2010/8/30

ノアザミとヒメジョオン  

クリックすると元のサイズで表示します

暑い夏の野の花、この二種は 雑草と言われればそうなのですが、自分の手では抜けないような愛おしさがあります。

白い小花のヒメジョオンは漢字に直すと「姫女苑」となります。「姫」は「小さい」、「女宛」は「中国産の野草」を表します。日本に入ってきた当初は、「柳葉姫菊(やなぎばひめぎく)」と呼ばれたり、鉄道の線路沿いに広がったことから「鉄道草」と呼ばれたりしました。
このヒメジョオンに近い種類に多年草のハルジオンというのがあります。漢字では「春紫苑」見た目がとても似ているうえに、名前も紛らわしいので「ヒメジオン」と間違って呼ぶ人も多いように思います。実は私も間違ってました

この二つの見分け方はヒメジョオンの方が背が高く、花は小さくて数がおおく、根本がすっきりしています。
ハルジオンは根本に葉があり、蕾はうつむくように垂れています。

そして野原で抜きんでるように茎を伸ばして、その先々に咲く紫紅色のノアザミに出逢うとひときわ目をひきます

ですが御用心葉にちょっと触っただけで、思わず手を引いてしまうほどの鋭い刺をもっています。
牧場などでアザミ類が咲いているのをよく見かけますが、どうやら牛や羊もその刺を敬遠して食べ残すのだそうです。
実はアザミ類は種類が大変多いのですが、大抵が秋咲きで春から夏にかけて咲くものはノアザミと思ってよいみたいです。

作者は浩子さんで細かい作品ですが、構図も素晴らしく、一気に描きあげられました。
ボタニカルの神様が降りてきたそうです

本当に野原にいるような、躍動感あふれる作品に仕上がりました。

花言葉はノアザミ「厳格」「独立」でハルジョオンは「素朴で清楚」「追想の愛」だそうです






0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ