苫東方式の提案  林とこころ

勇払原野の一角を占める苫東の緑地は、どう扱うべきか。長い間、官民の関係者の

間で懸案になっていたこのテーマについて、ここだけのオリジナルな手法を「苫東

方式」と名付けて、土地オーナーの緑地検討会において提案しました。

11月20日に開催されたもの。

広大な、しかも多様な植生を対象に、メリハリをもって、しかもアセスメントの

目的に沿った形で、最大限利活用することをめざすもので、地域参加の一環で

コモンズの概念導入も重要になります。植えない緑化や森づくり、近自然森づくり

など、林業行政とは一線を画したwordingになりました。


40p余りの資料を作った後に、まとめの言葉として何がいいかを思案した結果、

「適地・適木・適作業」という言葉を思いつき、締めのページのタイトルに

しました。会社にしてみれば、わざわざ手を染めるには面倒で、マンパワー的

にも不足している分野であり、かつ、ディベロッパーの業務としては傍系としか

見えない付加価値づくりですから、そのコーディネートなどやりたがらないし、

やるべき仕事ではないでしょう。こんなことをしなくても十分土地は売れている、

という現状もあるでしょう。


それでもなおかつ、プロジェクトの未利用の隙間を埋めていくためには、

やはり、多様な担い手をつなぎ、風土という社会的には共有の資源を、

一定のルールで活用していくというのが、道だ、と説いたわけですから、

経営者はドン引きしたかもしれません(熱心にお聞きいただいたのですが)。


経済の当事者と、風土をいとおしく思うネイティブは違うのです。

経済と風土保全の間にできる隙間は、コモンズを試行する者たちが分担する

必要があるとわたしは思うのです。


経営者が二の足を踏んでも、若手職員はこれから「苫東方式」の肉づけを

したい、と言います。なにか、伝わったのでしょうか。「地域開発」が地域の

社会的共通資本=風土に謙虚に、そして大切に扱うべきだという

ミッション性を、昔から感じていた同志なのか。個人的にはそう推察し、

これからも淡々とマイメソッド&「マイウェイ。

(画像はわたしの説明資料PPT)


クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0




AutoPage最新お知らせ