天命のようなものに気づく意味  家族

わたしのように還暦を過ぎた同年代以上の方に聞いてみたい気もする
のが、「天命みたいなもの」の自覚。いろいろなものが段々つながって
きて、「あ、そうか、オレはこのためにうまれてきたのか!」というような
ことにはっと気づくことがこのごろあるのです。そんなことはないでしょうか。


齢を重ねると失うものと同時に得るものもありますが、いろいろな感性が
鈍り無駄な気苦労もそぎ落とされて、結構身軽にもなってきます。最近は
、壊れかけた携帯ラジオから聞こえる音楽に、メロディーラインを判別
できないようなこともあります。

ちょっとした難聴が昂じたのか、会議の話題を的確に追えないようなこと
もあるから、深刻と言えば深刻。

おとといは朝から雪だったので、パジャマ姿で一日座ったまま雑務を
していたら、昨日今日は腰が苦しくて席にいるのがつらい状態。

ああ、それなのに、です。

そうして残された時間と、これまでしてきたことのひと塊をながめて
あるものが見えてきます。ちっぽけな足取りしか見えないけれども、
あ、オレの人生はこのあたりに焦点があったのか・・。そうかそうか、と。

これは小さな悟りみたいなものです。こころに映るよしなしごとが、なべて
空なのだ、などと背後から自分を眺めたりもできるのです。

こんな感じで死ぬまで生きていくのでしょうか。だとすると、人生はなかな
か素晴らしいものではないでしょうか。後半にご褒美があるなんて。
すくなくとも、人生、この程度の長生きはするものです。感謝の気持ちで
これからがまた楽しみ。

さらに考えてみると、それでいい、それで良かったという肯定は、上昇や成長を
あきらめた結果の妥協とか、逃避を連想させ、ひいては衰えの象徴
とか、あまりいい意味で使われません。己(の欲望)に勝つようにいつも
教えられてきたわけです。しかし、わたしたちの煩悩を解くカギはここに
あるのではないか…。

ようするに年金生活の手前にあたりにさしかかると、いつまでも否定ばかりもでなく、
ほどほどに意味を見いだして自分と手打ちしなくちゃならない
のかも。賢人の唱えた「天命を知る」という段階を、こんな風に理解すると著しい
曲解だと怒られてしまいそうですが(笑い
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
2
タグ: 天命 自己否定 加齢



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ