森の管理を設計する  林とこころ

大学の森林科学の研究者をアドバイザーにして、環境系の技術士3人の合計4人が、

NPOの森のとりあつかい方向を議論した。林の中を歩きながらの検討も含めて

今季5回目になる。日ごろから、自分のフィールドをもち、自ら積極的に自然に

働きかけ観察も怠らない4人ならではのコメントがだされ、いずれも謙虚な発言が

続く。



なにか、森林という自然のオーラのようなものに感化されるのだろうか。自然な

語らいのうちに、かなりドラスティックでプロアクティブな方向に近づいている。

そこには、地域みんなの財産である森林を扱うことの責任、もっといえば、

something great からの信託のような風を、わたしは嗅ぎ取る。





クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ