2006/9/28

振り返れば鳩がいる  京都

これは巣の構築を賭けて戦った2羽の鳩の物語である…って、古いね。

数日前の夜。裏のストッカーにゴミを置に出た時の事。
ちび庭の隅、アラカシの木が1本だけ植わっている。傍らをすり抜けようとすると、木の奥で何やらごそごそ音が。

ん?鳩が寝てたかな?と思って、そのまま忘れていた。
次の朝、ときおり鳩がちび庭に飛び下りているようだったけど、全く気にせず。ん?鳥が来てるなあ。こうやって私がいない内にメダカを食べていったのかしら?(去年、買い足したメダカは知らない内に跡形もなく水鉢から消えていたのだった…)な〜んて、思ったりはしたけれども。

さて。水やり。と、ちび庭に降りかけたら、砂利の上に、半分羽を伸ばしてへたばったように座り込んでる鳩が。
「なに?けがしてるの?あしおれてんの?」と様子を伺っていたら、しばらくして、なんでもなかったような顔をしてフェンスの向こうの畑へ飛んでいってしまった。

「???」

さらに時間が立ってから。また羽音がする。降り立つ音、+アラカシの木に突っ込む音。これが、数回。

「?」

木に近い風呂場の窓からのぞいてみると。なんと、窓のすぐ前あたりの枝に枯れ枝がいっぱいぶら下がっている。鳩がせっせと枝をくわえてきては運び込んでる!!!
しかも、よく見ると、枝の奥にもう1羽。

おお!巣作りではないか!!!ななんと!かわいい!
「みてみて〜!」と連れに報告すると。「でも、フンとか汚いよ〜」との返事。「でも、かわいいよお?」というと、「好きにしてください」と言われた…。ぐすん。

不衛生なのは知ってるけど(昔怪我したやつを保護したことがある。)、そんなに神経質になるほどでもないんじゃ?と、念のためネットで調べてみると。う、案外フンの害は洒落にならないかも…ってか、実際かなり衛生的にやばそう。しかも、一度卵を産んじゃうと、野生動物保護法のため勝手に取り除く訳に行かないらしい。

どうしよう〜ッと思いながらもかわいいので何度も見に行っていたら、鳩が警戒したのかいなくなってしまった。が〜ん。かわいかったのに〜、と思いながらも、家のしかも窓のすぐ真ん前だし、と、涙を飲んで「他で作ってね」っと、まだ形をなしていない枯れ枝を棒で振り落とし。

やっぱりなんだか悪いことをした気になって、あ〜あ〜、かわいかったのに〜、引きずる始末。とはいえ、ちょっとほっとしたような。

ところが。
午後も随分すぎた頃にまたぱたぱたと音が。
「!!!」
いましたいました。
落された枝をせっせと運び込んでいる。わ〜いっ!やっぱりかわいい。これ、キジバトだなあ。オスが地面に降りて、枝をくわえて、フェンスに飛び乗って、アラカシの枝まで90°旋回しながら飛ぶ。そして、必ず枝をメスに渡して、メスは受け取った枝を自分の周りに差し込む。ひたすらこれの繰り返し。
オス:「いってくるっ」どさっ。ぱくっ。ぱたぱた。ばたばたばたばた。「はいっ」
メス:「ん〜、いいわね。んじゃこっち。次。」
オス:「いってくるっ」どさっ。ぱくっ。ぱたぱた…
これが延々。
仲睦まじいなあ〜。こりゃ、追い出せない〜。ねえねえ、どーする?「好きにしてください。」あ〜ん。

ご近所の批難に覚悟を固めつつ、ま、1、2か月だし、そっとしとくか…とおもっていたところ。夜になってぱったり姿が見えなくなった。「い、いない…」
どうやら、原因は台所の換気扇ではないだろうか。夕飯のしたくで、きっと煙がまともに来るのにおそれをなしたのでは…。それからはぱったり見ない。あ〜あ〜、かわいかったなあ〜。ヒナもみたかったなあ〜、と思いつつ、ほっとしたのも正直なところの庭主なのでした。

☆今日のちび庭気温:18〜26℃ ずいぶん涼しくて気持ちいいですね〜。明日はちょっと暑くなるのかな(^0^)
0
タグ: まちあるき 文化 

2006/9/21

はっ、として、顔を上げる。  京都

瞬間、ぼうっとしかけていた意識が引き戻されたような。
???
持っていた箕を手放して、竹帚を握ったまま振り返って、道の向かい側へ。
コンクリートの塀の上、濃い硬い緑の葉っぱの中。
ん〜、?

あったあ!ありましたあ!
今年初めての、キンモクセイ(Osmanthus fragrans var. aurantiacus)のつぼみ。
ほお〜。もうそんなじきですかのお〜。はやいですのお〜。ほっほっほ。

どれどれ?あのいつも気になっていた、三角形の、どうみてもウロコかバルタン星人のハサミにしか見えないようだった芽は、いったい花芽だったのかしら?葉芽だったのかしら???う〜ん、よくわからない。すっかり跡形もなくかわいい蕾に変身している。
あれからどんなふうに育ってこのかわいい蕾が出ているのやら???
なんだか、いきなり咲いたようで慌ててしまいます。

ほんと、いいにおいですね〜。ちなみに、庭主はギンモクセイの匂いもとっても好きです。ちょっとミルキーのような、甘いけどより淡い上品な匂い。でも、こちらは花も少なくて、匂いもか細い感じ。なかなか出会えません。昔住んでいた家には植えてあったんだけどなあ〜。

さて、今日は、匂いのお話。
ここ数日、ずう〜っと比叡山のふもとのシキミ畑で草刈をしておりました。背丈ほども茂ったススキとシダにうんざりしながら斜面と格闘していたのですが、そのほんのちょっとした役得。シキミ(Illicium anisatum)って、ご存じですか?仏壇に御供えする、いい匂いのする緑の葉っぱです。草刈機をいれるたびに、いっしょに刈り取ったひこばえから、クスノキとはまたちょっと違う、ふわっといい匂いがします。園芸店にいた頃、このシキミを一抱えもある山取りの大きな枝の束から良いところを選りすぐってお供え用の束に仕立てていたのですが、そのときも「ん〜、いいにおい」っとうっとりしていたものでした。

このシキミ、調べてみたら、なんと意外なことが。
実が猛毒である!って事は知っていたのですが。なんと!実に含まれる「シキミ酸」という成分は、あの鳥インフルエンザのお薬、「タミフル」の原料なんですねえ〜!!!ね、ね、この実拾って帰ったら高く売れる???(注:シキミの実は劇物指定です。安易に持ち歩かないように。)
そしてそして。なんと、シキミって、スギともどもお線香の原料だったのね〜!!!

そおかあ。線香の匂いかあ。…。たしかに、お寺好きの庭主としては線香の匂いは嫌いじゃあないが…。んでも、生のシキミの匂いはもっと爽やかないい匂いなんですよお〜。そうそう。ミカン科だからいい匂いするんだ、なんて思ってたら間違い。モクレン科だったのね。ミカン科なのは「ミヤマシキミ(Skimmia japonica) 」の方。そう言われれば、花がヒメコブシに似てるといえなくもない???

最後に、最近のお気に入り。
アロマテラピーに凝りだした、という訳でもないのですが。急になんとなく香りがほしくなって、買ってしまいました。マンダリンオレンジのハーバルオイル。香水に憧れながらも、すぐに頭が痛くなる(というのと、仕事上。蜂がよってくるらしい)ので一切つけない庭主。でも、肩や首筋がすごく凝り性なのと、お仕事から帰ってきたらな〜んか気分転換したいっ!ということで、つい。

それも、とあるお庭のお手入れをしていた時の事。夏の猛暑の中の作業で、「あ〜、もう体がうごかない〜っ」と、かなりぐったりしてきたころ。目の前でスダチ??なのか、ミカンの若い実なのか、濃い緑の小さな実がポトリと枝から落ちた瞬間。ふっと、柑橘系のあのすっぱそうな匂いがして、急に目が覚めたように、頭と体がしゃきっとしたんですよね〜。おもわず、拾って匂いを深く吸い込んでみました。う〜ん、香りの威力、恐るべし。

でも、探すとなったら匂いにもこだわりが。リラックスのオレンジ?やすらぎのラベンダ〜?ロ〜ズもいいよな〜。お肌にいい匂いっていうし…と、いろんなメーカーのアロマテラピー用のオレンジやらローズやらを試してみるのですが、なかなか自分が「これっ!」イメージしているて匂いって、いざ探してみるとないもんなんですね。甘過ぎず、辛すぎず(?)…それだけ、人が「これがオレンジのにおい」と思う匂いは実は千差万別って事でしょうか。「ローズ」に至っては、バラ自体がいろんな系統の匂いがあるし…こちらは、イメージのがなくてあきらめました。

マンダリンオレンジのハーバルオイルで酷使した手や肩のマッサージ。くせになりそうです。あなたもお気に入りのひと瓶、いかがですか?(BGMは『茶色の小瓶』)。

☆今日のちび庭気温:18〜29℃ お天気よかったですね〜。桜の木にほんのすこ〜しずつ、黄色い葉っぱが混じり始めました(^0^)。
0
タグ: まちあるき 文化 

2006/9/9

う〜ん。  京都

宿題、というほどでもないのですが。お花がヌスマレナイ方法、あなたなら、ど〜する???
私がとってもびっくりしていること。お花を植えると、「とられてまう」ということなんです。
なんだかすさまじい。これって、全国的にそーなの???まさに、「想定外」なのですが。

シゴトで公共の場に花壇を作ることになっているのですが、一番に相談されたのは、花の植え方でも管理方法でもなく、「どうしたらヌスマレナイか」。は、はあ〜 (^^;)

うん、でも確かにあるんですよね〜。年末に料亭にお正月の門松を納めたら、もう元旦には玄関から跡形もなく消えていた、とか、お気に入りの大きなテラコッタ鉢の寄せ植えがなくなった、とか。

前にも書きましたが、団地の植栽管理をしていた時、植えたパンジーがだんだん根こそぎ消えていったり。「ネキリムシとか???」と、初めは信じられませんでしたが、結局半分ぐらいになっちゃったもんね〜。おそうじのおばさまも「あ〜っ、黄色いの全部なくなってしもてるやん。とられるんやったらウチもろて帰るんやったわ〜。」な〜んておっしゃるところが御愛嬌。お花、どこいったんでしょうね〜。

みなさん、そんなとき、どうしてます?(っていうか、やっぱりそういうこと、あるんですか???)

思い付くのは、
1.根株を紐で数珠つなぎに結んでおく(う〜っ、手間かかるう〜)
2.ネットを敷いて、編み目の間に植え込む(でも、植え込めるって事は、掘りだせる???後で草むしりの邪魔になりそ〜。)

「農薬まいてます」ってアピールするなんて話もどこかにあったけど、子供達も遊ぶところだから、ちょっとまずい。一番現実的なのは、何の花か分からないぐらい苗が小さいうちに花壇に植え込んでおき、花が咲く頃にはしっかり根を張らせるってことぐらいですかねえ。どう考えてもとる人はとるのよね〜。モラルを高める努力、ってとこですかね〜。

どなたか、イイお知恵がありましたら、おしえてやってくださいませ〜〜〜〜〜〜!


さて、だいぶ、本当にここ1週間はずいぶん涼しかったですね。こうなると、一気に秋の花がほしくなるからたまりません。しまった、やっぱ、サルビア類を植えとくんだった〜〜〜〜〜!っと今さらの嘆き。そういって近所の花どころを見回してみても、今ある苗はウモウケイトウとトレニアと小さくなったペチュニアとベゴニアセンパフローレンスぐらい。ちょっとコリウスとキク苗類が出てきたか?

あ〜ん、サルビア(Salvia spp.)集めした〜い!!!も、土の地面があったらいっぱい植えちゃうもんね〜。S.コクシネアの白とピンクのやつほし〜い!しまった、去年府立植物園で種を拾ってきたのを撒いとけばよかった。s.ファリナセアも、S.ガラニティカも、ホットリップスも、ほし〜よお〜(現在ちび庭は「育てる」重視の為、色彩構成は一切無視しております。あしからず。m(..)m)。残念ながら、この辺ではそんな「しゃれた」やつはなかなかお目にかからないのです。うう、サカタネが懐かしいっ!!!

そおそお、春先は、「サルビアなんて、場所採るからな〜」っと、種まきしなかったのでした。ああ、失敗。でも、なんていうか、その季節になってはじめて恋しくなる花って、ありますよ、ねえ?
サルビア図鑑を眺めてなぐさめております。ああ、すてき。イギリスのウィズレー植物園でみた黒いサルビア S. ディスコロール(S. discolor)、かわいかったなあ〜〜〜〜。

サルビア図鑑
http://homepage2.nifty.com/~yoji/salvias/index_frame.html

☆今日のちび庭気温:21〜31℃ なんだか気温は下がったのに今日に限って妙に蒸し暑かった1日でした。やっと今頃ゴーヤがなり出しましたよ。よくみると、ミニチュアゴーヤがあっちにもこっちにも。新たな収穫に期待です。
5日にセルトレーに撒いたパンジーも芽を出してきました!う〜ん、ちゃんと育てばオヤカタが買い取ってくれるとかなんとか…無事に育つといーけど。
0
タグ: まちあるき 文化 

2006/8/30

虫の声。  京都

ひりりりり、ひりりりり、ひりりりり…
ぴるる、ぴるる、ぴるる…
じ、じ、じ、じ、じ、じ…
きるるり、きるるり、きるるり… ほろ、ほろ、ほろ、ほろ…

いったい何種類あるのでしょうか。すっかり涼しくなったちび庭の夜。空には少し雲がかかり、前の畑の上を、どこまでも虫の声が響いていきます。

どこからか、ちりんちりん、と、透き通った風鈴の音も。音の贅沢を楽しみながら、パソコンのキーをたたいているのは、なんだか嬉しいものです。

暑さがちょっと和らいだせいか、久し振りに小さなアマガエルやちいさなヤモリなんかが、鉢の影からちょこりん、と顔をだしました。季節は、動いているんですねえ。

鳴き声って、表すのが難しいものですね。よく、鳥や虫やらの鳴き声が図鑑にカタカナで載ってたりしますが、聞く人によって捉え方が違うので、本当はどう鳴くのかさっぱりわからない。

なので、逆に耳で一生懸命鳴き声を覚えていても、いざ図鑑に向かうと、どれもそうなんじゃないかと思えてしまう…。最近はネットにも音のサンプルがあるので、その気になれば調べることはできるのですが。

そうそう。例えば、こちらは昼間ですが、蝉の「ツクツクボウシ」って、庭主には最後の部分が「トッポジージョ」って聞こえるんですよね〜。「オーシーツクツク、オーシーツクツク、オーシーツクツク…オーシーツクツク、トッポジージョ−、トッポジージョ−、トッポジージョ−、ジ〜〜〜〜〜」って。

あと、何ゼミですかねえ?「シ〜ゲシゲシゲシゲシゲシゲ…」って聞こえるの。思わず元気な同級生を思い出してしまったり。

もうそろそろ8月も終わり。大好きな、秋の夜長がやってきます。下駄履いてお散歩にいい季節〜。

☆今日のちび庭気温:23〜36℃ 気温差が大きいですね。でも、よる涼しいのは嬉しい〜〜〜!すこしずつ、植物が夏バテから回復してゆくのを感じます。(*^_^*)
0
タグ: まちあるき 文化 

2006/8/21

Live in Kyoto.  京都

タイトル、文法的に間違っていますが。今日は、「キョウトで生活」と、「キョウトでライブ」の2題。

まだまだまだ暑いです、ねえ。お家にいても、昼間クーラーを止めていると、もう全然頭が働きません。で、極力外に出ることに。んでも暑い。

このご近所、昨日今日は地蔵盆だったんですねえ。住宅街のあちらこちらで、テントが張られて、子供達とご近所の方々がたまっています。

蛇塚古墳(なんと、住宅街ど真ん中に大きな石室がでん、とあるの。)の横では、ビニールプールを並べてぴちゃぴちゃ。昨日の夜も本屋まで出かけたところ、あっちこっちで本格的盆踊りあり、花火あり、ゲームあり。飲んでる大人達あり、と、町内会によって内容も様々でした。

でも、こうやってご近所さんで集れるって、いいことですよね。私も小さい頃、実家のお地蔵さん傍のお家に緋毛氈が敷かれて、どっさりのお菓子のお供えと折り紙のお飾りとに、すごくワクワクしたのを覚えています。

そういえば、祖母の呉服屋の2階のミシンで、夏休みにせっせとお地蔵さんの前垂れ(よだれ掛けって言ってましたが…)を縫ったこともありましたね〜。

そんな町内を通り抜けて、例によってお寺を巡ろうかと、まずは京都駅まで。でも、お昼過ぎはやっぱり暑い…。しばらく構内で涼もう、と、駅の名物大階段を上がっていくと。

なにやらリハーサル中。ふ〜ん?と階段に座って休みがてらみていると、どうやらゴスペル系のコンサートらしい、が、なんだかえらい大人数。アマチュアさんなのね、とそのまま座っていたら、これがこれが、頭のとこだけ曲目を馴らしていたのですが、なかなかの歌唱力。い〜んではありませんか???

これって無料かあ〜。ふ〜ん、5時半からか。んじゃ、本番に来てみるのもよいかなあ?でもそうすると、あんまり遠出はできないなあ〜。

ふに、じゃあ、ご近所の西本願寺を一度のぞいてこよう。

で、暑い中てくてく西本願寺まで。ところが(っていうかやっぱり?)、残念ながら見られたのは巨大なお堂だけ。お庭も世界遺産なのに〜。残念。門徒さん限定なのね、って、うち、お西さんだと思うんだけど…ってのじゃ駄目か。まあ、伽藍としては、重厚なお東さんも迫力だけどこっちの方が雰囲気がやわらかくって親しみやすいかなあ。ちょうどお坊さんがお経をあげはじめられたところで、なつかしい「き〜みょうむ〜りょう〜じゅ〜にょ〜らい〜、な〜む〜ふ〜か〜し〜ぎ〜こう〜」の文句を聞くことに(ここしかわからない…)。

いとこの家がお寺さんなので、昔からよくこのお経を聞いていましたが、これが本家本元の「ご声明」なのね〜、っと聞き入っておりました。さすが、5人ほどのお坊さんが、姿勢も正しく息もぴったり、音程もぴったり。美しい声です。これってジャパニーズゴスペルよね。

5時半前の京都駅、「Voice of Peace Summer Concert 2006 」。大階段に戻ったら、なかなか階段が埋まっていますが、前から3列目に座れちゃった。

前座に出てきたのが男性4人のグループ「Cooley high harmoney」。これがアカペラで歌うんだけど、うんまい!プロですか?とおもったら、神戸で活動してて、全国ツアーを終わったとこ。最近CDを出したらしい。Voice〜の中から認められてプロになったそう。これは今後注目では??もしかして、数年後はこんな近くで観るなんてかなわないかもね〜???

そして、100人の歌い手さん達!あの指揮してる女の人、きっと昔、同僚に「ゴスペル習いに行かない?」とさそわれた時にパンフレットに載ってた講師の人だ…。忙しくて結局どちらもいけなかったんだよな〜。いいなあ〜。ちなみに庭主、小学校の時コーラスやってました…。とっても美しい先生で、「声は人間の最高の楽器です。どうか、忘れないでくださいね。」と言って、お嫁にいかれたのでした…。それからやってない。くっすん。いいなあ〜。

曲目は、ゴスペルから、一青窈の「花水木」、夏川りみ「なだそうそう」、平原綾香「ジュピター」等々。も、かなり「歌手本人が歌ってるレベル」にうまかった!!!こういうのって、歌う人によって少しずつ歌い方も変わっちゃうもんだけど、それぞれの発声法まで徹底してるなんて、すごすぎ。舞台を見なければ、そこに一青窈さんや夏川さん、平原さん本人がいるようです。もううっとり。発声力のある歌声って、やっぱりすごく感動しますね〜。正直、うるうるしながら聞いていました。


という訳で、ライブ三昧の1日。たまには音楽もいいですね〜。京都駅の大階段。駅にあって、しかもこんなにオープンなんて、いいですよね。すごく得した気分。これはかなり街づくりには有効な方法ですよね〜!そうそう。京都駅の「えき」美術館でやってる「チェコ絵本とアニメ−ションの世界展」も、大満足でしたよ。京都駅がすっかりお気に入りの庭主なのです…。

☆今日のちび庭気温:28〜37℃。けぽ。あ〜、夜温が高いですね〜。ウチが1階なだけに、窓が開けておけないのが辛い…。やっぱりクーラーなしには…。ブドウ棚、がんばって育っておくれ…。(;^^)))))
0
タグ: まちあるき 文化 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ