言葉選びと感性鈍磨に思う  芸術

大分前から、機知にとんだ言葉はとんと出てこない。
おそらく外からの声も心に響いていないかもしれない。
感性がやせ細っているだろうからそれもまあ仕方がないと思い始めて久しくなった。
鈍感の世界に入り、逆に鈍感の幸せを感じることもままある。
感性にカスミがかかり、結果、感情の抑揚のないのもいい、なんて。

これは同世代に共通する感覚だろうか。そんなこんなの思案をしていると、自らのホームページでありながら語りかけるに値する言葉すら失ってしまいそうになる。
毎日、コンパクトにナニカを書くというのは楽しくもある反面、能力不足を痛感。


そうだ、時々の素直なつぶやきと割り切ろう。
かっこいいキレのある言葉探しは、「努力目標」ということにしておこう。

そこで、ここのところ、気になっている空海の言葉を記すことにします。

これは雑誌「致知」11月号に連載されている矢山利彦氏の「空海の言葉に学ぶ生き方のヒント」(連載15)で見つけたものです。

『生死はすなわち涅槃、煩悩はすなわち菩提』
(生き、そして死ぬことがそのまま安らぎであり、煩悩がとりもなおさずさとりである)・・。
矢山氏は上につづくリードで「空海のこの深遠な教えを童話という形で表現しているのが
宮沢賢治の『よだかの星』である」・・と興味深い解説をしています。(以下、略)


深い深い肯定ともとれる一節。一歩一歩、学び、道を探り、死ぬまで続ける、それで十分OK・・・という風にも取れます。

昨今、道徳資本の調べモノをしており、「山高きをもって貴しと・・・・」の実語教を
手にしますが、あの元は空海(弘法大師)が1000年前に作ったとされています。
また、コモンズの研究で話題になるスリランカのため池を日本で実践したのが弘法大師の
満濃池だというのは有名な話。

ここへ来て弘法大師と触れる機会がこんなに出てきたことは全く予想しないことでした。




雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
1
タグ: 言葉 弘法大師 感性

嵐山光三郎の「文人暴食」  芸術

なごみの一冊。どうも右の脳がくすぐられるような快感あり。

さすが、嵐山先生。淡々と鋭く、普段知ることもできない私生活をえぐって見せます。驚いたことが多すぎて、忘れてしまった。その中でも印象に残っていること。

・酒乱がごろごろ
・特権か希求のように牛肉をよく食べている
・うまいものは自分だけ食べている。けっして奥さんや子供を共にしないムキあり。男尊女卑
・小泉八雲はいつもカネカネカネと行っていた。当時の常套様式で妾を囲おうとしたら女性が上手で正妻になってしまった(つかまった)
・漱石は偉かったこと、門弟の実力評価をよくしたこと
・生きるための闘い、ストレスさぞや
・金勘定と無心のシーン。基本は貧しかった

要は食べ物、飲み物から人となりを覗くと、意外な面が見えるということか。

評者は「お箸とお茶碗の秘め事」「お銚子と杯の戯れと相克」と。その秘め事の意味深さは、時に人間の見方を転倒させる。すごい。
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
3

布草履をいただく  芸術

山仕事の仲間の先輩女性に、ペアの布草履を頂戴しました。
早速、裸足ではいてみています。これがあたたかい!
板の間なのでいつもスリッパを履いていたのですが、全然感触が
違います。で、板の間を歩いても音はありません。

この、布の感触、しばらく、楽しめます。洗える、というのもエコ。
クリックすると元のサイズで表示します
6

桂文珍の笑いの芸  芸術

先日、札幌市民ホールで行われた桂文珍の独演会に、家内と行ってきました。ホールが新しくなって初めてだったのですが、大分こじんまりした会場とはいえ、満員。久々の落語です。

演目は、蔵丁稚、そこつ長屋と、口開けにもうひとつ、これが思い出せませんが(-_-;)、やや古典に近い出し物が、文珍独特のまくらの語りで、まったくもってリフレッシュされています。

テンポラリーなニュース、たとえば鳩山さんが多額の「こども手当」がもらえていいな、などというエピソードをどどどとまぶしていくわけですね。

自在に、聴衆を笑いに引っ張り込むあの才はうらやましい、一度はやってみたいものだと、野心をいだきました。(笑い)

計算されたように要所要所にまんまと笑わされ、家内と声をだして笑ってしまいますが、前後左右はずっと控えめ。左前の「笑わぬおじさん」には、ついに振り向かれてしまいました(^_^;)マイッタ

文珍の笑いはすこしひねりをつけるのが特徴でしょうか。たとえば、犬を連れた婦人が寿司屋に入る、当然店主は嫌がる。

店主 「困りますね、豚を連れて来ちゃ〜」
婦人 「いえ、犬なんですが。」
店主 「オレは犬に言ってんだよ」
    ……
0




AutoPage最新お知らせ