担い手の不均衡  社会

先週の中日、札幌で行われた有料で参加するフォーラムの、最後のワークショップでファシリテータをして気づいたこと。
(フォーラムは環境・森林系で全道から行政含め80人が参加)

1.地方には森をつくるという現場NPOはほとんどいない
2.だが、こんなNPOを支援する中間組織が札幌にたくさんある
3.中間組織がまだ各地の担い手をつなげていない

札幌の中間組織は、つまるところ、ソーシャル・キャピタルのように都市に
蓄積された特典にも見えますが、情報やネットワークに恵まれた都市だからこそ、
とも言えましょう。

各種助成などにしっかり反応したグループがいち早くNPOなどを立ち上げ、
時にはそのマネージメントは事業型NPOの足しにもなるのかもしれません。

一方、手仕事の現場は、人気がない、というより人数の絶対数が足りない。
嗜好の多様性ゆえ、でありましょうか。現場こそ手応え十分なフィールドなのに
残念なことです。住んでいる地域の足しになるアクションを起こす満足は、
格別なものがあると言いますし、事実わたしもそう感じてきました。

都市でも地方の各地でも、身近な自然、たとえば町内の裏山などとなると
改善の糸口が見えない。地方の「豊かな自然」は、量だけで、名ばかりになって
しまっている。林業がないからで、また木材を利用する工夫もできていないから
です。その点、下川町は隣地の残材を100kg500円で買い取っていることを聞き、
ちょっと驚きました。

なにか、現場と中間支援のつなぎ手の構図を考えさせるフォーラムでした。

英国のBTCVが、担い手の教育、職業訓練を、このような欠如を補うシステムとして機能していることを知ったのは20年前。北海道の環境ボランティアの出口は、こんなところ、つまり教育プログラムを行政よりてっとりばやく作ってしまう、というあたりにもあるのではないか、という気もしました。

雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ