2007/8/27

竹は美しいのねえ。  京都

う〜ん、素晴らしい!!!「NHKスペシャル 里山紀行 中国雲南省 竹とともに生きる」、ごらんになりましたか???

いや〜、実に素晴らしい。竹というのは、美しいものですね。それもさる事ながら、村の人々の竹を扱う技の素晴らしさ!!!橋を作ったり、カゴを作ったり、建材やら、食器やら、田んぼを均す道具やらに使うのですが。

その手さばきの素晴らしいこと!鉈の切れ味も鋭く、実に的確に打込む。うお〜っ!すっごい!同じ切れ目にぴったり2度目の鉈を打込んでいる!!!ひええ〜っ!んでもって、途中にスリットのように割れ目を入れて、ねじって見事に橋の柱を固定。さすが、竹の民。私も、キョートのオヤカタのもとで何かにつけ竹を割らせていただきましたが。こうは、いかないよお〜。

切って、割って、削って、曲げて…1つ1つが、造園の竹の技を思い出させてくれます。でも、こっち来ちゃったら、竹垣を作ろうにも、手水鉢に添えるちょっとした柄杓を作ろうにも、竹屋さんもないのよね〜。細工できるような青竹が、そう簡単には手に入らない。ホームセンターの乾き切った竹じゃ使えないし。

柱にもなり、ひごにもなり。編めば平面も作れちゃう。鋸で簡単にきれる。もちろん、筍も味わえる。あんなになんでも使える材料って、ないのね。

竹の文化を、京都だけに留めておくのはもったいないですね。もっと日常に使いたいものです。
狭いところでははびこって憎まれてしまいがちな竹だけど。(―そう。日本の竹は、地下茎ではびこってしまうのよね。中国の竹みたいに株立ちだと、もうちょっとなんとかなるのかもしれないけれど…でも、そうすると日本的な風情がなくなっちゃうね〜。)

美しい竹林の風景が増えるといいのになあ。地面はすっかり竹のふわふわの落葉で覆われ、「傘が通る程度」に間引きされた、手入れの行き届いた美しい竹林。そんな場所があると、嬉しいですよね〜!(その手入れが問題なんだな。いろいろ、なにかと一筋縄では行かないものね〜。)

☆今日のちび庭気温:夜温28℃ おお〜、涼しく感じますね〜。これでほんとに猛暑日は終わるのかな???それにしても、いいかげんカメラを何とかしなくては…(^_^)
0
タグ: まちあるき 文化 

2007/8/15

ちび庭 真夏のたくらみ  ガーデン

あづ〜い、ですねえ。ああ、休みで助かった…。うあ、パソコンつけただけであづい…。
お盆ですが、今年はどこも行かず。あづいっ、というのと、つれのスケジュールが直前まで分からなかったので。いや、こうも暑いと、ほんとに何にもする気が起こりませんねえ。

かくいう我が家は、それでもクーラーをつけず。別に、やせ我慢してる訳ではなく、なんとなく。キョウトの暑さに鍛えられたか?なんても思いましたが。なんか、和風の家のせいか、いままでの貸し家ほど「ああっ!たまらないっ!」ってほどまでにはならないようで。

窓が充分にあって、良く風が通るのです。いや〜、ありがたい。
そうそう。ずうっと一人暮らしも長かった庭主。学生の頃から数えて6軒目のこのお家。通気性にはとってもこだわるのでございます。しかし、和風の家がここまで通気性にすぐれているというのは、やはり風土が育てた様式だけの事はありますね。

窓が大きいだけではなく、座った高さを基準にしているので、窓の位置も低いのです。全身で風を感じられる、という訳。この心地よさは、洋風マンションにはなかった部分ですね。

とはいえ。風がないと、やっぱりあづい。扇風機、早くこっち向いて〜。あ”〜。

で。とにかく。もっとちび庭に木陰を作ろう!南窓の直射日光を何とかせねば。
(でないと、草むしりする気も起きな〜い。)

暴走しているキーウィの棚。とりあえず、バシバシ切っていたツルを、2階のベランダに向かって引っ張ってみることにしました。期待したよりは、1本のツルに付いている葉が少ない。切っちゃってあるから、そんなに長くも伸びないし。う〜ん、ちょっと日よけにするには足りないなあ。伸びた頃には寒くなったりして。来年はもうちょっと早くから準備だな。

そして、2階のベランダ。コンクリが熱いのです。これでは下の部屋も熱いはず。久々に寒冷紗を取り出し。見栄えは良くないが、ブドウつるが伸びるまでは、しばらくこれで我慢しよう。せっせとシーツも洗濯して、ターフ代わりに。ゴーヤつるも、鉢が小さいせいか、あんまり伸びなかったのよね〜。それとも、土が乾き過ぎたかな?と、もらってきたバークチップで株元のマルチングもしてみました。やっぱり、直射日光を防ぐだけでもずいぶん違いますね〜。ふむ。サクラ'鬱金'の枝をもうちょっと高く伸ばすかな〜。廊下の窓の日除けに。

さてさて、日陰が大分大きくなったところで、ちび庭の草むしり開始!!!蚊がいるので気になってたのよ〜。埋もれていた植物も救出し。

のたうちまわっていた「小町バラ」のツルを整理して、フェンスに誘引。くたくたになっていたルリマツリも枝を整理して、正面のフェンスにハンギングのアイアンをとりつけ、その中に鉢を入れ。これで蕾がうす青く花開けば、なかなか涼しげなフォーカルポイントになりそう。

誰が植えたのか伸びてきたダリア。これもしっかり支柱をし。つれのミニトマトも支柱で引き起こし。やっぱり、姿勢はぴんっとしなくちゃね。
コーナンで見つけた、「100円」のブーゲンビリア'ブライダルピンク'!よしよし。冬越しができるか実証してみようではありませんか!がんじがらめの行灯支柱を取り外して、これもブロック塀のハンギングフックへ。

おお、やっぱり、ブーゲンビリアには直射日光が良く似合う。まるで光を発するように、解放されたツルを揺らしてさざめいております。

明日もう1日お休み。あしたはなにしよっかな〜〜〜!!!あ、まだ「たくらみその2」を書いてないや。まあ、いいか。たくらみその1は、「木陰を作るといっても過言ではないのダ」、な訳ですが、当分かかりそうですね。つづきはまた!

☆今日のちび庭気温:現在夜温31℃!う〜ん、ゴーヤちゃん、育ってね。皆様も、どうぞ良いお休みを。お仕事の方も、ほどほどにお気をつけて…。(^^;)
0
タグ:   植物

2007/8/6

ギョーカイのジジョウ?  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
はふ。なんと、職場が解散することに。なんだかね〜。まあ、続けたところで、私の方が持たなかったところですが…。ふむ。仕方ありません。ちょうど夏休みだし。しばらくぼおっとして、次へのパワーを貯えたいと思います。とはいえ、しばらくは後始末もあり。めんどくさいわね〜。

しかし、園芸ぎょーかいで良いコンセプトを経営的に持続させるというのは、本当に大変なことでございますね。せっかく代々の現場の担当者が培ってきたものが、一瞬で失われてしまうのは、なんとも残念なことでございます。

一見、全くの素人さんでも出来てしまう庭仕事。もちろん、プロ以上の方もいらっしゃるのですが。それゆえに、「庭仕事の値段」は、必要以上に低く見られてしまう。(まあ、逆のこともないとはいいませんが…)1つのお庭を作り、育てる為に必要な膨大な知識背景や経験知、たった1つの作業に必要な入念な準備や、「そこ」に合った良いものを探す為の昼夜をかけての努力は、部外者にはまったく見えない部分です。

やはり、いちばん大好きなお庭は、自分でじっくり、ゆっくり、愛情を込めてコツコツと育て、作り上げるもの。商品や建て売りのように、「はい、出来ました!」って、ぽん、っと渡せば終わりじゃないんですよね〜。

う〜ん。活動はしたいのだけれど。考えていることを実現させようとすると、どうしても「ボランティアベース」の壁が立ちはだかる。1人で動けば手に余る。組織にすれば回せない。なんか、いい方法はないかなあ〜、と、これまた誰もが思う訳でございますが。ほんと、なんかいい方法、ないかなあ〜。う〜む。(で、なにがしたいの、って?えへへへへ。)

カメラも壊れている今日この頃(お仕事で壊したのよね〜。んも( ̄^ ̄) !!!!!)。ブログの更新も滞っております。新しいカメラがほしいです〜〜〜〜〜。

☆今日のちび庭気温:27℃(夜温) 夏です。真っ盛りです。あ〜、朝顔を植えておきかたかった〜。今からじゃ遅いかな。ぎりぎり9月に咲くんじゃないか…。ツルは伸びないだろ〜な。(^_^)
0
タグ:   植物



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ