2008/5/28

しおれた心に花束を  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
バラを選ぶ時って、どうしてこんなにわくわくするんでしょうね〜。

本日の目的は、ツワブキ用の鉢を買うことだったのですが。花を見てるとつい仕事モードに。
いつの間にか、「ゲンジョウヲ打開スル策ハナイモノカ」、と、ホームセンター中の花をスキャニングする始末。

そう。スキャニング。庭主、記憶力はずいぶん悪い方で、人の顔を覚えるのも苦手だし、ひとつひとつを丁寧に覚えることが出来ないの。でも、市場などで桁外れの量の花を見る時や、パソコンで大量のデータを見る時、本を探す時、など、なんとなく、「画像を取り込む」ような感覚で、ぐーっと全体を見ていく。後で、頭の中で風景を端から順番に思い起こしてみると、すると、案外「あそこにはあれがあった」、と思い出せたりするのです。

ま、それはさておき、今一つ、どの花もおよびではない。ん〜、私って、常にジャンルが変わるのね〜。今必要なのは、切花向けの高性の苗なんだけど、1年ほど前にはガーデン向けの耐候性のポット苗だった。その前はレアな洋花を探していて、さらにその前は和物を探していたのだっけ。どれも必要な時には見つけられなくて、必要がなくなった後でその中にどっぷり漬かっていたりするよね…。

あきらめて、「魔が差して」ローズコーナーへふらふら。そーいや、この間の「赤い一重のバラ」の苗はあるかなあ?ん?もしや'サラバンド'?と思ったら、ちょっと色が淡い'プリンセスミチコ'でした。やっぱりないかあ。先日の赤一重は、たくさんの花を付けて、もう盛りをすぎかけています。これ、一季咲きなんだろうなあ…。

いろいろ物色していると、目に留まったバラが。ん。これはすごく切花向きではないか。'イブ ピアッチェ'。濃いピンクの花びらの、形の良いこと。何しろ、茎が長い。香りも良い。幾分傾いているけれど、これは、仕立て直せばすばらしい株になりそう。

おし。景気付けに「庭主私物」の札を付けてのーえんに置くことにしよう。切花&育て方練習の材料になりそうだ。ひと株ぐらい良いバラがあってもいいだろう。

立派な蕾が目立つのか、鉢を抱えて広い店内を歩き回ったら、あちこちで「すばらしいバラですね」と声をかけられ。ここんとこ、なにかと試行錯誤でむっつり顔がとれなかった庭主、なんだかぎこちない笑みを返してしまいました。自転車ですれ違う人もバラに振り返り。明日のーえんに持って行ったら、みんな笑ってくれるかしら。。

☆今日のちび庭気温:16〜28℃ お星さまがきれいです。あしたもはやいにゃ〜〜〜。(^_^)
0
タグ:   植物



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ