2007/9/22

秋の夜長のうるわしき  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
りんご。マルメロ。麝香。竜涎香。
アンズ。なつめ椰子。薔薇。
ジャスミン。マヨナラ草。ナスリーン。
水仙。あらせいとう。白檀。
伽羅。サフラン。煉香。
アネモネ。ミルテ。菊。

パセリ、セージ、ローズマリー、タイム。

秋の夜長。嬉しいですね。活字中毒の庭主(でも禄なもの読んでない…)、この時季になりますと、ふと思ってしまいます。
「世にも美しい物語が読みたい…」
それって、なに?と、自分でも良く分からないのですが。

ギリシア神話もケルト民話も日本昔話からマヤ、アステカ神話まで、ありとあらゆる昔話は大体読んだと思うのですが。どおでしょう。
そおですね〜。本ではありませんが、ずいぶん前に見た映画、「シラノ・ド・ベルジュラック」は美しかったなあ。

と。
さて、上に羅列しました植物群(&香)。最初の一群は、なんの物語に出てくるか、お分かりですか???

分かった方は、すごい。そう。「アラビアン・ナイト」、千夜一夜物語です。
一瞬、聖書かと思いませんでした?やっぱり、もともと同じ気候帯から発したものなんですね〜。そういえば、アラビアン・ナイトのはなやかさは、聖書の雅歌を思い出しますね〜。(と思っていたら、その昔両方を訳したフランスの学者さんもいらっしゃったようで。)

そういえば、こんなアニメソングもありましたね。(これ知ってる人、いる〜?)
シェーラ、シェーラ、シェーラよ 二人で旅を続けよう 月がのぼれば 口笛吹いて 次の冒険夢みよう〜♪

そして、2つめの群は。お分かりの方もいらっしゃいますね。「スカボローフェア」です。

パセリは温和さ、セージは辛抱強さ、ローズマリーは貞節、タイムは度胸…なんですねえ。
(スカボロー・フェア Wikipediaより)

こちらになると、植物自体は地中海地方原産のものでありながら、歌詞や曲の雰囲気はもうすっかりキリスト教文化のものです(イギリスのバラードですから当然ですが)。
それにしても、はじめてこのWikiで全体の歌詞を知りましたが、こんな美しい歌だったんですね〜。
秋の夜長のお月さま。幾重もの虫の音と、軽やかな風。今日は、何を読もうかなあ。

☆ 今日のちび庭気温:夜温27℃。今日も暑かったですね〜。昼間はまだ30℃ありますね〜。お月見が楽しみ。(^_^)
0
タグ:   植物

2007/9/8

台風、どうでした?  日記

クリックすると元のサイズで表示します
いや〜、すごい嵐でしたね。皆さま、ご無事でしたか?

我が家は、なんと雨漏りが。
夜中に雨風が雨戸を打つ激しさにほとんど眠れず、「暴風雨って、正にこういうのを言うのね、」と起きだしてみれば。
なんと、階段を降りたところの床に水たまり。

「え?」と上を見れば、天井から水滴が。どうやら、天井板も1枚じっとりと湿っている。

あちゃ〜。連れはくうくう寝ておりましたが、ようやく動きだした電車と共に出勤してゆきました。早速、朝風雨が納まった頃に不動産屋さんに電話。他のお宅も被害があったらしく、その後にすぐ業者さんと一緒に来てくださいました。ま、台風こんなに直撃じゃねえ。

天井板はそこの1枚だけが既に湿ってぐずぐず。ちょっとこじあけてみると、たまっていた水がぽたぽた。バケツに水を取って、どのみち取り替えないといけない状態なので、ついに鋸でザクザクと切り取られ。

おお、天井裏も、ほんとに全部木で出来てるっ、とひそかに感動。でも、水の落ちてきた箇所はすでに乾きかけていてちょっと曖昧。

で、今度は屋根の上へ。さすが業者さん。私も屋根に登るのは得意ですが(地下足袋ならね)、なんとスリッパのままするすると。「あの、あぶないですよ」「だいじょぶだいじょぶ。瓦は割れてないんだよねえ〜。こりゃ、やっかいなんだわ。割れててくれた方が箇所を特定できてまだマシなんだが」とのお言葉。

場所が場所なんで、足場を組んで作業することになるかも?わ〜い、足場、楽しみい〜、なんて、登らせてもらえる訳ではないがつい。

どうやらついでにベランダの防水もやり直してもらえるらしい。わ〜い。作業してるとこ見たい見た〜い。ちょっと気になってたのよねえ〜。これが持ち家だったら、げっそりしてただろーな。しばらく作業が続くらしい。いや〜、ちょうど私が家にいられる時で良かった。何がラッキーかわかんないもんですね。

☆今日のちび庭気温:夜温26℃。関西はまだまだ35℃の真夏日だそうで。やっぱり気候が違うんですねえ。と言っても、明日はこちらも暑くなりそう。皆様も、お気をつけて。(^^;)
0
タグ: 日記 生活 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ