。
場所は自らも地域おこし協力隊として和寒にこられ、2年前この町でオーガニックコーヒーと雑貨のカフェを起業された中野夫妻のお洒落な店。
今ではこのカフェ目当てにお客様が和寒に訪問するほどの人気店であると同時に町のコミュニティーカフェとして定着しているという。


話して下さった隊員はこの中野さんはじめ(30代)、元大手オーディオメーカーの方、大学をリタイアされた土壌学の先生、そしてこの春 畜大を卒業された女性と20代から60代まで出身も職歴も動機も見事に千差万別、共通していたのは選んだ町の人達と自分のスキルや思いを重ねて働きたいの一点。

地域創生の言葉が飛び交い、従来の発想を超えた具体的なアクションが地域に求められている時、
その町の人だからできる事、逆にその町の人だから出来ない事。
しがらみを飛び越えて動き出せる発想や行動は、隊員のみならず、迎える側の意識や体制の変革も求められている。

それぞれのレクチャーが終わってからの町長を囲んだ熱いカフェ談義、思いを持ち実際に動いている人だけの本音の話し合いには、アリバイ的なWSや形式的なファシリテーションスタイルを超えた熱に包まれていた。

最後にカフェのマダムが漏らされた さり気なく深い一言が、見事な方向を示してくれた!

「(私たちは)基本的にやりたくない事をやらないと心に決めてるんです」
「(だからこれからの町おこしは)困っている事を原動力にするより、やりたい事を原動力にしたい」

============クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
0




AutoPage最新お知らせ