2014/5/9

すこやかな空気  こども

クリックすると元のサイズで表示します

GW、いかがおすごしでしたか?庭主は、前半、つれと初のちび連れで久々に帰省しました。写真は実家のボタン。いや〜、田舎って、やっぱり空気がおいしい。

特に予定してた訳でもありませんが、近所の親戚にもちびをお披露目に。いとこも子連れで来てくれて、こんなに子どもの声に囲まれたのは、もしかすると30年ぶりくらいなのでは‥。いや〜、子どもって、なんてパワーがあるんでしょうね。そこにいるだけで、大人達の空気をがらりと変えてしまう。

ああ、そうそう、底抜けに明るい、熱気にあふれたこの空気。庭主の両親は、どちらも兄弟がたくさんいたので、庭主のいとこは全部で何人になるのやら、小さい頃は長い休みになるといつも母屋に集まって、ドタバタとみんなで家の中やら田んぼをかけずり回っておりました。

うちのちびは。兄弟なし(もう無理)。このままだと、いとこもなし。おお!少子化の時代!かわいそうに‥と思っとりましたが。今回、またいとこ達に囲まれて、まだ6か月ながら、とっても嬉しそうでした。よかったよかった。

そういえば、子どもの頃の夏休みって、長〜く感じたよな〜。今は1日どころか1週間、1月があっという間。え?もう次の予防接種?なんて、時間が飛ぶように過ぎて行ってしまう。時間の流れの感じ方は、例えば1年なら、1歳なら1年分の経験しかないから1/1とすれば、40歳の人にとっては1年はその1/40と短く感じてしまう、という話がありますよね。

ってことは、もしちびを20代で産んでいたら、ちびのかわいい時間を今の倍堪能できたってことかしら〜。そのかわり、つわりの時期も2倍に感じたってことだから、こればっかりは仕方がないわね〜。え、80歳になったら?う〜ん、あんまり考えないことにしよう‥。

さてさて。最近、腰を落ち着けてパソコンに向かえないので、ブログが滞っておりますが。「ちび庭日記 写真編2」の方は、もうちょっとマメに更新しておりますので、こちらもどうぞ。(^^;)
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/
いい空気で充電したことだし、今年は畑も頑張るよん〜!
0
タグ: こども 家庭 日記

2014/3/13

「いいとも」がもうすぐおわっちゃう〜。  日記

クリックすると元のサイズで表示します
珍しく連日投稿。晴れの日は忙しいからね、雨だと書けるのよ。

いやいや、春ですね〜。出会いと別れの季節。お昼に職場で、家で、いつも見ていた「笑っていいとも」がもうすぐ終わってしまう。やはり、見所は「テレホンショッキング。」これがなくなっちゃうのは惜しいにゃ〜。

さて。庭主には、さらに見所があります。それは、テレホンショッキングに登場されるゲスト、もそうですが、そのゲストに届く「お花」。

ほら、やっぱり、ゲストに合わせたアレンジでしょう?テーブルに置かれたお花も。例えば今日は片岡愛之助さんなのですが、それぞれが彩度・明度の高いぱちっとしたお花で、シンプルに赤なら同じトーンの赤だけ、黄色だけ、白だけ、っていう花が、つややかな大振りのグリーンの葉に縁取られて、すっきりと爽やかにまとめられています。でも、質感はしっかりした花びら、柔らかそうな花びらと取り混ぜて。

他の方だと、小花を散らして可憐な雰囲気を出していたり、ポップな感じ、常夏な感じ、シックな、ダークな、上品な、ワイルドな‥と、それぞれのゲストの雰囲気、あるいはそのゲストの出演する映画や番組のイメージを考えて作られていたりする。贈った人のセンスもね。

そんなところも見るのが楽しいんですよね〜。「いいとも」、なくなっちゃうとさみしーなー。「いいとも」をみていた風景。花屋の裏側で伝票を書きながら、事務所の休憩室でお弁当を広げながら。作業服のままお昼に入ったラーメン屋で。同僚と笑いながら見ていたひととき。ちびも産まれたことだし、1つの時代が終わってまた新しい時代がくるんだな〜。そうかあ〜、ふと気がつけば平成も26年!昭和なんて昔、ちびには想像もつかないんだろうな〜。(^^;)
0
タグ: 日記 生活 

2014/3/12

やっと植え替え。  栽培

クリックすると元のサイズで表示します

日中温度17℃。3月下旬の気温!でも、明日からまた冷え込むというので、今日は決意して庭にほったらかしの木の鉢を植え替えることにしました。

う〜ん、気持ちのいい快晴。でも、2.5やら花粉やらが飛び交ってるらしい‥。関東だからまだ2.5はたいしたことはないが、花粉症の庭主、もう目がかゆくてかゆくて。JINSの花粉除けメガネに、花粉をイオンでブロックするスプレーを顔にひと吹き。お、いつもみたいな派手なくしゃみがそれほどでない。いいかも〜。

さて、懸案の鉢。まずはモモ。何年前だったか、某所で種をいただいて、鬱金桜の鉢に放り込んでおいたら発芽してきたのを鉢上げしたもの。
昨年は妊娠中で何も世話ができず、地面に直置きしていたので、予想通り根っこが地面に。

スコップで掘り上げてみるとまあ、そんなに根っこはひどくはない。なかなか枝振りがいいじゃない?一回り大きい鉢に、手近にあった有機肥料888と骨粉と燻炭を土に混ぜて植え付け。今年は花芽は付いてないよう。まあ、花の終わる時期くらいに剪定して形をつけるか。

次は梅‘春日野’。日陰にず〜っと鉢を置いといたせいで、挿し木された台木の部分からひこばえがいっぱい。とっておかないと挿し木の部分がまけてしまう。ひこばえをとってみると。ん、なかなかいい感じの懸崖仕立てになったのではないか。これで枝先の唯一の蕾が開けば芸術的だけど、根も切っちゃったから怪しいな〜。

そして、玄関の日陰の隅に追いやられて息絶え絶えになっていた月桂樹を救い出し、ひどく根を張ってしまったコナラをなんとかしようと掘りあげて鉢を外すべく格闘しているところでタイムアウト。あ〜、ちびが泣き出した。あと30分はかかりそうだからあきらめるしかないな。今日はここまで。次はいつ手を付けられるかしら‥。

‥以上、今月初めに書いた日記でしたが、アップするのがどんどん遅くなってしまいました〜。あはははは‥。(^^;)
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/364.html

さて。震災から3年目を迎えましたね。も〜、いかんです。TVを見てるともう、泣けて泣けて。最近ほんと、涙腺弱くて。しかし、復興がなかなか進まず。全国的にも人口減るんだからこの際コンパクトシティに、とはド田舎で育った庭主も同意するんだけど、人間、ほんとに自分の土地から離れるってとてもつらいことなのよね〜。もう10回以上引越ししてきた庭主はある程度割り切っているのだけれど、もし自分の土地を持つことができて、家も土地も大事に育ててきていたら、しかも先祖からの土地で思い出もたっぷりなら、とても手放す気にはなれないもの。

仮に琵琶湖の北の方にある実家が、ある日人口減のために県庁所在地の大津に集約されることになりました〜、なんてことになったら‥。確かに、冬は格段に住みやすいだろうけどねえ。やっぱり愛しい土地なんだなあ、と。そういえば、映画「風と共に去りぬ」でもスカーレットは産まれた土地に帰ってきましたね‥。産まれ暮らした土地って、パワーをくれるところなんですね。

また、たとえ被災者の方が産まれた町に暮らせたとしても、目の前に高い防潮堤ができて海が見えない、というのもきびしい。海を見る、というのは、単に景観の問題ではなく、危険も豊漁も海の呼吸を全身で感じ取って生きるために海と向き合う、ということなんですから。なんともなんとも‥、難しい問題ですね。少しでもよい方に向かうように祈りたいと思います。
0
タグ: 植物  栽培

2014/2/22

乳児語。  こども

クリックすると元のサイズで表示します


ちび4か月。表現が実に豊かになりました。

まだしゃべるのは先ですが、しゃべることへの準備は着々と進んでいるようです。

親が話しかける口元を嬉しそうにじっと観察するようになったのは2か月頃。
名前を一音ずつゆっくりと呼びかけると、目をキラキラさせてにこーっと口を動かす。

それが向上して最近は、「あー・いー・うー・えー・おー」と呼びかけただけで、きゃいきゃいと喜んで、口の形をまねようとするのです。(実は一音ずつなら何でも喜ぶのですが、母音なら歯がなくても発音できるので。)

昔外国語を専攻していた庭主、たくさんの言葉や初めての文化を覚えようとしているちびを見ているとなんだかうらやましい。私も数年異国にどっぷり浸かりたかったな‥。でも、海外に行けなかったおかげで今の幸せがあるのです〜。人生、そんなもんよね。

さて、庭主のあこがれだった同時通訳さんは、例えば英→日通訳をする時は頭の中でいちいち和訳をしているのではなく、英語で聞き取った「イメージ」をそのまま日本語で伝えている、そうです。

そんな視点で見ていると、赤ちゃんは思うようにいかないと暴れて泣きわめくけれど、決して「伝えたいことがなんだか分からない」のではなく、伝えたいことはしっかりあって、「どうやって伝えればいいか分からないだけ」、なのだなあ、と感じるこのごろ。

‥そういや、昔スペインでホームステイしてたとき、言語体系が同じヨーロピアンの留学生達は2週間で隣国の言葉を習得してしまうんだけど(方言みたいなもんだからね)、日本語体系からの変換で四苦八苦してた私がなかなかしゃべれないもんだから、みんなに「はい、赤ちゃん!」って呼ばれてたのよね〜。う、くやしい気持ちがよみがえってきたぞ‥。

ちびは地上に現れてまだ4か月だというのに、はや泣き声にも多彩なトーンが。日本語などの「言語」としてはまだ習得していないけれど、「メタ言語(声のテンポ、トーンや強弱など」としては産まれた時から身につけている、この不思議。このメタ言語は、人類だけでなく、猫や犬などの動物にもある程度共通しているんだなあ〜。不思議不思議。

例えば、母である庭主がだっこしていたちびを降ろして台所など見えないところへ離れるとき。「う?(え、どっかいくの?)」「うう〜?(どこいくの?)」「うえ〜ん(どこいくんだよ〜)」「え〜ん、えん、えん(はやくきてよお〜)」「んぎゃ〜ん、ぎゃお〜ん、あんあ〜ん、ぎゃう〜ん!!!(もお〜、いいかげんにこっちきてってばあ〜〜〜!!!)」ってぐあい。最後は声量も通報されそうなレベルに‥。

よく、赤ちゃんの発する「喃語(あ〜とかう〜とかいう声」に意味はないと言われますが。日本語にはなっていませんが、発する声にちびなりの「乳児語」とでもいうべき法則があるようです。

まだ歯もありませんし、成長途中でだんだん変化もしてくのですが、今のところ母として解読しているのは、こんな感じ。
•「くぃ〜〜〜」(声を出さずに微笑みながらのど奥につばを溜め込んで鳴らす音):かまってもらって嬉し〜。→猫ののど鳴らしみたいなもの?
•「ねーん、ねんねん」(ねだるような泣き声):おっぱいほしいよ〜。
•「ぐぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」(最近やり出した、のどの奥から出す地響きのようなうなり声。女の子と思えない‥):不満不満不満〜。
・「あ〜お!あ〜!あ〜お!」:お〜い!おい!お〜い!こっちきてよ〜。‥なんだか、お父さんに「お〜い、ちょっと、お茶!」って呼ばれてるような感じ‥。

ベビーサインというのもちょっとやってみてるんだけど、なんせ4か月。「おふろ」「おしめ」「おっぱい」というサインをやると喜んでくれるんだけど、まだそのサインが行動を表しているのを理解している訳でなく、単にかまってくれるのが嬉しい感じ。サインと行動が意味としてちびの頭の中で結びつくのはいつ頃でしょうね〜。庭主も久々に語学をやるか〜。にゃあ。

☆今日のちび庭気温:−1〜6℃ 寒さもそろそろ底を越えますね。最近、散歩に出ると、ちびが大きな木があるたびに不思議そうに見上げます。よしよし、それでこそ庭師の娘!(^^;)
0
タグ: こども 家庭 日記

2014/2/4

子育てグッズ  こども

クリックすると元のサイズで表示します
子育て生活3か月目。今日は午後から雪だそうな。ちび庭には初雪になるかな?

ということで外にも出られないので、久々の更新を。
園芸ネタもないので、使ってよかったな〜と思う子育てグッズの続きを。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/351.html

3. ベビーバス
マーケットブレインズ ネかせてベビーバス
http://product.rakuten.co.jp/product/ネかせてベビーバスマーケットブレインズ+TiTiベビーバス+おふろ+ねかせてベビーバス/5d4296a06d5a75721685929fc8df5915/review/?scid=s_kwa_dsa4

空気を入れて膨らますタイプ。背の高い庭主には、台所の流し台の上において(*注:シンクの中ではない)ちょうど良い高さで助かってます。縁も柔らかいのでいい感じ。空気入れ付き。一度背の縁の折れたところに穴があいてしまいましたが、瞬間接着剤&布タイプのガムテープで補修して使ってます〜。

4. バギーマスク
http://www.amazon.co.jp/ビリーブ-Buggy-Mask-バギーマスク(1枚入)/dp/B0065T6TM8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1391491363&sr=8-1&keywords=バギーマスク

いろいろと寒い時期は流行性の病気が流行ってますね〜。ウチは車もないので、移動するとしたら公共交通機関。まだ月齢も低いのでほとんど遠出はしませんが、図書館やらちょっとしたお買い物にもいい感じです。使ってるとちょっと大げさかなあとも思いますが、咳き込んでるよその子のそばを通る時など、つけといてよかったとほっとします。今はちょうど寒い時期なので、他の人には単なる防寒カバーに見えるようです。

5. ふわもこ座椅子 Rabbit
http://item.rakuten.co.jp/low-ya/vg-rabbit/

ウチは和室なので、妊娠中にだんだんおなかが大きくなって座ってるのがつらくなって買ったもの。今ではすっかり第2のベビーベッド状態。目を離してはいけませんし、寝返りを打つようになるとちょっと考えないといけないと思いますが、今のところ昼間は私の膝の上かこの座椅子が定位置です。ぐずる時は狭いけどこの上で添い寝して、そのまま寝たら母はころりん、と転がって脱出。おむつ替えもこの上が多いです〜。

6.骨盤ベルト‥?
ところで。お気に入りの骨盤ベルトがだいぶくたびれてきたので2つ目がほしいと思ったけれど、いいお値段がする‥。う〜ん、と考えて思い出した、出産のとき一度つかったきりのさらしの妊婦帯(5mの木綿布)。これをはちまきのように適当な長さで切りっぱなしにして使ってみると。おお。伸びすぎずしまりすぎず、汗もかかないし軽くて洗濯もしやすくて良いではないか。ということで、もっぱらこちらを愛用しています〜。

さて。夕方、予報通り雪になったので、ベランダからちびに初雪を見せてあげました。不思議そうに雪の舞い降りる空を見ていました。来年はおばあちゃんちでそり遊びしようね!
0
タグ: こども 家庭 日記



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ