2004/8/21

青森県青龍寺 昭和大仏開眼二十周年記念コンサート  コンサート情報
昭和大仏開眼二十週記念 本谷美加子コンサート
    (あのオカリナの妖精がやってくる)

2004/8/21 18:30〜20:00
青森県青龍寺五重塔特設会場

ギター:高木潤一
チェロ:三枝慎子
ベース:福田リョウ
パーカッション:貝増直樹

曲目
1.今、祈りの中で
2.QUITO
3.コンドルは飛んでゆく〜花祭り
4.たんぽぽぽ
5.へんろ道
6.華
7.砂漠の道
8.喪失
9.四万十川
10.鳥のうた
11.小鳥のワルツ
12.小鳥
13.Galoche
14.NIÑOS
15.大地の旅

(アンコール)
陽気なヨッパライ

本谷さんのコンサートで今回も自然をテーマにしたトークがあり人間は自然から
遠ざかると健康でなくなる
大地(穀物)、体(穀物を食べる人間)、オカリナ(土笛)とすべて土(大地)に
つながることから裸足で舞台に立つと言ってました。
けっして靴を忘れたのではないそうです。
ちょつとしたハプニングでへんろ道の演奏が終わった後本谷さんの胸元に虫が
止まってあわてて払いのけていました。
天候は、台風一過で、これ以上ないコンデションでした。
本谷さんは、実は去年も一度青龍寺を訪れていて五重塔の一番上まで特別に
上がらせてもらったそうです。

(以上、現地報告は陽気なヨッパライさん(四国高松)からでした。貴重な情報を
ありがとうございました、そしてお疲れさまでした)

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ