2007/1/31

生活圏。  日記

先日。実に、2年ぶりに新幹線に乗りました。向かった先は、東京。ちょいと野暮用で。

そういえば、京都に引っ越してこの2年間、全く関東、っていうか、名古屋以東に行かなかったなあ。こんな日々は、実に、高校卒業以来の事。
毎年毎年、渡り鳥のように欠かすことなく実家と関東の間を新幹線に乗って往復していたというのに。

久し振りに京都駅で新幹線のホームに佇み、あの不思議な空気を吸い込む。そう。新幹線のホームには、不思議な高揚感があるのです。なんというか、私にとっては、「闘いのスイッチが入る場所」。プロレスのゴングがなる瞬間、とでもいいましょうか。

でもって、停車している新幹線の車体を見ると、条件反射で、TOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」の曲が浮かんでくる。ううっ、泣かせるぜっ(とひとりで感傷に浸る…)。

指定席車両に乗り込む。20代の頃は、もっぱら「自由席デッキ座り込み」でしたね。ちゃんと旅行鞄の上に座ってもいいように中身を整え、立ち込めるタバコの匂いにくらくらしながらひたすら本を読んで耐えていた2時間半。

息子さんに逢いに行くおばあさんの話し相手になったり、たまたま開いた席に同時に座ろうとしてしまったダンディなおじさまと、譲り合いの末交代で座ることに、なんて、ささやかなドラマもありました。今ではタバコの匂いもなく、隣の人としゃべることもなくなりましたね〜。

進学の時、就職の時、涙ぐみながら乗り込んだ時も何度か…あ、連れを初めて実家に連れて行った時ってのもありましたね。新幹線って、いろんな思いのタイムカプセルのようです。

地方出身者が多かった同僚たちもよく言っていました。「実家の駅ではまだ家のぼ〜っとした気分を引きずっていて、富士山見てああ、そろそろ頭おこさなくっちゃな、って思って、熱海でさて、やらなきゃな〜、で、品川のアナウンスで、あ〜、いつもの日々に帰って来ちゃったなあ、って、あきらめが付くのよね〜。」

さて、久しぶりの東京。到着のチャイムも相変わらず。品川のカーブに入るにつれ、小学校の頃はじめてビル群を見た時の遠い昔を思い出します。「木と家の比率が逆転してる…」!あれもこれもそこもかしこも、ビルのライン、ネジの1本1本まで、ここに目に見えるすべての「人工物」はみんな誰かしらがデザインしたもの…。人間とは、なんと恐ろしいパワーを持っているのだろう…。そして、ここにも人は住んでいる。

街はあいかわらずで、歩道脇の植物達は、埃っぽくてちょっと元気がなさげでした。木々の厚く重たい葉。ああ。黒い土だ。そうそう、この色。それでも、頑張って生きてるんだよなあ〜。S先生の言葉を思い出す。「あらゆる生物は、なぜか最適な環境よりもちょっと不便なところで生きているんだ。そうして、他の様々な種族と関わりあいながら、安定した生活圏を確保する。」

夜の11時過ぎても人込みの絶えない山手線。用事を済ませ、やっと帰って来た京都嵯峨野線のホームは、夜の10時でもう歩いているのは私と他に2、3人だけ。う〜ん。空気が綺麗だ☆。

☆今日のちび庭気温: 1〜12℃ 寒い京都も、0度以下に、なりませんねえ。ありがたいことですが。ほんとに亜熱帯化したかな。(^^;)
0
タグ: 日記 生活 

2007/1/18

春のような?  京都

クリックすると元のサイズで表示します
お正月前のお庭のお手入れで忙しかった年末がウソのように、年を越すと、ぞーえんやもペースダウンします。施工であれば動いても暑くならない今時は有難いところですが、個人宅のお手入れには、雨が降ると苔庭ではどろどろになってしまうので、毎朝毎晩空のご機嫌も伺いつつ。

それでもぼちぼちとお仕事も始まり出したこの数日。良い天気でしたね〜。去年とは比べ物にならない暖かさ。確か去年の今頃は、雪を払い除けながら松のお手入れをしていましたっけ。冷え性の庭主には、ありがたい限りです。

お手入れをしていても、なんだかもう、春一番が吹きそうな感じ。ハコベやらハハコグサやらホトケノザやら、こんなに草むしりすることになるなんて。ちび庭ではフキノトウまで出かかって、ちょっとちょっと、まだ早いんじゃないのお?

膨らんでる梅の蕾あり、ちらほらと花をちりばめたユキヤナギもあり、田んぼでは稲株があおあおと新芽を伸ばしています。本当にこのままあったかくなっちゃいそう。そーだったら楽なんだけどなあ?でも、そんな年には春先にどっかり降ったりなんかしてね。そーいや、さっき蚊も飛んでたなあ!

お客さんのお庭に入って楽しいのは、いろんな植物を見つけられること。
絵の先生のお家では、表のとても素晴らしい日本庭園につづいて、「生活の庭」である素朴な花壇のエリアが。

おっ、雑草かと思いきや、まだ花の付いていないプリムラが、まるで田んぼのあぜ道のようにごくごく自然に園路を縁取っている。柿の木の下には落葉に埋もれたイチゴの赤い葉。梅の木の下の、苔に覆われたなだらかな地面には、力強いアカンサス・モリスのつややかな新しい葉。そして、ツワブキの間に時折顔をのぞかせている大きなウチワのような葉っぱは、ヒマラヤユキノシタ。
ごめんね。上の枝を切らなくちゃならないの。踏まないように作業するから。ちょっと我慢しててね。

楽しいなあ〜。好きなものを、好きなところに。植物も、まるで自分でその場所を選んだかのように、生き生きと輝いている。本当に、地面から春の気配が立ち上るよう。植えた人の深い愛情が伝わってくるお庭です。

やっぱり、慈しまれた庭というのは、植物達が語りかけてくるような気がするものですね。

古い竹垣も作り直して、あたたかかった今日の作業はおしまい。春、だなあ…。

☆ 今日のちび庭気温 2〜12℃ すごい!最低気温2℃台をキープ!
でも、きちんと寒くならないと、咲かない花もあるのよね〜。今年はどうかな?(^_^)
0
タグ: まちあるき 文化 

2007/1/6

あけましておめでとうございます!!!  京都

クリックすると元のサイズで表示します
と言っているうちに松の内も過ぎようとしているお正月6日目。早いものですね。

昨日は、恩師お2人と母校の2年生の方の京都お庭見学にご一緒させていただきました。ちっともお変わりない先生の笑顔を見ると、ほっとします。私の第1の師匠、T先生。初めて剪定を習ったのがこの先生でした。やっぱり、先生ったらかっこいいなあ。いよっ、親方の中の親方!こわいけど、根本に「愛がある」から、好きなのよね〜。えへへ。

そして、学生の憧れの的、いつもチャーミングなフラワーデザインのK先生。どこまでもお優しい懐の深さと、何事にも大変に熱心に向かわれるお姿に、ああ、爪の垢でも煎じて飲むべきだ…(あ、お美しい手にそんなもの、ありませんね。)と、庭主反省する事しきりでございます。

そして、既に会社をお持ちという(!)パワフルなおじさま、好奇心いっぱいに輝いている女の子、今回卒論で「小堀遠州」(江戸時代の茶道/造園家)について書く!という男の子の3名の学生さんがいらっしゃいました。

最初に行ったのは二条城。実際にお庭を管理されているという先生のお知り合いのご説明を受けながら、普段見られないところを見せていただくことができました。

おお、やっぱり、お庭ってすごいわ。「名勝」というのは、伊達についているものじゃないのね。
いつものコースからでは決して気付くことはないだろう石組みの妙。ちょっと違うコース(昔はこちらに建物があって、お庭は本来はここから見るものだった…)から見ると、もう、絶景の一言。
池の形と言い、護岸の石組みと言い、橋の見え方の素晴らしさと言い、同じ庭とは思えない?!すっかり圧倒されてしまいました。何の知識もない人でも、「どっちで写真を取る?」と聞かれたら、絶対こっちの風景を選ぶはず。でも、何をどうしたらこんな庭が作れるんだろう?この絶妙なバランス感。小堀遠州、恐るべし!

そこにさらにT先生と管理の方の解説がつくと眼からぼろぼろとウロコが落ちてゆく…。なんて、なんて贅沢な時間なんでしょう!

石の置き方、池の形の説明はもとより、石橋も時代に連れて厚さが薄くなるとか、中の島の立派な松の木は、もともとは桜の大木であったのが枯れるなどで植え変えられたとか(とすれば、ずいぶん華やかなお庭だったことでしょう…)、橋のたもとの石が京都では大きいとか、とかとか…。
明治、昭和と改造もされてきたようですが、近年お庭の設計図が見つかり、もともとのお庭の形がだんだん明らかになってきたそうです。ダイアナ妃もトム・クルーズも見たと言う、「日本の美」を、もう、端から端までじっくり堪能。

そして、大徳寺は大仙院。(ここは写真撮れないのよね!一番じっくり研究したいところなのに!)

ここは枯山水が有名で、迫力があって好きなお庭です。既に2回ほど来ているのですが、しかし!今回は総毛立ちました。

学校の時から、石を据える際にはよくT先生に「合端(あいば)を見ろ(隣り合う石と石との間のラインを平行に保つこと)」と耳タコに言われていたのですが、分かっていたようで分かっていなかったな、と。

すごいんですよ。このお庭。一見、おそろしくカラフルで多種多様な「名石」が、「流れ」を表すべく無造作に置かれているように見えますが。

なんと、どの石のどの面(つら)を見ても、ほぼどこかしらの石の面と平行になっているのです。側面どころか、天端(てんば:石の頭のライン)も、近くに同じ曲線で繰り返しのリズムを作っている。しかも、単調じゃない。ひええ!

これ、なかなかできることじゃありません。っていうか、石を3つ以上置いたら、どこかの面は角度がずれそうなものでしょう?????だって、自然石よ!どれも全然色も形も質感も違う石よ?!

それが、あんな複雑な置き方をしておきながら、1つの庭をはみだして、隣の庭まで石の合端が合ってるんですよお。こわいよお。あ、あたしにはできない(できないって。)。

いやあ〜、写真撮って解説しちゃいたい。はあ〜。先生のおっしゃってたことが、初めて分かりました。もう、私にとっては、ピラミッド以上の神秘。ああ、もう。先生って、やっぱり偉大だわ。

う〜ん、満腹満腹。頭いっぱいでもう入らない。やっぱり、先生と歩くと楽しいね。またみんなでお庭めぐりしたいなあ。どうもありがとうございました。

ということで、2007年も初まりました、ちび庭日記、本年もどうぞ宜しゅうに〜!

☆今日のちび庭気温: 1〜13℃ あったかいですね。昨日は何よりお天気が最高でした。そして、今日は久々に友人たちと。うん、よいはじまりだ。(^_^)
0
タグ: まちあるき 文化 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ