2010/5/26

牡丹  

クリックすると元のサイズで表示します

ボタン   花言葉「高貴」「富貴」「壮麗」

ボタン科ボタン属の落葉小低木。原産地は中国で、元は薬用に栽培されていたが、則天武后も牡丹を愛でたという唐代以降 牡丹の花が「花の王」として愛好されたそうです。
とりわけ上流階級では、様々に詠まれ、描かれて、珍重されてきたそうです。

日本へは奈良時代に渡来してきたらしく、弘法大師がもち帰ったという説もあります。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
シャクヤクのように風情があり、
牡丹のように華麗で、
百合のように清楚
という女性の美しさを形容する言葉があります

根の樹皮部分は「牡丹皮(ぼたんぴ)」として、大黄牡丹皮湯、六味地黄丸、八味丸など漢方薬の原料になります。

薬効成分は、ペオノール(消炎・止血・鎮痛などに効く)だそうです。

「牡丹散りて うちかさなりぬ 二三片」
「ちりて後 おもかげにたつ ぼたん哉」   与謝蕪村(よさぶそん)

「牡丹花は 咲き定まりて 静かなり 花の占めたる 位置のたしかさ」
木下利玄(きのしたりげん)

「一輪の 牡丹かがやく 病間かな」   正岡子規


作者の悦子さんはお義姉さまからいただいたというこの繊細な牡丹を大切にお持ちになり、丁寧に時間をかけ描かれました。悦子さんの優しさの伝わる牡丹です



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ