2009/10/3

お月見と10月のワークショップ  

今日は旧暦の8月15日、十五夜、中秋の名月ですね。
昨日までのお天気で、今年はお月見ができないかな・・・
と思っていたら、
なんとも思いがけずきれいなお月さまを見ることができました。
澄んだ空に青白く輝くお月さま。
すごくエネルギーをもらえそうな気がしてきます。
今年もお団子とすすきと栗をお供えして、
子どもたちとお月見をしました。
旧暦8月((新暦)では9月ごろ)は、北半球では太陽と月の角度が観月に最も良い時節(明るい)だそうで、今の時期は一番月がきれいに見えるし、昔の人がその月に何らかの力を感じ、今年の収穫を感謝し、来年の豊作を祈った思いもなんとなくわかる気がします。
この季節は古くから一番重要な作物である米の収穫の時期でもありますからね。
今の私たちには、そんな思いからはかけ離れた生活になってしまっていますが、
そういった感謝を忘れてはいけませんね。
うちは森町の農家さんから毎月お米を届けてもらっているのですが、
暑い中稲刈りをしてくださり
先月から新米を届けてもらっています。
顔の見える関係でこうやって食べ物をいただくことができるだけでも幸せなことです。

お月見には「十五夜」と「十三夜」とあり。どちらか一方の月見だけをすることは、「片見月」として嫌われたそうです。今年の「十三夜」は10月30日です。

ということで、前置きが長くなりましたが、
フェルトのワークショップ、10月から再開します!

ひつじ工房*たま*の羊毛フェルト講習会
           ひつじcafé 
   オーガニックのおいしいお茶もお楽しみください。

     針フェルト「お月見うさぎ」
秋は空気が澄んで、お月さまがとても美しく感じますよね。
今年のお月見は、お月見だんごの横にちょこっとフェルトで作ったうさぎをおいて楽しんでみませんか?
クリックすると元のサイズで表示します
●日程:10月 18日(日)14:30〜17:00
●場所:スパイス・カフェ・ビージャ
(ミーティングルーム)
  浜松市中区富塚町449-1(杏林堂富塚店さんを
   佐鳴湖方面へ約50m、美容室かぐや姫さん隣り)
●料金:各回¥2.000(材料費、お飲物とお菓子代込)
●持ち物:ニードル針をお持ちの方は持参してください。
*お持ちでない方はこちらで用意します。(1本\100。)

●ご予約&お問い合わせ 
ひつじ工房 *たま*
tel : 080-3664-5089(講師:大森恭子)
e-mail : tamachan_hituji@yahoo.co.jp

今回、都合でワークップが十五夜に間に合わなかったけど、十三夜はぜひフェルトで作ったかわいいウサギとともに・・・
作品は初心者向けに手足のないタイプです。
初めての方でもわかりやすくお伝えしますのでよろしかったらご参加くださいね。

尚、11月はグループ展「どろんこ羊展」準備のため、ワークショップはお休みします。
12月はクリスマスに向けて天使を作る予定です。
画像は近いうちにアップします。

ところで、十五夜って満月じゃないんですよね。
満月は明日です。
より一層うつくしいお月さまを眺めることができるでしょうね。








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ