2008/11/25

か・ん・こ・う・た・い・こ・く のゆくえ  北京旅行

クリックすると元のサイズで表示します
え〜、いつだったか、「東京をガーデンシティに」という話に目を輝かせたものの、その後それほど目覚ましい印象もなく。まあ、それでもすこしずつ、新しいスポットには緑が増えましたよね、と思っておりましたが。

*  *  *  *  *

北京では、本当に圧倒されてしまいました。街の中に堂々とそびえるたくさんの大木、その樹冠の健康的なこと。どこまでもきっちりと手が入れられた、美しい緑地帯。その大規模なこと。奇岩を組み合わせたダイナミックな庭園、陳腐な想像を気持ちよく裏切る造形美。

やっぱり、大陸のスケールは違うのね〜。確かに、こんなに公園やら施設やら何やらの規模が日本とは桁違いに大きくても。飛行機から見下ろせば、そんな北京の街も、深い深い無人の乾燥した山脈が広がる大陸の,ほんの、小さな一部分。どこに行っても家があり、誰かしらには出会う小さな島国の日本とは、ほんとうに違うんだ。

でも、どこかしらに、そんな島国に海を越えてやって来た、庭園文化のルーツを感じます。あの京都の、こじんまりした坪庭に納まるまでの、日本庭園の原型を。空海が、最澄が、はるばる大海を渡ってやって来た(といっても、彼らがたどり着いたのは北京ではなく西安でしたが)目には、都はさぞかし最先端のきらびやかなものに映ったのでしょうねえ。

悠久の大河、雄大な峡谷、大自然と優美な石橋、壮麗な寺院仏閣。大陸中のあらゆる風景が大国の都の庭園の中に縮景として表されて宮廷の人々の目を楽しませ、そんないくつかの風景の「お約束」が、はるか日本へと伝えられると、さらに縮景にされて、禅の庭に反映される。

頤和園の昆明湖にも、北海と呼ばれる故宮横の大きな湖にも、それぞれ「蓬莱山」を模しているであろう中の島が。この単位の湖が、日本では数十m単位の池となる。そして、蓬莱山中に数々建立されているお堂や祠は、灯籠や石塔として簡略に和庭に再現される。なんとおもしろいことよ。ずいぶんと壮大な伝言ゲーム、とでもいうべきか。命がけで海を越えた僧侶たちが本当に伝えたかったのは、こんな破天荒な感動だったのか、と、ただただひたすら感嘆するばかり。京都でみた数々のちいさなお庭たちを頭に思い浮かべながら、名所を歩き続けました。

どれも、桁違いの規模の人の手をかけて築かれた風景。日本のみならず、これだけはどう転んだって他のどの国も真似ることはできないだろう。

*  *  *  *  *

そして、庭主が最も気になるところ。それは、10年、20年、30年後の北京の風景。もし、仮に、市場経済化が進んだとしたら? この国の人々が今よりずっと豊かになり、人件費も上がっていったとしたら?

そのとき、この美しい緑地帯は、公園は、まだ瑞々しく維持されているだろうか。日本のように、「お金がないので維持できない」、なんて、荒れて悲しく雑草ばかりが目につくなんて事がないように、世界第一級のガーデンシティであり続けてほしい、と思うのです。
0

2008/11/11

理論と実践の間  北京旅行

クリックすると元のサイズで表示します
には〜♩ふか〜く〜てなが〜い〜かわ〜あがあ〜あるう〜♬

あ〜、どなたかのブログタイトルをちょっとぱくってしまったよーな。
ええ〜、庭主も、「えんげーふくしのーえん」に努めてようやく1年が過ぎました。う〜。しかしながら、漂っておりますこの惨敗感。

あんなにも意欲的に方々でお勉強をしてきた(???)にもかかわらず、花の出来のひどいこと。ま、いろんな悪条件があるとはいえ。これは本当に条件のせいだろうか?ほんとはやっぱしノーリョクがないんじゃないのかあ〜(はい、そのとーりです)。ああ。私って。orz

そうですね〜。イメージは映画「県庁の星」。机の上でこねくり回された「起案書」なんて、畑の土の上では焚付けの紙も同然。臨機応変を重ね、発端さえ怪しくなってゆく…(おいおい)。なんてわくわく、冒険に満ちているこの世界。

やっぱり事件は、現場で起こっているのよ。だから毎日土に触るのよ。そうそう。経験こそが最大の知恵。やる気がわいてきましたよお〜!!!


さて。写真ブログではさんざんのせておりますが、先月、連れにくっついて北京に行ってまいりました〜!!!やったあやったあ。

前回,初めて中国へ行ったのは5年前。場所は成都でしたが、すてきに大きな街路樹と、古い街路を取り壊して開発されてゆく美しい道路の緑地帯が印象的でした。「これじゃあ、日本の緑化技術もすぐに追いつかれちゃうなあ〜」なんて思ったのでした。

さて、今回。前言は間違いだったことを悟りました。

「追いつかれる」のではない。最初から「向こうの方が遥か上」だった事に気づきました。ああ、さすが中国4千年。大陸は大きかった。

空港に降り立ちタクシーへ。「おお、さすが、オリンピックだけのことはある。なんて緑地帯がきれいなんだ!」→繁華街を歩いて「しかし、ずいぶんと徹底してきれいにしてあるね〜。花壇も本当にきれい。剪定もばっちり。」→郊外へドライブ「…尋常じゃない。この整備力…。」

どこの小さな公園も、街路も、ホテルや街中の植栽も、ありとあらゆるところが。「手入れをしていないとこがない!」。こ、こんなことが、あっていいのか…。不肖、私もぞーえんやの端くれ、夏の暑いさなかも凍るような冬も街路の剪定掃除草むしりをやってきた身。大の男が5人かかってもせいぜい1四方。でも、これ、人間が手入れできる面積じゃあないでしょ!!!

国が主導かつ人口が多いというのはなるほどこういうことか、と、圧巻だったオリンピックの開会式のパフォーマンスを思い出したのでした。

そうそう。本当に、きれいなの。
公園には雑草一つ生えていないし、そして、ベンチはもれなくピカピカに磨かれ、鳥の糞が落ちてるなんて事は絶対にない。
どこでも、必ず誰かが掃除をしているの。なんて、なんて素晴らしいんでしょう。

そして、あらゆるホテルや店には堂々たる風格の観葉植物が置かれている。その植物たちの健康そうなこと。また、車道に揺れる柳の大樹の本当に美しいこと。根本的に、緑に対する美意識がおそろしく高いんだ。

ああ、ちゅうごく、おそるべし。もう、ほれぼれ。感嘆のため息ばかり。
いや〜。実に、実に有意義な旅でございました。北京緑報告、続くぅ!

☆ 今日のちび庭気温:8〜18℃ さ、さぶいですね。ちび庭はすっかり日陰庭。今年こそは、ベランダを活用してゆく所存でございます。(^_^)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ