2014/1/19

たくましく。  栽培

クリックすると元のサイズで表示します

ん〜。へんだな。ネットがつながらない。プロバイダの方で回線工事をしたらしいんだけど???
ということで、オフラインで下書き〜。

晴れてる。風は強い。雪の予報もあったけれど。
そんな天気でお洗濯もしそびれ。ええい、晴れてるから球根植えてやるう〜。

植えそびれて芽を出しつつあるムスカリ・アルメニアカムの球根と、初夏からず〜っと放ってあるチューリップの球根(子株だから多分咲かない)と。

どこに植えようかな〜。
昨春旺盛なパンジーに負けてしまったのか、枯れてしまったバラ‘ジュード・ジ・オブスキュア’の8号鉢。本当にパンジーのせいかしら?それとも、本当はコガネムシのせいでは。そのあと、ここから立派にアサガオが咲きました。
よし。確認がてら、この鉢を植え替えよう。

鉢をひっくり返して、調べてみる。
う〜ん、バラは確かに全然根っこがない。でも、コガネムシもいない。脱出したあと???
そして、入れっぱなしだったチューリップの子株が、意外なことに、よく見るひげ根以外に、数本太く白い、長〜い根っこを出している。あれ?これ、何???もしかして、チューリップって、地下茎あるの???

ググってみましたら、どうやら条件が悪いとランナーを出して新しい球根を安全なところに作ろうとするそうです。
http://www.tottori.coop/products/faq/flower.html
そうだったのか〜。これで、時々植えたのと違うところからひょろりとチューリップが咲いている訳がわかった。そうよね〜、種からだと5年くらいかかるっていうもんね〜。けなげだわ〜。

さて。ひっくり返した鉢の底に不織布を敷いて(ベランダだから土を流したくないの)、小石代わりのスチロールを入れて、ふるった土に燻炭と肥料(888)と骨粉と牡蛎殻石灰をちょ〜適当に入れて(例によってちびが泣き出す前に終わらせないといけないから急いでるの)。

植えたのは、バラ‘ジュード・ジ・オブスキュア’を挿し木しといたやつ。挿し木しといてよかった〜。もっと正確にやるなら、一度枯らした土にまた同じ植物を植え込むのは病気もあるといけないので避けるべきなんだけれど。いいの。ウチだから。そのために燻炭をちょっと多めにしてみたんだけどね。

‘ジュード’は一回り大きいビニールポットごと植えこんて根鉢を確保。その周りに先ほどのランナー付きのチュリップやらムスカリやらをごっそり放り込み。一番上の手前に、これまた植えそびれていたプリムラ・マラコイデス(Primula malacoides)を。いいんだ〜。この鉢はこの春はムスカリさえ見られれば。ということで、あせらず少しずつベランダの鉢を改善してゆくのです〜。
0
タグ: 園芸 植物 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ