わたしのソウルフード  土地の魂


映画「かもめ食堂」で主人公役の小林聡美が「だっておにぎりは日本人のソウルフードでしょ」と語ったのを印象深く思っている人は割と多い。

わたしは時々、ハスカップの塩漬けを真ん中に入れたおにぎりを、自分で作ったり作ってもらったり、買って食べたりしていますが、ハスカップのおにぎりは、どうも勇払原野のそばに長く住んでいる人にとっての、まがいのないソウルフードではないかと思っています。

なんというか、ハスカップは毎年待ち望んで食する人だけの「文化」に昇格していて、そのシンプルさと味に感動するのであります。そしてそれを感じる人々の間の静かな人気。

今日の昼は家内に作ってもらったそれを一個、楚々と食しました。

2月20日のハスカップを語る座談会記録(苫小牧民報)がとてもよくまとまっていて、読みながらつい、ソウルフードのことを書きたくなりました。

http://seinen-kishukusha.com/280310zadan-tomamin.pdf



クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
0




AutoPage最新お知らせ