今をひもとく人  林とこころ

グローバリゼーションの功罪と仕組みが暴露されてきた。メディアが出すこと

出さないことの偏向も暴かれてきて、なんだ、自分で勉強しないと間違った

視点が埋め込まれるところだった、と一介の市民が気づく時代になった。

トランプ大統領の選挙の顛末は、目から鱗の出来事だった。そのあたりをさらに

深くえぐって見せる人に馬淵睦夫氏がいる。元ウクライナ大使である。初めて

出会った本は『アメリカの社会主義者が日米戦争を仕組んだ』。次に

『反日中韓を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!』。そして

『和の国・日本の民主主義』『2017年世界最終戦争の正体』『アメリカ大統領

を操る黒幕〜トランプ失脚の条件〜』と続く。その間に、日下公人氏との

対談『ようやく日本の世紀がやってきた』と雑誌「致知」に掲載された

渡部昇一氏との対談『世界動乱の艱難を磨き砂とせよ』を読んだ。これは

圧巻対談だった。日下氏がずっと言ってきた「日本の時代」「日本の世紀」

がくるなどとはまさか、と思っていたら、まさかでなくなってきた。

伊勢志摩サミットで各国首脳が伊勢神宮にお参りした時の手記に

それが濃く匂う。大変な時代に入ったようだ。

ちなみにその時の各国首脳の一言は下記。

=======伊勢神宮HPから=======

26日午前、伊勢志摩サミットの開催に先立ち、伊勢神宮内宮(皇大神宮)を表敬

され、G7各国首脳は今回の印象を次のように記されました。

■アメリカ バラック・オバマ大統領

原文:It is a great honor to visit this sacred place, which has brought comfort and peace to generations.
May the people of the world be inspired to live together in harmony and understanding.
仮訳:幾世にもわたり、癒しと安寧をもたらしてきた神聖なこの地を訪れることができ、非常に光栄に思います。世界中の人々が平和に、理解しあって共生できるようお祈りいたします。

■フランス フランソワ・オランド大統領

原文:Dans ce haut lieu de spiritualité, où le Japon prend sa source, s'expriment les valeurs d'harmonie, de respect et de paix.
仮訳:日本の源であり、調和、尊重、そして平和という価値観をもたらす、精神の崇高なる場所にて。

■ドイツ アンゲラ・メルケル首相

原文:Im tiefen Respekt vor der engen Verbindung des japanischen Volkes mit seiner reichen Natur, die in diesem Schrein ihren Ausdruck findet.
Mögen Deutschland und Japan Hand in Hand dazu beitragen, die natürlichen Lebensgrundlagen unseres Planeten zu sichern.
仮訳:ここ伊勢神宮に象徴される日本国民の豊かな自然との密接な結びつきに深い敬意を表します。ドイツと日本が手を取り合い、地球上の自然の生存基盤の保全に貢献していくことを願います。

■イギリス デービッド・キャメロン首相

原文:It is a great pleasure to visit this place of peace, tranquility and natural beauty as we gather in Ise Shima for Japan's G7, and to pay my respects as Prime Minister of the United Kingdom at the Ise Jingu.
仮訳:日本でのG7のために伊勢志摩に集うに際し、平和と静謐、美しい自然のこの地を訪れ、英国首相として伊勢神宮で敬意を払うことを大変嬉しく思います。

■イタリア マッテオ・レンツィ首相

原文:Grazie per la straordinaria accoglienza in questo luogo carico di storia e di suggestione. Che sia di buon auspicio per il Giappone che ci ospita e per tutti noi per costruire con piu' vigore le condizioni della crescita economica e della giustizia sociale, mantenendo viva la dignita' dell'uomo.
仮訳:このような歴史に満ち示唆に富む場所ですばらしい歓待をいただきましてありがとうございます。主催国である日本と我々全員が、人間の尊厳を保ちながら、経済成長及び社会正義のための諸条件をより力強く構築できることを祈念します。

■カナダ ジャスティン・トルドー首相

原文:Que l'harmonie de Ise Jingu renforce notre engagement à bâtir un avenir empreint de paix et de prosperité.
Let the harmony of Ise Jingu reflect our desire to build a prosperous and peaceful future.
仮訳:伊勢神宮の調和に、繁栄と平和の未来を創るという我々の願いが映し出されますように。

■EU ドナルド・トゥスク欧州理事会議長

原文:A place of peace and reflection. And a deep insight into Japan. Thank you!

仮訳:静謐と思索の場。そして日本についての深い洞察。どうもありがとう!

■EU ジャン=クロード・ユンカー欧州委員会委員長

原文:Je m'incline devant les traditions qui furent et les performances qui sont.
仮訳:この地で目の当たりにした伝統と儀礼に敬意を表す。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0

改めて林住期からのデザイン  林とこころ

古代インドの男の人生の区分「四住期」が世間離れしていながら、

かねてから興味深いと思っていました。五木寛之氏が「林住期」という本でも、

軽く書いていたものです。師につい(バラモン教の聖典を学ぶという「学生期」、

自立して一家の主としての「家住期」、孫の生まれるころすべてを捨てて

森に棲む「林住期」、これは自然と向き合って自分を見つめ直すらしい。

そして最後の「遊行期」は執着を捨て解脱に向かえ、と教える。人生80年時代の

わたしの今を当てはめれば、長い林住期から遊行期に移行するあたりか。

このごろ、自分の人生後半のデザインをどうするか、つらつら考えていたところ、

このものさしがやや無責任ながら羅針盤になると思えてきた。で、風土と歴史などに

もっと深く付き合いたいという願望が素直ににじみ出てきた。そしてその延長に

やはり薪のある暮らしが浮かんできた。山小屋だけでの実践にとどめてきたのは、

広葉樹保育のボランティアでもあるため、他人には提供するが実は自らには封印

しておく必要があったからだ。そうしないと、お手盛りの、薪欲しさの活動に

受け止められかねない。

しかし積極的な解決方法も思い当たるから、この際、この封印を解こうという

気になってきた。こうなるとまた、目の前が開けてきて新しい世界が見えて

くるから不思議だ。林住期から遊行期に移るころ、自分で手掛けた薪を焚いて、

その炎を眺めながら解脱し、恍惚となっていくのでありましょうか。なんと、

世俗的な願望であることか。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0
タグ:  雑木林 暮らし

ポリティカル・コレクトネス  林とこころ

もう昔の話になりますが、「カメラマン」が男女差別に当たるとして

「フォトグラファー」に代りました。私たちにはほとんど無縁の趣の

あるこれは、米国でクリスマスという表現がキリスト教以外の宗派への

配慮で使えなくなったり、近年では性同一性障碍者のためにトイレの

男女区別をなくすなどという極端さに現れてきているらしい。

日本でも、人権、民族差別につながりそうな言葉は表向きに使いにくい

ものになってきつつある。


しかし、どうだろう。今回のトランプ騒ぎの発端の言動の背景には、

米国民の多くがこれらP・Cの跋扈する窮屈さに心底うんざり、どころか

内心猛反発しているのも背景のようだ。そんな構図が見えている。

グローバリエーションなど糞くらえ、難民は受け入れより内国民重視だ・・。

ネットで広がる新たな帝国主義・マルチチュードの概念を垣間見たり

するにつけ、グローバリゼーションの功罪の罪の方を強く意識する。

また、背後の存在を見極めるのも重要だ。心情的には内向きに親近感が強い。

激動の振幅が増す世界。歴史を振り返りつつ、内と外を注視しなければ。




雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0




AutoPage最新お知らせ