2007/4/29

道具は便利。  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
こんばんは。忘れた頃の、ちび庭日記。
書きたいことを書く間もなく、ながれ行く今日この頃でございます。
折しもゴールデンウィーク。園芸ギョーカイの人にとっては、1年でいちばん忙しい時期でもあります。

そんななか、なんとか休日を確保。となれば、やはり庭いじりでございます。
明日は何を植えようかな???やっぱ、野菜よね〜。

さて、職場変われば道具も変わる。こんどのお勤め先は、「お庭」と申しましてもかなり園芸寄りでございます。ふむ。う〜ん?あんまりガテンな道具がないなあ。丸太を切るにも、チェーンソーがない…どうしたものか。ちょっとした柵を作りたいだけなんだが…。

でも、とっても便利な道具も発見!(え?常識?)
じゃ〜ん!山菜取り用の、「レジャーナイフ」です。
移植ゴテのようで、ナイフ、なんだそうな。コテの片方の端がナイフのような刃になっていて、もう一方はパン切りナイフのような波刃になっている。

これで、堅くしまった土も、カチカチに固まった根っこもサクサク切りほぐせる。移植ゴテを地面に突き立てる時の半分くらいの力で、花壇の植え替えもすいすい。これは、力の弱い庭主にはとっても便利。削って、切り取って、ほぐして、と、非常に使い勝手が良いものです。

うちのスタッフはみんなこれを持っている。なるほどねえ〜、と、さっそく買ってしまいました。ホームセンターで、お値段1800円ほど。うん、こりゃ楽だ。でも、一応「ナイフ」なので、手を切らないように、くれぐれもご注意を。
なんだか、ますます「お庭番=忍者?」な気分になってきますね。

☆今日のちび庭ム室内気温16℃。生育気温も、準備万端です。(^_^)
0
タグ:   植物

2007/4/13

バックヤード。  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
題して、「裏庭日記」?ははは、いいかも。
桜も終わり、ゴールデンウィークに向けて花苗も多く出回ってきました今日この頃。庭主も、お仕事のお庭のため、日々花を求めて市場や卸さんをはしご。お客さまに季節を味わっていただこうと駆け回っております。
が。「ウ〜ン」。

さて、どうしようか。

夏花ばっかりなのよ。もう。

ペチュニア、ベゴニア、ウモウゲイトウにダリア。キンレンンカにマリーゴールドにヒマワリにアゲラタムかよ!!!
う〜ん。気分はすっかり夏休みの宿題。

大量のアジサイにさえため息を付いていると言うのに。ああ、ついてゆけない。
先取りにもほどがある。まだ、5月にもなっていないんですよお〜〜〜〜。しくしく。

今は、春なんです。春を味わいたいのです。4月の桜の喜びと、菜の花の輝きの次は、せめてショウブにしておいてください…。バラに、チューリップに水仙に…たくさんの可憐な小花のいちばんかがやく季節を、もっとかみしめましょうよお〜〜〜〜〜。ねえ。

☆ 今日のちび庭気温:Hotでしたね。14℃といううわさでしたが。一気に気温が上がりそうです。(おい、けーそくはどーした!)((;^^)))))
0
タグ:   植物

2007/4/8

さて、今週は。  ガーデン

お江戸でございますね〜。大都会でございますね〜。

私、先週は初の出勤でございました。折しも、すんごい雨。使い古した合羽は役に立たず、見事に全身ずぶ濡れ。おかげでしっかりカゼを引いた次第でございます。

でも、某所にてお庭のお花のお手入れという、大変楽しいお仕事でございました。

そういえば、雨。みなさん、雨ってどう表現します?この日のような雷大暴れの「土砂降り」。わたしは、よく「じゃじゃ降り」って言ってたんですけど、どうも実家近江の国の方言だったみたい?

それから、「ぴりぴりしてるなあ」とオヤカタに言われ、思わず「私は別に怒ってないぞお〜っ」っと反応してしまったのですが、どうやら小雨の事を言うらしい。えっ、キョウトはそう言うの?と他のキョウト人にも聞いてみましたが、「そんなん、いいませんよ〜」とのこと。あれはいったい何だったんでしょうね〜?

桜には雨がつきもの。とはいえ、明日はお手柔らかにお願いしたいものです〜。
では、明日も早いので、お休みなさ〜い!(^_^)
0
タグ:   植物

2007/4/1

やってきました、桜の季節。  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
う〜ん、満開ですねえ。さくら。今日も行ってまいりましたよ。
六義園→小石川後楽園→飯田橋〜市ヶ谷の神田川沿いの桜→千鳥が淵。

いや〜、歩きました。晴だったけど、残念ながら黄砂のせい?か、ちょっと空もかすみ気味。

六義園も、小石川後楽園も、メインの枝垂れ桜はもう葉桜になりかけてましたね。でも、ちょっと日陰の枝垂れ桜がきれい。で、まだ残っていたオトメツバキもかわいく咲いていました。

学生のとき、授業で歩いた六義園の園路を、先生の解説を思い出しながら歩きます。水面までうねりくねった松に滝組みに敷石。なつかしいなあ〜。

ええ、お江戸の大名庭園は、やっぱり、広いですね。何しろ、木がとてつもなく大きい。京都でここまでうっそうとしているところはあったかしら?京都の人はすぐ枝を切りたがる…というか、きっと、借景にしている山並みを見せようとした結果、そこまで木の背を伸ばさないのでしょうね。

でも、これだけ広いと、普通のお庭では大きすぎて持て余しがちな春日灯籠も、ここではすてきなオブジェのようにいいポイントになっています。そうだよな〜。やっぱり、春日灯籠には、このくらいのスケールが似合うんだよな〜。なんせ、もともと神社の参道にあるもんだもの。

人で混んできた入口を出て、再び南北線に乗り、小石川後楽園へ。こちらも懐かしい場所。ドームでラン展を見た後だったか?西塔さんとchikohanaさんと駆け足で見に行きましたね〜。あの時はまだ冬だったけど、今日の美しかったこと!

入口から左手に見えたのは、じつに美しい笹山。オカメ笹を刈り込んで、思わず撫でたくなりそうななだらかな山肌を作っています。
その向こうに、まさに満開の枝垂れ桜。「渡月橋」と「通天橋」を向こうに、なんとも幽玄な趣です。

そう。ここには、京都や滋賀の名所を縮景にして、随所にちりばめてあるのです。それだけではなく、木曽川に龍田川、白糸の滝もあります。果ては、中国の西湖堤や円月橋まで。うふふ。なるほど。と光圀公の世界へのロマンに思いを馳せたのでございました。

☆ 今日のちび庭(現在の室内)気温:20℃! あ〜、温度計見つけなきゃ。ウコン桜も蕾が見えてきました。明日から、いよいよお仕事に入ります。かなりキンチョ〜!!!(;^^)))))
0
タグ:   植物



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ