チェンソー技術のスキルアップ  林とこころ

林という自然を美しくするにも、そこからエネルギーを得るにも、木というものを一本ずつ切りながら林を持続して育てなければならない。

「伐る」あるいは「切る」。そのベースとなるツールはかつては斧、のこぎり、今は普通はチェンソーと相成った。そのチェンソーとは高速度回転するまぎれもない刃物であり、チェンソーを使った伐採で毎年のように、林業者の労災事故ニュースが耳に入る。

わたしたちは、週末きこりの素人としてプロを意識してこのツールを扱う。だからこそ、毎年毎年、1度といわずチェンソーと伐採の初心に帰る。今日はシーズン初め、座学からテクの基礎、応用まで手掛けた。これから来春の4月まで毎週山仕事は続く。


クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ