2010/6/30

ヒメウツギ  

クリックすると元のサイズで表示します

ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木で、晩春から初夏に白い小さな花を咲かせます。

ウツギは卯の花のことです。
枝の髄が空洞になっているので「空木」というそうです。
花のサイズが少し小さいことから「姫空木」と言われています。

花をよく見るとホントにチャーミングです
清楚な雰囲気があります。

下を向いて沢山の花が咲く様子も、ちょっと控え目で可愛いです

ホントに作者の茂子さんのようです

動物・植物すべての命あるものに優しく、この花も痛まないようにダンボールに入れて大切に何回も運んで、丁寧に根気強く描いていらっしゃいました。

オカリナがお得意で、彼女が奏でる時、まるで妖精のようにさえ感じます。

この姫空木は「豊の国大分の植物誌」という荒金正憲先生著の本によると、絶滅危惧種に指定されている「コミノヒメウツギ」だと思われます

今は大分・宮崎にのみ分布し、谷沿いの石灰岩地の林縁、崖などに生育しているそうです。

このめずらしい植物に出逢えたことに感謝です

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ