2012/11/7

ありがとう  北京旅行

クリックすると元のサイズで表示します
あらら。長城の写真がないわ。そうだ。私のカメラがメモリが足りなくてつれのを借りたんだった…(上の写真は、北京の鐘楼からみた胡同)。


万里の長城の遭難。なんとも痛ましいかぎりです。この時期、もうそんなだなんて、50年ぶりの大雪とはいえ、北京の辺りって、やっぱり寒いのね。


そうそう。山の天気は、変わりやすいのよ。雪国育ちの庭主、実家から歩いて30分のスキー場はまさしく庭のようなものでしたが、それでも視界がホワイトアウトしたときの恐怖ときたら。


前後左右真っ白で何も見えず、ただすごい勢いで積もってゆく雪の音がするだけ。父はよく、雪に降り込められるとこの世の終わりのようだ、と申しておりますが、本当に、パニックになって、現世に帰れるのだろうかという気分になります。


そんな、地元の人たちも困惑するような大雪の中を。こんなご時世にも関わらず。


見ず知らずの日本の旅行者のために、自らの危険も顧みず救援に行ってくださった、中国の地元の村の沢山の方々、救援隊の皆様。本当に、ありがとうございます。


きっと、本当は自分たちの方こそ思いもかけない村への大雪への対応で手一杯だったろうに、しかも、いちばん山に入るのを避けたい時に。無謀でとても残念な結果になってしまったツアーのために、一生懸命に救助してくださった中国の人々に、心からお礼をもうしあげます。(だって、どのメディアも迷惑をかけた村の人たちにありがとうって言ってないんだもの…。)





…庭主が有名な万里の長城の八達嶺に行ったのは、オリンピックの直前でした。


中国語は全くしゃべれず、ガイドブックと鉛筆とメモ用紙を頼りにドキドキしながら一人で乗り込んだ、北京からのツアーバス(一応英語対応でしたが)。途中、明の十三陵に寄るという日帰りコースでした。


ガイドさんに近いところを、と前の方の席に乗り込んだら、隣はとても気のいいおじいさんでした。ずいぶんお年を召した方で、全く会話は通じないのですが、にこにこと地図を指差したり、ナツメやらお菓子やらを勧めてくれたり。バスの窓から名所が見えると、見逃さないように私の膝をたたいて「ほら、あそこ!」と一生懸命指差して教えてくれるのです。


途中休憩でバスが止まる時も、私が迷子にならないように気をつけてくださいました(なんせ、時間に遅れたら置いていかれるものですから)。おかげで、ひとりでとても不安だった私は楽しく過ごすことが出来ました。


初めて見た、壮麗な長城がどこまでも続く景色の雄大さと、紅葉しはじめた山々の美しさと共に、おじいさんの親切が懐かしく思いだされます。


最近両国の間がギクシャクしてるのが大変悲しく思います。早く修復されるように願っている今日この頃です。


☆今日のちび庭気温:9〜15℃ 北京を襲った気圧の谷がようやく市川の空も通り過ぎ。たまった洗濯物をせっせと干しております。(^^;)
0

2008/12/3

青丹よし 古の都はユニバーサルデザイン  北京旅行

クリックすると元のサイズで表示します
ええ、前回、坪庭のルーツなんて事を描きましたが。今回は、北京の街の造り、についてです。
あちらこちらと北京の街中を、自分の足で歩いてみて感じたことを。

この旅行では、つれの出張にくっついて行ったため、土日以外は一人で歩くことに。庭主、昔西語と英語を習いましたおかげで、海外でもそこそこ意思疎通ができておりました。どちらも通じないところを一人で歩いたのは初めてで、結構キョーフ感が。言葉が通じないって、こんなに心細いことだったのか。

でも、ちゅーごくなら漢字は読めるし、予想以上にスムーズに一人旅ができ、もう満足満足。北京に4年ほど住んでいたというつれの職場の方にも、「中国語を話せないのに、いきなり奥さん一人で歩かせるなんて、旦那さんもなかなかスパルタですねえ〜。私でさえ未だに抵抗があるのに、よくバスで動けましたねえ。」と言われました。庭主も最初はそう思ったのよ〜。

ん〜。でも、逆に日本の下手な路線よりもずっと乗りやすかった。

まず、どのバスも地下鉄も、最新式ということもあって、電光掲示板が完備。
地下鉄なんて、東京のよりも通路、表示共々非常に乗り換えが分かりやすいし、料金は一律2元だし。
その上バスは、バス停の看板に路線ごとにすべての停留所の名前が書き出してある。市内はほぼ一律1円で全部先払いだし、中にはワンマンのバスもあるけど、たいていは車掌さんが乗っているので、紙に行き先を書いてみせると親切に教えてくれる。

おまけに、バス停の看板で行き先を指でたどっていたら、「ここよ」と、並んでいた人が乗り場を示してくれたり。皆さんとっても親切で嬉しい。オリンピックもかなり貢献してるのかな。

さらに。よ〜くかんがえると。そういえば庭主、ついこないだまで京都に住んでたのよね。そう。京都の道路は、御所を囲んで碁盤の目。そして、北京も同じ。当然ですよね。中国の都を模して京の都は造られたんだもの。だから、自分の位置を読みやすい。少なくとも東京よりは。かなり勘で乗り換え場所をつかめる。

なんせ、中国は広い。全国からた〜くさんの人が集まる。下手すると、言葉(方言)が通じなかったりする。昔っから、「世界中の人が集まる」=「よその人にも理解しやすい」ユニバーサルな感覚が養われているのでしょうね。

そして、おもしろいんだけど、、何となく他の位置関係も似ているような(縮尺と方向はすご〜くいいかげん)。
ホテルのある北京一の繁華街、王府井(わんふーちん)は、故宮の南東。京都の御所の南東は?そう。四条河原町!それから、
故宮北西→頤和園、円明園、紫竹園などの風光明媚なエリアが。御所北西→嵯峨野の大沢池や仁和寺、竜安寺など、やはり天皇の別荘地が。
そして、故宮北→景山公園(北京の宮城の基軸)、御所北西→船岡山(昔の御所はもっと西にあり、ここが基軸だった。)。故宮のそのさらに北にはオリンピック公園、御所北には宝ケ池の球技場。
故宮のすぐ西隣には、南海。御所西には、神泉苑。
そしてそして。故宮南→庶民の街、大柵欄。御所の南には錦市場。
どうでしょう。まあ、似た地形を選んでいる、とはいえ。ちょっと無理もあるけれど、ここまで当てはまると考えると、ちょっと面白いなと。何でしょうね。人間の動線って、似るんですかね。

そんなこともあって、庭主にはとっても勘が働きやすい。

でも、川の流れ方はちょっと違うんだよな〜。さすがにすっかり同じには行かないか。
日本庭園を造るとき、流れは「東から南に」というのが良いそうで、中国の都市を造るときの風水に習っていると聞いたのよね〜。でも、北京では現在は北から故宮の西側を通って南に流れているの。昔は違ったのか?それとも、北京より古い西安の都ではそうなのか?ま、いずれも北から南には来てますよね。

北京の街歩き。歩道も広くて、緑も豊かで、人に優しい都市だなあ、と思いながら歩いた数日間でした。(^_^)
0

2008/11/25

か・ん・こ・う・た・い・こ・く のゆくえ  北京旅行

クリックすると元のサイズで表示します
え〜、いつだったか、「東京をガーデンシティに」という話に目を輝かせたものの、その後それほど目覚ましい印象もなく。まあ、それでもすこしずつ、新しいスポットには緑が増えましたよね、と思っておりましたが。

*  *  *  *  *

北京では、本当に圧倒されてしまいました。街の中に堂々とそびえるたくさんの大木、その樹冠の健康的なこと。どこまでもきっちりと手が入れられた、美しい緑地帯。その大規模なこと。奇岩を組み合わせたダイナミックな庭園、陳腐な想像を気持ちよく裏切る造形美。

やっぱり、大陸のスケールは違うのね〜。確かに、こんなに公園やら施設やら何やらの規模が日本とは桁違いに大きくても。飛行機から見下ろせば、そんな北京の街も、深い深い無人の乾燥した山脈が広がる大陸の,ほんの、小さな一部分。どこに行っても家があり、誰かしらには出会う小さな島国の日本とは、ほんとうに違うんだ。

でも、どこかしらに、そんな島国に海を越えてやって来た、庭園文化のルーツを感じます。あの京都の、こじんまりした坪庭に納まるまでの、日本庭園の原型を。空海が、最澄が、はるばる大海を渡ってやって来た(といっても、彼らがたどり着いたのは北京ではなく西安でしたが)目には、都はさぞかし最先端のきらびやかなものに映ったのでしょうねえ。

悠久の大河、雄大な峡谷、大自然と優美な石橋、壮麗な寺院仏閣。大陸中のあらゆる風景が大国の都の庭園の中に縮景として表されて宮廷の人々の目を楽しませ、そんないくつかの風景の「お約束」が、はるか日本へと伝えられると、さらに縮景にされて、禅の庭に反映される。

頤和園の昆明湖にも、北海と呼ばれる故宮横の大きな湖にも、それぞれ「蓬莱山」を模しているであろう中の島が。この単位の湖が、日本では数十m単位の池となる。そして、蓬莱山中に数々建立されているお堂や祠は、灯籠や石塔として簡略に和庭に再現される。なんとおもしろいことよ。ずいぶんと壮大な伝言ゲーム、とでもいうべきか。命がけで海を越えた僧侶たちが本当に伝えたかったのは、こんな破天荒な感動だったのか、と、ただただひたすら感嘆するばかり。京都でみた数々のちいさなお庭たちを頭に思い浮かべながら、名所を歩き続けました。

どれも、桁違いの規模の人の手をかけて築かれた風景。日本のみならず、これだけはどう転んだって他のどの国も真似ることはできないだろう。

*  *  *  *  *

そして、庭主が最も気になるところ。それは、10年、20年、30年後の北京の風景。もし、仮に、市場経済化が進んだとしたら? この国の人々が今よりずっと豊かになり、人件費も上がっていったとしたら?

そのとき、この美しい緑地帯は、公園は、まだ瑞々しく維持されているだろうか。日本のように、「お金がないので維持できない」、なんて、荒れて悲しく雑草ばかりが目につくなんて事がないように、世界第一級のガーデンシティであり続けてほしい、と思うのです。
0

2008/11/11

理論と実践の間  北京旅行

クリックすると元のサイズで表示します
には〜♩ふか〜く〜てなが〜い〜かわ〜あがあ〜あるう〜♬

あ〜、どなたかのブログタイトルをちょっとぱくってしまったよーな。
ええ〜、庭主も、「えんげーふくしのーえん」に努めてようやく1年が過ぎました。う〜。しかしながら、漂っておりますこの惨敗感。

あんなにも意欲的に方々でお勉強をしてきた(???)にもかかわらず、花の出来のひどいこと。ま、いろんな悪条件があるとはいえ。これは本当に条件のせいだろうか?ほんとはやっぱしノーリョクがないんじゃないのかあ〜(はい、そのとーりです)。ああ。私って。orz

そうですね〜。イメージは映画「県庁の星」。机の上でこねくり回された「起案書」なんて、畑の土の上では焚付けの紙も同然。臨機応変を重ね、発端さえ怪しくなってゆく…(おいおい)。なんてわくわく、冒険に満ちているこの世界。

やっぱり事件は、現場で起こっているのよ。だから毎日土に触るのよ。そうそう。経験こそが最大の知恵。やる気がわいてきましたよお〜!!!


さて。写真ブログではさんざんのせておりますが、先月、連れにくっついて北京に行ってまいりました〜!!!やったあやったあ。

前回,初めて中国へ行ったのは5年前。場所は成都でしたが、すてきに大きな街路樹と、古い街路を取り壊して開発されてゆく美しい道路の緑地帯が印象的でした。「これじゃあ、日本の緑化技術もすぐに追いつかれちゃうなあ〜」なんて思ったのでした。

さて、今回。前言は間違いだったことを悟りました。

「追いつかれる」のではない。最初から「向こうの方が遥か上」だった事に気づきました。ああ、さすが中国4千年。大陸は大きかった。

空港に降り立ちタクシーへ。「おお、さすが、オリンピックだけのことはある。なんて緑地帯がきれいなんだ!」→繁華街を歩いて「しかし、ずいぶんと徹底してきれいにしてあるね〜。花壇も本当にきれい。剪定もばっちり。」→郊外へドライブ「…尋常じゃない。この整備力…。」

どこの小さな公園も、街路も、ホテルや街中の植栽も、ありとあらゆるところが。「手入れをしていないとこがない!」。こ、こんなことが、あっていいのか…。不肖、私もぞーえんやの端くれ、夏の暑いさなかも凍るような冬も街路の剪定掃除草むしりをやってきた身。大の男が5人かかってもせいぜい1四方。でも、これ、人間が手入れできる面積じゃあないでしょ!!!

国が主導かつ人口が多いというのはなるほどこういうことか、と、圧巻だったオリンピックの開会式のパフォーマンスを思い出したのでした。

そうそう。本当に、きれいなの。
公園には雑草一つ生えていないし、そして、ベンチはもれなくピカピカに磨かれ、鳥の糞が落ちてるなんて事は絶対にない。
どこでも、必ず誰かが掃除をしているの。なんて、なんて素晴らしいんでしょう。

そして、あらゆるホテルや店には堂々たる風格の観葉植物が置かれている。その植物たちの健康そうなこと。また、車道に揺れる柳の大樹の本当に美しいこと。根本的に、緑に対する美意識がおそろしく高いんだ。

ああ、ちゅうごく、おそるべし。もう、ほれぼれ。感嘆のため息ばかり。
いや〜。実に、実に有意義な旅でございました。北京緑報告、続くぅ!

☆ 今日のちび庭気温:8〜18℃ さ、さぶいですね。ちび庭はすっかり日陰庭。今年こそは、ベランダを活用してゆく所存でございます。(^_^)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ