2007/11/30

ちび庭と台風  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
台風?今どき?とお思いでしょうが。

じつは先々週あたりから、「ちび庭限定台風」が吹き荒れていたのです。
事の発端は、夏にやってきた大型台風。

天井が雨漏りし、天井板を一部はがすことになったのでしたが。(詳しくは2007/09/08 の日記でどうぞ)

その後(貸し家なので)不動産やさんからの連絡もなく過ぎていたところ、ようやく、「修理に入ります」との連絡が。はいはい、おねがいしま〜す、と軽く考えていたら。

なんと、屋根からベランダから外壁まで、家中ぐるりととんでもなく本格的な改修となったのでした。太い鉄パイプで屋根の上まで足場が組まれ、窓という窓は全て雨戸を閉めた上で目貼りされ、まるで蚕の繭のように飛散防止ネットで包み込まれた我が家。

不動産やさんは、「プランターや洗濯物も適当に避けながらやりますから何も心配しなくて大丈夫ですよ」なんていっていたけれど、実際業者さんがきてみると、「いや−、ベランダは防水張り直ししだからねえ」と、やっぱり全部一旦撤去することに。

なんせ、ベランダにはぶどう棚にゴーヤに背丈よりも伸びたプチトマト&灌水チューブをセットしてあるのです。つるをほどくのが大変。ひさしまで伸ばしたキーウィもばっさり切り落とし。

さすがに重量のある野菜プランター(しかも3mのプチトマ付き)を階下まで運ぶ気にもなれず、ブドウ&ゴーヤともどもとりあえず2階の洋間にひっこめる。

3日ほどで終わる作業だと思っていたのですが。なんと、結局2週間弱!
その間、雨戸もほとんど開けられず、ぶどう&ゴーヤ&プチトマは暗闇の中で耐え続けたのでした。もちろん洗濯物も布団も全く干せず。毎日泥んこの農作業者には辛い〜。

山のような洗濯物と強烈なペンキの匂いと、くら〜くてさむ〜い部屋の中でひたすら植物と耐えておりましたね。おお、太陽をくれ!と、きっと白夜の国の人はこんな感じなのね〜。
でも、業者さん達は寒い中もがんばって黙々と作業をしてくださり、お家もピッカピカになりました。大家さん、ありがとう!

ようやく足場もシートも全て撤去され、久し振りにちび庭が姿を現しました。うう、外の光はなんて素晴らしいんだ。庭の片隅に寄せられていた植木鉢達を戻し、外されていた水栓のホース取り付けパーツと灌水タイマーを元に戻し、あわてて水涸れ寸前の植物達を救出。

うう、こりゃヒドイ「台風」だ。敷かれていたシートでサフランも小町リンドウもペッチャンコ。ようやく育って安定してきていたフクシアは、木部でばっきりと折られ。植え込んだばかりだった羽毛ムスカリのコンテナは地面にひっくり返されて。せっかくようやくきれいに咲いてたカリフォルニアローズ フィエスタも、すっかり花を落してしまったにゃ。

アジサイもバリバリ。挿し木してた菊は吹っ飛ばされている。多肉鉢は…完全ひっくり返ってますにゃ。あ〜!せっかく花芽が付いたシャコバサボテンが折れてる。んにゃ〜。よかった。妙連寺ツバキの実生が無事で…。はふ、かなり覚悟はしていたが、夏の台風よりずいぶん被害が大きいぞ。

我がちび庭もなかなか受難じゃのう。度重なる引っ越しで、ようやくこれで植物達も落ち着けたと思った矢先だっただけに、かっくりこ。う〜ん、キョートだったら完璧どなりこみだな。てか、ありえないだろ〜な。だって、剪定した葉っぱ一枚越境しただけで苦情が来るのが標準だもの。

いや、実におおらかな業者さんですにゃ。まあ、こちらが予測できなかったのは仕方がない。お家も強化されたことだし。何はともあれまずは修理していただけただけで、大変めでたしということで。
植物たち、もいちどがんばってそだつのよ〜ん。

☆今日のちび庭気温:9〜13℃(玄関) 今日はほんのちょっとあたたかかったですね。
水やりいる?いらない?と悩んでしまう微妙な空でしたね。(^^;)
0
タグ:   植物

2007/11/26

ここがユートピア、なのかもね?  

クリックすると元のサイズで表示します
え〜、でてましたねえ。NHKで、京都市で9月から施行された新しい景観条例のその後の様子が映されていました。

全国で最も厳しく、「建物の高さ制限31m、屋上看板の禁止、家屋の屋根の形や庇の長さも規制」なのだそうです。
(NHK「クローズアップ現代」 京都発 “景観づくり”が始まった http://www.nhk.or.jp/gendai/

なかなか熾烈になってきてるようですね。「何をもって和風の建築とみなすか」(洋風建築は却下)と市の職員の方も指導に戸惑ったりとか。7年以内に立看板の全撤去等、なかなか見物ですねえ。すくなくとも「まことちゃんハウス」はむりだにゃ。

でも、ここまでしても、世界標準からすればまだ「入口」。観光を資源にする以上は、いたしかたありません…。本当に、この数年で京都はさらに劇的な変化を遂げそうですね。

かたや、お隣の国では、オリンピックのためにおもいっきり過去の町並を取り払っている都市もあり…。ああ。

さて。最近の庭主の勤務先となっております千葉県はN田市。本当に、惚れ惚れするような森林が広がっております。毎日行く度に、昔関東平野が「武蔵野」と呼ばれていた頃を夢想し、また、時折見かける松並木に日光街道を想います。

そう、そして、最近気が付いたのですが、ここはなんと、私の大好きなマンガ家、ますむらひろしさんの本拠地だったんですねえ!!!
(ますむらひろし ごろなお通信 http://www.tiara.cc/~goronao/)
宮沢賢治さんを慕うこの方の、ほのぼのした世界が好きなのですが、街の中にかの「アタゴオル物語」壁画がアルではありませんか!!!

てっきり今も東北にお住まいだと思っていたので、「なんで?え?どしてここに?」と一騒ぎした後、あらためて、あの「アタゴオル」は、私が毎朝降りる駅の名であることにびっくり。

おお〜!なるほど!素晴らしい環境であるはずだ!なんといってもますむらさんがお住まいなのだ!!!と、ひとり至極納得したのでございました。
ねえ、Hideちゃん(マンガを貸してくれたのは彼女)、ユートピアって、案外近かったのかもよ?

でも、そんな我らが農園の周りにも、静かな(ってかモロ)開発の波が。あっという間に郊外型巨大百貨店やら何やらを建てるべく、森林は切り開かれております。

せめて、隣の林は残しといてほしーな。ヒデヨシ君やテンプラやツキミ姫がいそうなN田市であってほしーな〜。(け、景観条例、どーですか〜…)と、願う庭主なのでありました…。

☆今日のちび庭気温:10〜13℃(玄関) お昼を食べに出るとすごい人の列。年末ジャンボですか〜。やっぱ買っとくべき???(^^;)
0

2007/11/4

その都市は、主人(あるじ)を待っている。  京都

クリックすると元のサイズで表示します
う〜ん、まるで、渋谷の銅像のようね…。いえいえ、畏くもご主人様はご健在なのでございますが。

昨日のNHKの美の壷、京都特集、やってましたね〜。そうそう、これこれ。うう、懐かしい。鮮やかな嵯峨野の紅葉が恋しくなるこの季節。ええ、わすれないうちに、そろそろ2年間過ごしたキョート生活の見聞録を記しておこうかと思いまして。そうそう。わすれないうちに、ね。もう、ちょっと頭の中で風化してしまったかも知れないけれど。

ずいぶん引っ越しもしましたが。思い返せば、やはりあれほど強烈な個性を持った街もなかったな、と。

さて。なにより、強烈に私の記憶に残った一コマ。
「ですから!東京は首都やないんですよっ!!!事実、遷都なんてしてないんですから!!天皇さんは、お出かけになってはるだけなんですっ!またこっちに戻ってきやはるんです!!キョートこそがニホンの首都なんですっ!!!」

あまりの大声に、思わず振り向いてしまった私。もうすぐ京都駅に入ろうとしている新幹線の車内。斜後ろのボックス席で、いい大人が、しかも、さらりとスーツを着こなした、いかにもエリートといった風貌の方が、立ち上がらんばかりに、顔を真っ赤にして熱弁している。しかも、さほどご年輩でもない。同様な格好の連れの3人も身を乗り出すようにして、議論に応じる。ビジネスマンか、大学の先生達なのか?

え?今のマジ論議?? え、えモ〜〜〜っ? ! いま、西暦何年よ???
キョートに着いてこれが最初のカルチャーショック。庭主には、この尋常ならざる真剣さに、ひたすら驚いてしまったのでした。思えば、これが「キョート ワンダーランド」のはじまりだったような気がします…。

そして、まだこの頃は上の台詞を「あらあら。」と聞いていた庭主も、おいおいその「想い」を街のあちこちで肌で感じることになるのでございました…。キョートの街は、恋しくて、恋しくて、「てんのうさん」のお帰りを待っている。ずうっと、ずうっと昔から、お仕えし、全てをその御代に捧げ、憧れ奉ってきた。しかも、1人ではなく歴代の、何人も何人もの「主人」に。そうして自らを「雅び」な世界に磨きあげた。そんな、なんとも健気な街、なのですねえ。こんな街が、他にあるでしょうか。題して、「キョートの純情」。ほんと、キョートの全てのカギはここにある、といっても過言ではないのかもしれません…。

☆今日のちび庭気温:16℃ シロバナホトトギスの種を採りました。ふやせるかな〜?(^_^)
0
タグ: まちあるき 文化 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ