2010/11/17

流通名って…。  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
「ちび庭日記 栽培篇」にもちらと書きましたが。


http://green.ap.teacup.com/jardinera/42.html





う〜む。植物の名前って。


ここんとこお気に入りのイタリアンハーブ,「セルバティコ」。ホムセンでみつけた時,「宿根性のルッコラ」と札には書いてあった。変わった名前。ルッコラとは随分雰囲気が違う。うん。たしかに、あっという間にトウが立って枯れてしまった普通のルッコラを尻目に,この1年我が家のパスタのアイドルでした。ごまのようなしっかりした風味がたまらない!ふ〜ん,イタリアにはまだまだおいしそうなハーブがあるのね〜。


秋にも花が咲き,取れた種の播き時を確認すべく「セルバティコ」で検索してみると。


な〜んだあ〜。「セルバティコ」って,Eruca sylvatica(野生のルッコラ)の「野生の」ってとこだけを読んでたんだあ〜。それじゃあsylvaticaが付くのは何でもセルバティコになっちゃうなあ〜。普通のルッコラの花は白くてダイコンの雰囲気があるけれど、黄色いセルバティコの花はとてもたくましい菜の花って感じ。あまり近縁種とは思えない気がしていたら,やっぱり別属らしい。(wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/ルッコラ より)


う〜ん。やっと納得した感じ。





んでも,最近の植物の流通名って,ますますかっとんでる気がする。


特に,園芸業界に新規参入してきた大手メーカー系の花苗とか、それに対抗する既存の大手も…。


ぱっとラベルを見て,何の植物かとても分かりにくくなっているのは…商品の売り込みイメージを優先させすぎた結果、植物の元の古くさいイメージの名を伏せているのか,それとも交配しすぎて元の植物と近くもなく遠くもなく…となってしまった結果なのでしょうか。はたまた学名をはっきりさせるとすぐライバルに開発されてしまうから、なんて勘ぐりすぎ?


あと、既存の植物名と商品イメージをくっつけて新たな名前を作り出すとか。○○パチェンスとか、○○チュニアとか,○○ビンカとか…。これらはまだ若干元の植物名が残ってるからまだましかもしれないけれど。


先日買った目映いばかりのカラーリーフ。


これ、オトギリソウよね?と思ってラベルを見るけど,「カラード シュラブ コレクション miyabi ゴールドフォーム」とは書いてあっても、表のどこにも書いてない。裏に小さくHypericum calycinumと書いてあったおかげで判別できた。


ブラキカムがほしくて探していたら,「姫小菊」と書いてある。え,ブラキカムじゃないの…?違う植物なの???と、一瞬迷う。やっぱり,裏の学名でブラキカムだと分かった。でも、隣で「あら、これ、菊の花なの?小さいのねえ〜。」なんて感心しているお客さんがいたり。まあ、キク科には違いないけれど…。


某社の「リトルチュチュ」がでた時は,とおってもかわいくって気に入ってしまったのだけれど,そのころはスコパリア属自体が一般的ではなくて、ラベルに学名がなかったのでうまく調べられなくて戸惑った記憶が…。


まあ、別に,花がかわいければ普通の人はそんな詳しいところまで関心ないだろうから、売れれば良しなのかもしれないけれど。でも、買った人は大事に育てようとする。育て方を調べようとしたら,学名は本当に是非書いておいてほしいし,せめて一般的に認知されている名前は分かりやすいところに書いておいてほしいな〜。


花の名前が複数あるものは、どれが一般的な名前かなんて人によって違ったりもしますけどね。どんな愛称をつけてもいいけど(野うさぎミーモ、なんて好きよ),やっぱりペチュニアはペチュニアで,インパチェンスはインパチェンスであってほしいなあ〜。





むかし、造園の恩師の親方先生が海外旅行から戻られて、「いや〜,俺、珍しい花みつけてきたんだ。これ,日本に普及させたら売れるぞ〜!」と写真を見せてくださったことが。


「あれ?先生,これ、アマリリスですよ?」


「ちがうよ。ヒッペアストラムっちゅうんだ。豪華なんだよ〜。いいぞお〜。」


「あーそれ,アマリリスの学名ですってば〜。」


「なにいってんだ。星の花っていってたぞ。新種だ。(ヒッペアストラムとは騎士の星の意)」


「だから…」(ああ,ダメだ,聞いちゃあいない…)


なんてほほえましい話が。





なまえって、たいせつなのよう。





☆今日のちび庭気温4〜8℃ う、10℃切りました。やばい,初霜シーズンだ。非耐寒植物は避難ですよお。いそげ〜〜〜!(^^;)
0
タグ:   植物

2010/11/6

「健康」へのながい道のり…?  日記

クリックすると元のサイズで表示します
自然から学ぶこと。


生き物の世話をしていると。ふと我が身を振り返ることがよくあります。


だんだんいい年齢になって,あれ?と思うことの増えてゆく今日この頃。あんなにバカ食いしても太ることなんてなかったのに,このごろは食べた分だけ付いてゆく。肌の治りも遅い。な〜んか、全体的に血行不良で新陳代謝が落ちてるわよね〜。いや〜ん。


で、体質改善にはげんでおります。


まず、極力お砂糖をとらない!


切り花にお砂糖って,花の種類によってはすごく花もちするのよね〜。とてもエネルギーのあるもの。でも、人間さまだと,すぐに吸収できて効率の良いそっちに頼ってしまって、体のシステムが蓄えた脂肪なんかを使わなくなってしまうらしい。だから太るのか?


そーいや、アゲハちゃんに砂糖水をあげた時,濃度までは分からなかった。随分薄めたつもりだったけど。もしかしてもっと薄くしてあげてたら,長生きしたのかしら?と、今でも思う…。


そんなこんなで、多少はスイーツも食べますが,まず基本飲みものにお砂糖は入れない。お菓子も自分では甘いものは買わなくなった。そしたら,ちょっと体が軽快になった感じがする。体温もちょっと上がったのでは?と思っているのですが。


そうするとね、コンビに行ってもスーパーに行っても,買うものがないのです〜。


甘くない飲み物はお茶しかないし,今んとこチョコもクッキーもスナックも甘いパンも買ってない。砂糖の入ってないもん,ないのかなあ〜って、探すとほんとにないのよね。コーヒーも紅茶も特にあったかいのは砂糖入ってるのがほとんどでしょう。


最初はすっごく我慢してる感じだったけど,最近は逆にあんまり甘いものを食べると胸焼けがする感じ。人工的な味が苦手になりました。まあ,安上がりで良いですよね〜。





そして。栽培中の植物の病理なんぞを調べていたところ。亜鉛は葉緑素を作ったり各種酵素の働きに重要らしいのですが、植物にもだけれど人間にも必須な成分なのらしい。なにより、なんだか私の多々あるウィークポイントの改善にとっても効きそうなことが書いてあるではないか〜!


んなわけで、そうだ、亜鉛をとろう、と、手っ取り早く一番安かった某メーカーの亜鉛サプリを一粒だけ飲んでみたのでした。


飲んで1時間もしないうちに。おお〜っ。すごいっ。肌がみるみるぷるぷるでつややかになってゆく。すごいすご〜い。調子い〜い。と、自分で大絶賛、だった。


2日目。あんまり良く効くので,ちょっと様子見て明日もう一粒の〜もう,と思っていたのだった。午後,なんとな〜くかすかに舌の奥に金属の味を感じ(ガムの銀紙かんだみたいな)、気にならない程度のかる〜い頭の重さを覚えながら。


3日目。起きようとした。ら。


うわあ〜っ!!!せかいがまわってるう〜〜〜!たすけてえ〜〜〜〜〜!


と、オソロシイ目眩に見舞われたのでした。もう、三半規管が暴走して視界がぐるぐる回りっ放し。立っていられない。ああ,今思い出しても気持ち悪い。


その日1日,出かけることも出来ず,ひたすら目眩が治まるのを祈りつつ頭を抱えて布団で寝ていたのでした。





はあ〜。やっぱりシロウト判断はいかんです〜。ひどい目にあった。以来そのサプリには手を出さず。


でも,あの皮膚の回復力は素晴らしかった。ということで、最近は食品の中では亜鉛含有量の高いピュアココアを飲むばかり。もちろんお砂糖抜きで。効果のほどはよくわかりませんがね…。


そうそう、バラの花の匂いを嗅ぐと,体にとても良いらしいですよん。ばら園に行ったら,バラの香りを堪能しましょう〜!!!


☆今日のちび庭気温:8〜18℃ 朝晩寒いですね。お天気よくてもお布団干す時間が短いです〜。(^^;)
0
タグ: 日記 生活 

2010/11/5

そんなバラのものがたり。  ガーデン

クリックすると元のサイズで表示します
はっ、あなたは!


オーガスティーヌ ギノワソーさんではありませんか。


やはり。


その繊細な花びら、白に限りなく近いピンク。


当たり〜。ちゃ〜んと名札に書いてあるもんね〜。





ばら園に行くと,自分に縁のあるバラはかなりの確率で見分けられるのが嬉しい。


とても繊細なバラ,オーガスティーヌ ギノワソーさんとの出会いは,のーえんでのこと。


花を1から学びたい,というおじさんに、バラを1本育ててみることを提案して。どれがい〜い?とカタログを渡したら。ほほを染めて,おじさんはこの可憐なバラを指さしたのだった。


分かりました。早速注文しますね,といって,届いた数ヶ月後。おじさんはまた体調を崩して、来れなくなってしまった。


のーえんにはいろんな人が来る。健康な人もいっぱい来るけど,体がままならない人も。お酒に飲まれてしまうおじさんは,とてもまじめな人で,健康になりたい思いとお酒からなかなか抜けられないジレンマにいつも苦しんでいる。


そんなおじさんが選んだバラ。おじさん,また入院しちゃったかなあ〜。のーえんのバラも,秋の蕾を持ち出しましたよん。また来れるようになるといいね〜。そんときまで,預かっとくからさ〜。





そんな、バラのお話。思い出のバラはすぐ分かるのよ。


☆今日のちび庭気温:8〜16℃ 今日は割合あたたかでしたね。雨の来ないうちに冬の準備作業が忙しい!(^^;)
0
タグ:   植物



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ