霧の中の樹林気功  林とこころ

主催者泣かせの霧でした。
45人、この霧の中で1時間半の樹林気功をしました。

小山内講師の今回の演目野テーマは脊髄。「小密所」という言葉を何度も
使われました。

で、霧。普段なら、厄介者なのに、気分を一新して、

ミネラル豊富
タラソセラピー
マイナスイオン
快晴よりずっと光線が優しい

などと言い合っているうち、帰る頃は
「山も湖も見えなかったけど、とてもよかった」と。クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ